FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--






無事に司法書士の試験に合格しても、あたしにはまだまだやることがある。
それは、就職活動。

周りの学生からはかなり遅れてのスタートになったが、司法書士の試験に合格しなければ受けられる企業も変わってくる。
あたしが希望するのは法務課のある企業。

いくつか事前にリストアップをして説明会にも参加してはいたけれど、どれも大企業で受かる自信なんて全くない。
そうなれば、またもフリーターの可能性。
せっかく、司法書士試験に合格して一息ついたのに、またここから死ぬ気で頑張らなきゃと、鏡の前で自分の頬をパンパンと叩き、朝から気を引きしめた。

そんなあたしの後ろでチャラララーンと呑気に携帯がなる。

「はいっ、もしもし。」

「つくしちゃ~ん。おはよー。椿で~す。」

久しぶりに聞くお姉さんの声。

「つくしちゃん、今日の夜会えないかしら?
これから日本に戻る予定なの。
つくしちゃんの都合がよければご飯でも一緒にどう?」

「はい、もちろん。
実はあたしもお姉さんに会いたかったんです。」
即答するあたしに、

「なになに~?私に何か相談?
もしかして、司が浮気したのかしら?
それなら、ボコボコにしてやらないとダメ……」

「お姉さんっ、違います違いますっ!」

慌ててお姉さんの妄想を遮ったあたしは待ち合わせの時間と場所を決めて電話を切った。






お姉さんに会うのは久しぶり。
いつも会うときはたくさんのお土産を持ってきてくれる。

「いつもいつもこんなに素敵な物をありがとうございます。」
ヨーロッパのお土産だという皮の手袋を眺めながらそう言うあたしに、

「いいのいいの。つくしちゃんにはお礼をしてもしきれないから。」
と、笑うお姉さん。

「お礼?」

「そうよ。あのバカでどうしようもない弟を愛してくれてるんですもん。」

「っ!あ、あ、愛してる……なんて、」

「え?愛してないのー?」

「いえ、愛して……ますけど……」

慣れない言葉にモゴモゴしてるあたしに、
「相変わらず可愛いわねー。」
と、大きな口を開けながらも綺麗に笑うお姉さん。

「司とうまくやってる?」

「はい。」

「そう、よかった。
やっと、司も本気を出すことにしたようね。
ったく、振り回されるこっちの身にもなってほしわ。」

2度も別れたりくっついたりしてたあたしたち。それに付き合わせたようで申し訳ない。

「振り回してました?」

「ええ、かなりね。
もっと早く素直になればいいのよ。
つくしちゃんを不幸にするかも……なんて臆病なこと言ってたけど、結局自分自身の気持ちに嘘付けなくなったんでしょ、あのバカは。」

「バカって…………」

いつもあたしだって、道明寺のことを『バカ』って呼んだりしてるけど、こうもバカバカ連呼されると…………。

「でもね、つくしちゃん。
司はいつもつくしちゃん一筋だったから、それだけは誤解しないでね。
ボン・キュッ・ボンの女がいいなんて言ってたけど、NYにいるときも女の子と遊びにいくなんて1度もなかったわよ。
それに、つくしちゃんへのプレゼントは毎年心を込めて選んでたわ。」

「え?プレゼント?」

道明寺からは、記憶にあるかぎりプレゼントを貰ったことなんてないはずだけど……。
キョトンとしてるあたしに、

「私からあげてた誕生日プレゼントはね、あれは実は司からなの。
照れ臭いからって、毎年私から渡させてたけど、選んでたのは全部司。
私からなら素直に受けとるだろうって。
でも、今年はもうそんなことしないわよっ!
二人で仲良くやってちょうだい。
あたしはいつまでもお節介なことしてあげないんだからっ。」


道明寺からは溢れるほどの愛情を貰ってる。
でも、それは今に始まったことじゃなくて、
あたしが一人相撲だと勘違いしてたころからずっと、変わらずに。
それを、一緒にいればいるほど感じるあたし。

だから、あたしはお姉さんに相談したかったのだ。



「お姉さん。」

「なに?そろそろ本題かしら?」

勘のいいお姉さんにはお見通しらしい。

「あたし、今、就職活動してるんですけど、
…………道明寺HDを受けようと思ってます。
そのために司法書士の資格も取りました。
あたし、……道明寺と一緒にいればいるほど思うんです。
将来…………、
もっとあいつの近くにいたいって。
でも、こんなあたしじゃ、やっぱり道明寺のお母さんは…………」






ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!




