日々、想定外。27

Category: 日々、想定外  


副社長が日本に戻りもうすぐ一年。
今まで一人でこなしてきた秘書という仕事に、牧野さんが加わりようやく仕事にも慣れてきた。

そんなある日、
「西田さん。
あの、……少しお時間頂けませんか?」
と、牧野さんが言った。

もしかしたら、このとき私はすでにこうなる事を覚悟したのかもしれない。
だから、出来るだけ暗くならないよう話し合いの場も大衆居酒屋を選んだ。


店のカウンターに座る私達。
ビールとはじめの一皿が運ばれたのをきっかけに牧野さんが言った。

「実は、……人事部に異動願いを出しました。」

「っ!」

「すみません。事後報告になってしまい…。」

「……そうですか。」

牧野さんに聞こえないよう大きく息を吐く私の隣で俯いたままの牧野さん。
しばらくそうしていたが、そんな私達のところに店員さんが料理を運びに来て少しだけ空気が変わった。

「牧野さん。」

「はい。」

「理由を聞かせてもらってもいいですか?」

「……。」

「無理ならいいですよ。」

「いえっ、
事務的なこともそうですし、英会話も秘書としての振る舞いも勉強不足で…このままでは迷惑になると思い。」

「でも、それは働きながらマスターしていけばいいことですし、」

そこまで言ったわたしの言葉を遮るように、牧野さんが言う。

「もともと誰かのお世話をするなんて苦手だし、出来れば自分のことに集中したいっタイプなんですあたし!
それにっ、負けず嫌いですぐにカッとなる性格だから、副社長とは合わないっていうか、火に油を注ぐ犬猿の仲で。
そんなあたしがこのまま秘書を続けるのは無謀っだし、西田さんにも迷惑がかかると思って!」

「牧野さん。」

「はいっ!」

「…フフ…落ち着いてください。」

必死に話す彼女に私はそう言ってビールのグラスを持った。

「呑みましょう。」

「……はい。」

「今日は美味しいお酒にしましょう。」

「はい。」

誰よりも仕事に熱心な牧野さんを私は知っている。
だから、途中で投げ出すことを彼女自身どれだけ辛い選択なのかも表情を見れば伝わってくる。




一時間ほどして店から出た私達。
大きな通りまで歩き、
「あたし、ここからこっちなので。」
そう言って地下を指す牧野さん。

「そうですか。
気を付けて。」

「西田さん、今日はありがとうございました。」

丁寧すぎるほどのお辞儀をしたあと、階段を下りていく彼女。
そんな牧野さんを見ていると、なぜだか寂しさがこみ上げてくる。


そして、咄嗟に私は叫んでいた。

「牧野さんっ!」

「…はいっ」

階段を下り切っていた彼女は私の声に驚き振り向いた。
そして、私は牧野さんに近付くと、自分でも予想しないことを言っていた。


「あなたは、秘書にむいていなくなんてありません!
私があなたを選んだのに間違いはありません。
ただ、……一つ想定外なことが、」

「……想定外…ですか?」

「はい。
あなたではなく、副社長に。」

「……。」

「だから、自分を責めないで下さい。
あなたは、そのままで大丈夫ですから。」


牧野さんの目が潤んでいく。
多くを語らなくても、私達には分かり合えた。
そんな気がする瞬間だった。


泣かないでください牧野さん。
悲しいのはあなただけではありません。

同士と呼ぶには若すぎるあなただが、心から信頼し仕事を任せてきた仲間。
そんなあなたを失うことは私にとっても辛いのです。


あなたが異動すると知ったら副社長はどうなるでしょう。

暴れ狂うか?
そうなったら、

秘書としてではなく一人の女性として責任取って頂けますか?



ランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いします!
関連記事
スポンサーサイト

 2018_03_19


Comments

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2018-03-19 23:02  

日々 想定外 

久しぶりの更新後、毎日更新されれるのが楽しみです。
No26からNo27の展開に思わずNo26を読みなをしてしまいました。
最後はハッピーエンド?になるとは思いますが、ハラハラどきどきしています。
続きまっています。
みっちゃん  URL   2018-03-20 04:18  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2018-03-20 23:30  

 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2018_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.