FC2ブログ

日々、想定外。5

Category: 日々、想定外  



牧野つくし。

こいつが俺の秘書になって半年、常に行動を共にするようになってから俺には解せないことがある。


「つくし、昨日も坊っちゃんに付き添って遅くまで会社にいたのかい?」

「はい。」

「顔に寝不足って書いてあるよ。」

道明寺邸の使用人頭であるタマと親しげに話す牧野は、タマだけでなく運転手や庭師ともいつの間にか仲良くなりやがって、邸ではちょっとした人気者だ。
毎朝、俺を迎えに邸までくるこいつを待ち構えるかのように誰かしらが話しかけている。

そして、それは会社でも変わらない。
もうふた回りも歳の離れた重役連中からも可愛がられ、俺の前では表情ひとつ変えねぇ西田とも和やかにうまくやっている。

それはそれで秘書としては上出来なんだろーけど、
…………気に食わねぇ。

なにが?って聞かれると、うまく言えねぇけど、
ほらな?これなんだよ。

「副社長、来週のパーティーですが予定通り出席でよろしいでしょうか?」

「…………。」

「……副社長?」

返事をしねー俺の方を、まっすぐ見つめる牧野の顔には笑みのひとつもねえ。

「副社長?」

「おまえさ、あの部長の川上みてぇな奴が好みなのか?」

「はい?」

「あんな禿げたじじい、どこがいいんだよ。」

デスクに座る俺と、その正面に立つこいつ。
たっぷり間が空いたあと険しい顔で牧野が言う。

「朝からなんの冗談ですか?」

ほらな?またこれだ。
冗談だと思うなら少しくらい笑ってみろよ。
俺を見つめる目も表情もガチガチに冷てぇ。

俺の前で愛想を振りまかねぇ女はこいつくらいだ。
いや、ババァもそうだし、タマもそうか。

そんなことを考えてると、

「副社長、気分でも悪いんですか?
ニヤニヤしてきもちわるいですけど。」

と、相変わらず可愛くねぇこいつ。

朝から秘書相手に遊んでてもしょうがないと、気を取り直してデスクの上にある書類に目を通したとき、

「あのー、」
と、歯切れ悪く牧野が言った。

「あ?」
顔をあげた俺に、

「朝から気になってたんですけど、副社長の髪に何か付いてますけど。」
と、俺の頭を指してこいつが言う。

「髪に?」

「はい。たぶん糸くずかと……」

牧野の指摘に俺は髪をさっとかき分けると、

「あっ、」
と、牧野が短く叫ぶ。

「なんだよっ。」

「いえ、あっ、……今ので余計に髪の中に入り込んじゃいました。」

その言葉にもう一度髪をかきあげるが、目の前の牧野の顔は渋いまま。

「おまえ朝から気付いてたなら早く言えよ。」

「そのうち取れるかなーと思ってたので。」

「取れてねーじゃん。」

「思いの外、副社長のカールが激しいようで。」

「おまえ、ぶっ飛ばすぞ。」

こんなやり取りも最近は日常茶飯事だ。

「取れたか?」

「……いえ。あー、もう少し右です。」

見えない敵相手に、セットしてきたヘアースタイルも台無しだ。

仕方なく、壁にかけてある大きな鏡の前に移ろうと立ち上がりかけたそのとき、

「失礼します。」
と小さく言ったあと、牧野が座る俺のそばまで近付き、触れるか触れないかのタッチで俺の髪に手を伸ばした。

「あ、やっぱり糸くずですね。」

「…………。」

「取れましたよ。でも、髪、セットし直した方がいいですね。」

「…………。」

「副社長?」

無言の俺の顔を見ながら不思議そうに俺を呼ぶ牧野。
そんなこいつの呼び掛けを聞きながら、俺は別のことを考えていた。

こいつが秘書になって半年、毎朝、狭い車内で隣に座り、密室のエレベーターでオフィスまであがり、夜遅くまで行動を共にする。
気を遣うどころか、俺の悪態にも怯まずその上をいくこいつとは長い時間一緒にいても疲れることはない。

そんなこいつの存在が邪魔じゃねーのは、俺が牧野を女として見てねーからだと思ってたが、

もしかしたら、それは違うのかもしれねぇ。

俺の髪に触れたかすかな感触。
それは、牧野がムキになって俺を見上げてくる時や、うまそうに差し入れのケーキを食ってるとき、自然と俺まで笑っちまうなぜか俺を満たす甘い感情。

そして、今俺は一瞬で理解した。



俺は自分のテリトリーに牧野を入れることを無意識に許していて、……それが嫌じゃないということを。



ランキングに参加しています。
良ければぽちっとお願いします。

5話、更新遅くなりました~。
お待たせしました。



関連記事
スポンサーサイト

 2017_05_15


Comments

 

待ってましたー
やにかとお忙しいと思いますが
とても楽しみにしています。
nao  URL   2017-05-15 19:49  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017-05-15 22:34  

 

楽しみにしてました^^*
サリー  URL   2017-05-16 01:02  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017-05-16 10:22  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017-05-16 20:02  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017-05-17 12:43  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017-05-17 23:29  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017-06-07 08:42  

 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2018_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.