 2015_12_08





はじめての夜を経験してからあたしは道明寺に翻弄されっぱなし。

いつまでも恥ずかしさが残るあたしとは反対に、
『男なんて好きな女を前にしたらこんなもんだろ。』
と、会えば濃厚な夜を求めてくる。


そんな道明寺との交際は順調に時を重ねてはいるけれど、そろそろこれからの進路についても考えなくちゃいけない時期に迫ってきた。

ここ2年は、夢である弁護士への道に進むべく勉強してきたけれど、法律の事を大学で学ぶうちにその知識をいかして違う分野での仕事にも興味を持ち始めたあたし。
それは、企業法務。

大きな規模の会社には法務課と呼ばれる部所があり、契約書の審査やコンプライアンス、訴訟対応等の中心的な役割を担っている。
もちろん、弁護士や司法書士といった資格を有する者が多く採用されることから、難易度は高い。
その中でも司法書士の役割は、契約書類作成などに重要な手続きを任される仕事。

そんな仕事に就くことができたら…………、
いつしかそれがあたしの夢になり、目標になった。
大学を編入して挑んだ一年目の司法書士試験。
結果は不合格。

ダメもとで挑んだとはいえ、合格率5パーセント以下の狭き門に全く太刀打ちできなかった一年目。
それからあたしは時間のあるかぎり寝る間も惜しんで勉強に励んだ。

そして、二年目。
筆記試験をなんとか突破して、口述試験へと進んだあたしは、今自分の家のパソコンの前で正座をしている。
今日が合格発表の日なのだ。
合格者は法務省のホームページに載ることになっている。

ふぅーーーー。
深呼吸をして、マウスを握りしめる。
ここにあたしの受験番号がなければ、あたしは来年からただのフリーターになってしまう。
大学も卒業して、就職も決まっていない。

英徳高校に通わせて、大学まで行かせてくれたのにパパとママに申し訳なくて頭が上がらない。
でも、この一年、やるべき事はすべてやった。
大学の他にバイト代をためて司法書士試験の予備校にも通ったのだ。
唯一の息抜きは、…………道明寺だけ。

忙しいあいつとの月に数回のデートは、唯一の息抜きであり幸せな時間で、それがあるから勉強もここまで頑張ってこれた。


もう一度ふぅーーーーと深く深呼吸をすると、目の前の法務省のホームページを見つめる。
司法書士試験の合格発表。
どうか、どうか、あたしの番号がありますように。



ゆっくりと目を開けて、画面をじっと見つめる。

あった!
あるっ、ほんとにあった。
間違いない。
何度も受験番号とパソコンの画面を見比べてみる。

そのパソコンを見つめるあたしの目にジワッと涙がうかんだ。




ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!



 2015_12_06






だいぶ最近ではキスにも慣れてきた。
そんなあたしを分かってなのか、道明寺のキスは日に日に深くなるばかり。
でも、こんな風に突然、性急に、しかも、
服の中にまで手を入れられて求められるのは初めてで。

でも、道明寺の吐息や手の動きがあたしを痺れさせるかのようにガチガチな体を溶かしていく。
この人にだったら、何をされてもいい。
この人とだったら、怖くない。


あたしの体を易々と抱き上げて玄関からベッドへと移動する道明寺。
ベッドにあたしを下ろすと、すぐにあたしの首筋に顔を埋めてくる。

もう用をなさなくなったブラジャーの上から胸を刺激されて、恥ずかしくて咄嗟に両腕で顔を隠したあたしに、
「どうした?……嫌か?」
と、心配そうに聞く道明寺。

「……違う。………電気消して、」
それだけ言うのがやっと。

電気を消してくれた道明寺は、スーツの上着を脱ぎ捨て、ネクタイを緩めそれを首から引き抜いた。
片手で器用にワイシャツのボタンを外していく道明寺が、見とれるほどかっこよくて、ボォーと見つめていると、そんなあたしに小さくクスッと笑ったあと、今度は容赦なくあたしを攻め立てる。

全身を余すことなく触れられる恥ずかしさも、
長い指であたしの秘部へと入り込んできたときの痛みも、
道明寺と同じリズムで揺らされる少しの快感も、すべてが初めてで、全部道明寺に委ねるしかないあたしとは正反対に、
あたしを包み込むようにゆっくりと体を揺らす道明寺がすごく余裕に見えて、
『道明寺は誰かとこういう事、したことあるんだろうな。』
なんて、不覚にも泣きそうになったりして。

