FC2ブログ

彼と彼女の一年間 38





「パパ、ママ?…………進たちまでどうして?」

エントランスから入ってきたご一行を見て固まるあたしに、

「おまえ、何やってんだよっ。」
と、一番後ろから入ってきた道明寺がみんなを追い抜かしあたしの側まで来ると、手から掃除機を奪い取った。

「どういうこと?どうしてみんながここに?」

この状況が飲み込めないあたしに、
「道明寺さんがね、つくしがどんな生活をしているか見にいらしてくださいっておっしゃってくれて、連れてきてくれたのよ。」
と、ママが嬉しそうに言う。

それを聞いてあたしは隣に立つ道明寺を見上げると、

「おとなしく邸で待ってろって言ったら、よりによってこんな事してるなんてよ…………。
お父さん、お母さん、いつもは掃除なんてさせてませんから、今日はたまたま暇だったからだろ?
普段は使用人が全部やるので、こいつが大変な思いをしてることはありませんから。」
と、必死に弁解してるところが可愛い。

「パパ、ママ、道明寺が言うことは本当。
今日はママにも進にも断られて暇だったから、タマさんにも手伝ってもらって気分転換に大掃除したの。」

そう言って壁際に立つタマさんを紹介するとママたちはペコペコと挨拶をする。




思いがけない道明寺邸見学ツアーは、楓社長の発案らしい。

元々、きちんと挨拶に行っていなかった道明寺が、あたしと一緒に実家に挨拶に行こうと思ってたところ、NYから帰国した楓社長が、
「それなら邸にお招きして新居を見てもらったらどうかしら?」
と、言ってくれたそう。

あたしへのサプライズをかねてママとパパだけでなく進の家族まで連れてきてくれたのに、当のあたしは汗だくで掃除機を抱えていたなんて、笑えない。
道明寺が不機嫌になるのも仕方ない。


楓社長も加わり、いつもより大きなダイニングでの食事会。
「着替えてこい。」
と、道明寺に言われたあたしは掃除中の時のジーンズとTシャツから、道明寺からプレゼントされたワンピースへ着替え道明寺の隣へ座った。

誰にも聞かれないよう、
「ごめんね。」
そう道明寺に呟くと、

「似合ってるから許す。」
と、真顔で言うところがズルい。

この人の言葉や仕草、どれも狙ってやってるわけじゃないはずなのに、あたしの胸をイチイチ刺激する。
それは、部屋を共にするようになって更に加速した。

今までどんな恋愛にも中途半端だったあたしが、今では絶対口には出さないけど、この人に夢中だとはっきり断言できる。

そんな風に思うのはあたしだけだろうか………。

そんなことを思った矢先、道明寺が言った。

「牧野家の皆さん、正式なご挨拶が遅くなり申し訳ありません。
僕たちは、………出会いはどうであれ、今はお互いきちんと想い合っています。
3か月後には婚約期間の1年が過ぎます。
それを機に、つくしさんと正式に籍を入れたいと思っていますが、許して頂けますでしょうか。」

突然の結婚挨拶にパパもママも慌ててフォークをテーブルに置き姿勢を正す。
そして、チラッとあたしの顔を見たあと、パパが何かを言おうとしたとき、

「ダメだと言われても、もうお返しできないわ。」
と、呟く楓社長の言葉にその場が一斉に笑いに包まれた。



食事のあと、邸でゆっくりと時間を過ごし、牧野家一行が帰るのをあたしと道明寺はエントランスで見送った。

「道明寺さんも、今度は我が家に遊びにいらしてください。
狭いですけど、食事も用意して待ってますから。
泊まって行ってもいいですよ。」

すっかり道明寺のことを気に入ったパパとママが嬉しそうにそう話す。

「やめてよ、ママ。
道明寺があんなところで寝れるわけないでしょ。」

「そうよね~、道明寺さんに合う布団がないかもしれないわ。大きいサイズの買っておく?」

「布団を買っても敷くスペースがないじゃない。」

「確かに、そうね。
茶の間ならどう?」

そんなあたしとママのやり取りを横で聞いてた道明寺が、

一言、
「どこでも大丈夫です。」
と言った。

「え?」

「今度、必ずご実家にお邪魔します。
寝る場所はどこでも大丈夫ですし、布団が小さくても構いません。
………彼女と一緒なら、俺はどこでも行きます。」


その道明寺の言葉に、あたしは小さく
「…………バカ。」
なんて呟いたけど、


ほんとは死ぬほど嬉しかった。



ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト

 2016_09_12


Comments

 

良いなぁ~
うっとり~
JUJUもこんなセリフ、大好きな人に言ってもらいたいな~
更新ありがとうございます
今日一日、幸~せ~な気持ちで、過ごせそうです
JUJU  URL   2016-09-12 09:51  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016-09-12 11:06  

 

更新ありがとうございます(´◡`)
いつもより週末がとても長く感じるくらい待ち遠しかったです!
そろそろ楓社長出てきたりするかな?とか妄想してたからドンピシャでびっくり!
坊ちゃんってばメロメロですねー( ›◡ु‹ )
それはお互い様かー❤︎
つくしの実家にお泊まり?坊ちゃんが?
庶民の布団が似合わなすぎて笑えちゃいますよねー(笑)
次の更新楽しみに待っています⑅❛ั◡❛ั⑅
 URL   2016-09-12 17:21  

 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2018_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.