FC2ブログ

エンドライン 6

Category: エンドライン  



牧野と二人で話したあの日から3日、週刊誌にデカデカと記事が載った。

『道明寺司氏、デートは庶民的なカフェ』

そこに写るのは、紛れもなく俺達。

牧野の顔はモザイクがかかっているが、俺達が見つめ合ってる写真や、牧野を残して先に店を出る俺の写真まで計6枚。
プライベート写真をここまで綺麗にすっぱ抜かれるのは初めてかもしれねぇ。


その週刊誌が出てからすぐに、予想通り俺の携帯が鳴った。

「司、仕事中か?」

「あたりめーだろ。」

「クックック、機嫌わりぃな。
こんな日は早めに仕事切り上げていつものとこで呑もうぜ。」

「行かねー。」

「来いよ。みんな心配してんだぞ。」

「うるせっ、心配どころか面白がってんだろどーせ。」

「分かってるなら、文句言わねぇで来いよっ。
じゃあ、後でな。」


勝手に言いたいことだけ言いやがって電話を切ったあきら。
ったく、相変わらずだな。

写真のことを根掘り葉掘り聞かれることは覚悟して行くしかねえ。








いつもの店に入ると、奥の個室に奴らはすでに勢揃い。

「おせーぞ司。」

「これでも早く来てんだよっ。
おまえらこそ仕事してこい。」

俺らのこんなやり取りも相変わらずだ。

スーツの上着を脱ぎ、酒にひとくち口をつけた瞬間、

「で?庶民的なカフェでデートしてたっつーのはほんとか?」
と、直球で聞きやがる総二郎。

「デートなんかじゃねーよ。」

「でも、写真からしたらずいぶん真剣に話してるように見えるぞ。」

「…まぁな。ちょっと色々あってよ、」

そう言った俺に、

「牧野だろ?」

と類が言い、3人が俺をじっと見つめる。
いくらモザイクがかかろうが、こいつらには誤魔化せない。

「……ああ。
10年ぶりに会った。」

ババァと牧野のアフリカでの偶然の再会。
そして、ババァに呼び出されて、レストランである提案をされたこと。
それを話し終えた俺に、

「マジかよ……司のおふくろさんも相変わらずぶっ飛んでんな。」
と、総二郎が乾いた笑いを漏らす。

「で?
おまえらが話し合った結果、どーすることにした?」

「どーするもこーするもねぇ。
俺は……あいつを許してねーし。」


別れの原因をこいつらには深く話していない。
でも、一途に想っていた俺を牧野が捨てたという事実はこいつらも見てきたから痛いほど知っている。

どれだけ俺が堕ちたか。
どれだけ俺が荒れたか。


そんな俺に、あきらが深いため息を漏らしたあと、
「司、よく聞けよ。」
そう言って真剣に話し始めた。


「俺らもこの事はおまえと牧野が別れて1年くらいしてから知ったんだけどよ、
当時、司のおふくろさんから牧野はかなり圧力をかけられていたらしいぞ。」

「圧力?」

「ああ。
おまえからすれば圧力って言っても、司のカードを停止されたり、牧野のバイト先に嫌がらせをしたり、そんな程度だったかもしれねぇけど、
実際はそんなもんじゃなかった。
あいつの幼馴染の優紀ちゃんっていただろ?
優紀ちゃんの親父さんの会社にまで圧力をかけて首寸前まで行ってたところを、牧野がなんとか頭を下げて回避したらしい。
マジで牧野はとことんやられてたって訳。
俺でも逃げ出したくなるレベルだ。」


初耳だった。
ババァからの圧力はあったが、それは俺がすべて解決してきたと思っていたはずなのに、
俺が知らないところで幾重にもあいつを追い詰めていた現実を。


「なんでだよっ………なんであいつは……、
そんな大事なこと俺に言わねーんだよ。」


苦し紛れにそう呟くことしか出来ねぇ俺に、
類が言った。


「牧野は司が大事だから言えなかったんだよ。
自分のせいで、おまえをこれ以上困らせたくなかった。
バカだけど、それが牧野だからさ。」





応援よろしくお願いします♡
関連記事
スポンサーサイト




 2019_08_06


Comments

更新ありがとうございます😊 

司が徐々に真実に。
司の場合は、好きだからこそ許せない気持ちなのでしょうが、つくしはどうなのだろう。
つくしの気持ちが出てきてないのでよくは分かりませんが、あんな別れだと後を引きますよね。
今度こそ素直に司の所に飛び込んで欲しいけど、どうなるのか?

ドキドキですね。
Fumee  URL   2019-08-06 08:52  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2019-08-06 18:33  

 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

フリーエリア

お金がたまるポイントサイトモッピー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.