そんなあたしに、
「痛いか?」
と、聞く道明寺。

「……大丈夫。」

「辛いなら、ここまでにするか?」

やっと痛みをこらえて道明寺のものを受け入れたのに、途中でやめるなんて嫌。
それに、……他の人と同じようにちゃんとあたしもあんたとしたい。

そう思うあたしの耳元で道明寺が言った。
「ごめんな、……優しくするから、もう少しだけこのままでいいか?」

「……うん。」

「初めてだから加減がわかんねぇ。
無理だと思ったら言えよ。」

その言葉にあたしは閉じていた目を開いて道明寺を見た。

「……ど……した?」
道明寺も揺らしてた体を止めあたしを見つめ返す。

「……道明寺も、……初めてなの?」

「あ?」

「こういうこと……あんたも、」

「当たりめぇだろっ。」

こんな体制のまま喧嘩するなんてそれこそあたしたちらしいって言えばそうなんだけど……。

「おまえ、どんな勘違いしてんだよ。」

「だって!……道明寺すごい余裕で、あたしだけテンパってるみたいで……。
それに、……離れてた期間にもしかしてそういう人でもいたのかもって……ンッ……やっ……」

急に動きを再開する道明寺。
下腹部に甘い刺激がズクンと響く。

「おまえ、まだ分かんねぇの?」

「やっ………ん………」

「おまえのことが好きだって気持ちは一度もぶれたことなんてねぇって言ったよな俺。
おまえとしたくてどれだけ我慢したと思ってんだよ。
いい加減、分かれバカ。」

甘く響くその言葉は、あたしの脳も体もトロトロに蕩けさせていく。
さっきよりも確実に奥へ奥へ入ってくる道明寺は、たぶんこれでもまだまだ抑えてくれてるんだろうけど、
次第にあたしの方が限界。
痛みが和らいできたと同時に、感じたこともない感覚に襲われそうになり、
無意識に「ダメ……ダメ」と呟くあたし。
それでも止まない痺れるような律動はあたしの中を刺激して、咄嗟に道明寺の体に抱き付いた瞬間、
「イクッ」と道明寺の小さな声が聞こえた。





ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!




 2015_12_04






牧野と本気の付き合いをしてみて分かったことは、スゲー忍耐力が必要だっつーこと。
今までは、迂闊にこいつに手を出しちゃいけねぇと自分を叱咤してキツかったが、今はそれ以上。

手を出してもいい関係に変わったとはいえ、ガツガツし過ぎて逃げられたくねーし、でも二人でいれば触れずにはいられねーし。


「晴れてラブラブバカップルになったはずなのに、浮かねぇ顔してどうした司?」

「うるせー、バカップルが余計なんだよ。」

「恋愛相談なら俺らに任せろ。」

相変わらず茶化した口調なのは変わりねぇけど、俺と牧野のことを心配してるんだろうお祭りコンビ。

「相談なんてねーよ。」

「なら、うまくいってんだな?ほんとだな?
勤労処女からようやく脱出したか牧野も。」
そう言って笑うこいつらに、

「…………してねー。」
思わずそう呟く俺。

そんな俺に、顔を見合わせてため息を付きながら
「どうしたら、おまえらみたくモタモタ出来んだよ。」
と、呆れ顔の総二郎が言う。

「俺だって!……聞きてぇよ。
うまい具合にタイミングが掴めねぇし、二人でどこかにいきたくてもそんな時間がねぇ。
ガツガツし過ぎて、それだけが目的みてぇに思われるのもしゃくだし、だからって理性は言うこと聞かねーし。」

「……苦労するなおまえも。」
「牧野に男の機微を察しろなんて、高度過ぎるしな。」

可哀想な目で俺を見るな。
おまえらにとっては朝飯前の行為でも、俺にとっては甘美すぎるご褒美なんだよ。
最近は、二人でいると堪らずキスを仕掛ける俺。
それに、一生懸命応えてくれてるあいつがすげー可愛くて、更に欲求は加速する。
でも、先に進もうとするとガチガチに固くなる牧野。
だから、あいつがいいと思うまで待つつもりだ。



そう自分に言い聞かせたつもりなのに…………、










久々に夜の会食で日本酒を呑んだ。
体に不調がない限り、どんな酒にもほとんど酔わねぇ俺も、日本酒だけには弱い。

いつもより少し火照る体で個室を出ると、携帯で牧野に電話する。

「もしもし、俺だ。」

「どうしたの?」

「今、仕事が終わった。
これからそっちに行ってもいいか?」

「道明寺、飲んだの?」

「ああ、少し。」

たぶん、こいつ以外なら気付かねぇと思うほどの変化でも牧野は声だけですぐに分かるらしい。

今までもすげー呑んだ日や、日本酒で悪酔いしそうな日は牧野のマンションに駆け込んでいた。
邸に帰るより、近いから……
っていうのは、表面上の理由で、
…………飲めばあいつに会いたくなる。
電話だけじゃ足りなくて、マンションに押し掛けたことも多々。

