FC2ブログ

エンドライン 26

Category: エンドライン  



2年後


「お義母さん、靴下は多めに持ちました?」

「あー、そうね。また、雨にやられたら大変よね。」

道明寺邸のあたしの部屋で、大きなスーツケースを前に荷造りをしているあたしとお義母さん。

そこに、
「そろそろ寝ようぜ、つくし。」
と、ラフな服装で現れた司。

「ん、あと少しで終わるから。」

「そんなにでかい荷物で行くのかよ。」

「だって、色々入れたらこれくらいになっちゃったんだもん、しょーがないでしょ。」

「荷物持ちにスタッフ増やすか?」

「はぁ?やめてよ冗談。
だいたいね、司も一緒に行くって言い出すから、余計な荷物が増えたんでしょ!」

「あ?しょーがねーだろ。
一週間も…離れてられるかよ。」

あたしの隣に来て、せっかく綺麗に入れた荷物を乱暴にチェックしながら、照れたように言う司に、あたしも少しだけ顔が赤くなる。




あたしたちは2年前、お互いの両親へ挨拶を済ませたあと同棲生活を始めた。
本当はすぐにでも籍を入れたかったけれど、新しい職場に変えたばかりのあたしと、大きな仕事を控えていた司にとって、『結婚』に向けた準備に時間を割く余裕がなく、とりあえずマンションを借りて同棲を始めたのだ。

すれ違いばかりのあたしたち。
うまく行くだろうか……というあたしの不安に反して、司は本当に献身的だった。

夜勤続きで彼女らしい事がほとんどできないあたし。
食事だって、時間のあるときにまとめて作り、司に一人で食べさせることも常だったのに、この人はいつも優しくあたしを迎えてくれて支えてくれた。

だから、あたしは迷うことなく決断できたのだと思う。
『仕事を少し休んで、妻として母として生きたい。』

仕事一筋で突き進んできた10年。
これからは司の支えになる10年にしたい。


そして、あたしたちは結婚した。
ようやく新居である道明寺邸にも慣れ、お義母さんともうまくやっている。

赤ちゃんはまだ授かっていないけれど、その前に、司の提案で新婚旅行に行こうと言う話になった。

そんなとき、お義母さんからある話を聞いた。
『アフリカの地に、2つ目の小学校が完成したの。来月に見に行ってくるわ。』

それを聞いて、あたしは即答していた。

「あたしも、行きます!」

「え?」

「あたしも、行きたいです。駄目ですか?」

「駄目だなんて、つくしさんに来て貰えたらこれ程心強い事はないわよ。」

お義母さんは喜んでくれたのに、
猛反対をする人が約1人。


「駄目に決まってるだろ。」

「えー、なんで?」

「なんでって、俺はどーすんだよ。」

「どうするって……なにが?」

「おまえ……、これからは俺を支えます!って言ってたのはどこのどいつだよ?
それに、俺達の新婚旅行は決めたのか?おまえの行きたい所に行こうぜ。」


行きたい所……。
そう言われて、思い出すのは、
やはりあのアフリカの地。

病院のスタッフ、子どもたち、いつも話し相手だったママたち。
いつか行けることなら、会いに行きたいとずっと思っていた。

「あたし、……やっぱり行きたい。」

「どこに行く?おまえの行きたいとこならどこでもいいぞ。」

「…アフリカ。」

「あ?」

「だから、…やっぱりあの地にもう一度行きたいの。」





なんだかんだ言って、この隣に座る男は、優しいのだ。
結局、あたしのわがままを聞いて、アフリカ行きを許した司。
しかも、自分も行くと言い出した。

「えっ、司も?」

驚くあたしに、

「またババァが病気にでもなったら困るだろ。」

なんて、言ってたけど、
天候や道路事情を知るうちに、あたしを心配して付いてきてくれるのだと言う事はよく分かっている。



「最後の3日はエジプトで別行動するからな。」

「分かってますとも。どうぞ、二人で新婚旅行、楽しんで。」

お義母さんに呆れ顔をされながらも、
「荷造りは、また明日にしようぜ。」
そう言って、司はあたしの手を握り強引に立たせた。


大きな手。
その手に包まれながら思う。

この人に出会えて、最高に幸せ……。





最後までお付き合いありがとうございます!
久々の連載で緊張しましたよ〜。
毎日、たくさんのポチッ、ありがとうございました
関連記事
スポンサーサイト




 2019_09_17


Comments

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2019-09-17 21:29  

エンドライン 

え❓26話で終わりですか❓
新しい切り口で始まったお話が面白くて一気に読んでしまいました。
でも最後までお付き合いありがとうございましたって書いてあるのでビックリしました。
楓さんの変わりようというか精神的な変化で自分から司とつくしの付き合いを後押しするなんて。
もう少し読みたかったです。
みっちゃん  URL   2019-09-26 10:25  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2019-10-02 12:28  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2019-10-13 10:53  

 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

フリーエリア

お金がたまるポイントサイトモッピー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.