「30分でそっちに行く。」

「ん、わかった。」


正面から牧野と付き合うようになって、
理由を付けなくても、
『おまえに会いたくなった。』
と、素直に会いに行ける関係が堪らなく嬉しい。



ピンポーンとマンションのベルを鳴らすと、パタパタと足音が聞こえ確認もせずに開くドア。
風呂に入ったからか、いつもはしない髪をアップにさせてうなじが色っぽい。

『こいつがいいと思うまで待つ』
なんてかっこいいこと言っておきながら、実際牧野を目の前にすると理性なんてすぐにガタガタと崩れ落ち、エサに食い付く猛獣なみ。

先にリビングへと歩いていく牧野の腕を掴み引き寄せると、玄関の壁に追い詰め限界とばかりにキスをする。

「ど……みょーじっ。……ンッ……」

「牧野、……口開けて。」

「ンッ……クチュ……」

狭い玄関の静かな空間に、
クチュ……ピチャ……クチュ…………と、堪らない音が鳴り響く。
いつまでも続く俺の執拗なキスに、牧野がズルズルと腰が砕けその場に座り込むが、そんな牧野に合わせるように俺も座り込み、それでも唇は繋がったまま。

「……酔っぱら……い……クチュ……」

「おまえに触ったら……クチュ……酔いも吹っ飛んだ。」
キスの合間に抗議してくる牧野の服の裾から手を差し入れて直に背中をまさぐると、細い体からは想像もできないほど柔らかくてあったかい。
細いブラの紐を肩からすべり落とし、手を前に移動させると、ブラからこぼれ落ちた柔らかい膨らみが俺の手の中におさまる。

完全に力の抜けた牧野の体は、俺の強引さに負けたのか、観念したのか、いつものようにガチガチに固くない。

「いつもみたく暴れないのかよ。」

「……暴れてもいいの?」

逃げ出すなら今のうちだぞ。
そう最後の隙を与えてやろうと思ったが、

結局俺の口から出たのは、
「牧野、……ダメか?」
と、逃げを許さない言葉。
ほんの数ミリ唇を離してそう聞くと、
少しの間のあと、答えの代わりに俺のスーツの襟をギュット握るこいつ。


それを確認した俺は、その牧野の手を俺の首に絡ませると、体を抱き抱えベッドへと移動した。




ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!


 2015_12_03






何だかんだと押し問答の末、あたしの部屋に上がり込んだ道明寺は、
「わりぃ、水一杯もらう。」
と、すぐに冷蔵庫へと直行する。

「もしかして、本気で具合悪い?」

「だから、さっきから具合わりぃって言ってるだろ。」

「酔ったの?」

「ああ、疲れが溜まってたから酔いが回った。
吐くほどでもねーから気にすんな。」

あたしが入れてあげた水を一気に2杯も飲んで大きく息を吐いたあと、リビングへと移動した道明寺は、部屋の中をキョロキョロと眺めている。

「類も来てねぇんだって?ここに。」

「……まぁ、ね。」

「俺が初めてか?」

そう言ってソファに座りながらなぜか嬉しそうな道明寺に、あたしは少し迷いながらもここ最近思っていたことをぶつける。

「ねぇ、……あたし、あんたが何を考えてんのか全然分からないんだけど。
だって、今まではバイト先に迎えに来ることなんてなかったし、送ってくれても部屋に上がるなんてしなかったでしょ。」

「付き合ってるんだからいいだろ、それぐらい。」

「付き合ってたのは以前で、今は付き合ってないの。
どう考えても逆でしょ。
…………あんたが前みたくクールに接してくれないと、……あたしの方まで混乱する。」


以前は送ってくれてもマンションの前で『じゃあな。』と別れて、部屋に入りたいなんて言ったこともなかったクールな道明寺。
そんなこいつに慣れていたあたしは、最近の道明寺の態度に混乱する。


「クールに見せてただけだ。」

「え?」

「ババァに言われたんだよ。
俺がおまえに本気になればなるほどおまえを苦しめるって。」

「……どういう意味?」

「まぁ、簡単に言えば、
おまえを将来ババァみたく道明寺の家に縛り付けて、身動き出来ねぇようにしてもいいのかって。」

「よく分かんないけど……、あたしが道明寺の家に縛られる?」

「ああ、結婚したらおまえも、」

「ちょっ、ちょっ、ちょっと待って!!
結婚っ?!結婚ってどこからそんな、」

慌てるあたしに、道明寺はため息を付きながら呟く。

「やっぱそうだろ?」

「はぁ?」

「おまえの反応はそうだと分かってたけどよ、俺はおまえとのこと、そこまで考えてんだよ。
どうしたって俺はおまえしか女として見れねぇし、付き合うならいずれ結婚してぇと思ってる。」

「…………。」

「全然クールになんて出来ねぇから苦労したんだぞっ。
おまえさ、帰り際『部屋に寄ってく?』って聞くから少しは期待して上がってみれば、弟が遊びに来てるからなんて言い出すしよ、
邸に来てもタマになついて二人きりになるチャンスもねぇーしよ。
警戒心ゼロの女に欲望丸出しの男が襲いかかるわけにいかねーから、俺の苦肉の策はなるべくおまえと二人きりにならねぇことにしたんだよ。」

「なによそれ。
あんた……もしかして、約束すっぽかしたのも、」

「すっぽかしたのはあの合コンの時だけだよな?
あとは、すっぽかしたんじゃなくて、約束を変えただけだろ。」

確かに正確に言えばすっぽかされたんじゃなくて、二人での約束だったところを、大勢に変更になっただけ……だったかもしれない。
二人で行くはずだったテーマパークのナイトショーも、約束の時間に迎えに着たのは美作さんで結局はF4と優紀も合流してデートなんて雰囲気は吹っ飛んだ。
泊まりがけで連れていってくれる予定だったスキーも、結局はみんなでドンチャン騒ぎ。

完全にすっぽかされたのは、あの合コンの時と、邸に迎えにいって道明寺のお母さんに鉢合わせしたあのときぐらい。それを思い出して、

「この間は完全に忘れてたでしょ!
あたしが邸に迎えにいったら寝てたし、あたしのこと見て、『やべぇ、忘れてた』って、」

「あれはっ、おまえとの約束を忘れてたんじゃなくて、寝る前にアラームセットしとくの忘れてたんだよ。
前の晩に取引先のジジィたちに付き合わされてすげー飲まされたから、セットして寝るの忘れて。」

そこまで言った道明寺は、ソファから立ち上がり床に座ってるあたしの横に座り直し、

「牧野、」
と、呟く。

「何を言っても言い訳にしかなんねぇからやめだ。
けどな、俺はおまえが好きだ。
この気持ちは1度もブレたことなんてねぇよ。
おまえときちんとやり直したい。
でも、前みたいな付き合いはごめんだ。
もう、クールになんて出来そうもねーし、おまえに温度差がどうのこうの、もう言わせねぇ。」



あまりに予想もしなかったことを次々と言われ、あたしの気持ちはさっき以上に混乱してる。
一度目も二度目もあたしの一人相撲だと思い込んでた道明寺との付き合いは、今振り替えれば、さっき道明寺が言っていたようにあたしの方から逃げていたこともかなりあったかもしれない。

道明寺邸のソファに押し倒された時も驚いて咄嗟に逃げ出したり、鍋が食べたいと道明寺がマンションに来たときも、大勢の方が美味しいと理由をつけてF3も呼んだり。

たぶん、あたしは道明寺の強くて、熱っぽい視線に堪えれなかったんだと思う。
なんとなくそういう雰囲気になって、もしかしてその先を……と考えただけでも臆病で……。


「類から聞いた。
他の男と迷ってるのか?」

『やり直したい』と、俺様口調で言っておきながら、バカみたいに不安そうにそう聞いてくる道明寺に、あたしは首を振って答える。

「牧野、もう一度俺を信じろ。」

「……また同じことしたら?」

「そのときはおまえの得意技でボコボコにしてもいいぞ。おとなしくヤられてやる。
その代わり……、おまえも俺から逃げるな。」

「逃げる?どういう意味……」


その先は言わせて貰えなかった。
グイッと引き寄せられたかと思ったら、あっという間に唇に温かい感触が。

チュッと軽く触れるだけのファーストキスとは比べ物にならないほどの熱さ。

「……んー、……んーんー、」

「プッ……キスされてるときまで文句かよおまえは。」

「ちょっ!だって、あんた突然すぎるっ。」

「クールにするのはやめたって言ったろ?
それに、逃げるのも禁止。」

「ちょっと、そんなの、……んっ、……クチュ」

「付き合ってんだからいいだろ。」




三度目の正直。
あたしたちはやっぱり、離れられそうにない。





ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!




 2015_12_02




06  « 2019_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

フリーエリア

お金がたまるポイントサイトモッピー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。