彼と彼女の一年間 34





「それ、あり得ないでしょ……。」


久しぶりに来る優紀のマンション。
いつもなら会社帰りに落ち合うことが多いあたしたちだけど、今日はたまたま休みが重なってマンションでまったり女子トーク。

優紀と彼氏がこの夏二人で旅行に行ったときの話を聞きながら、デパ地下で買ってきたケーキを食べていたあたしに、今度はあんたの番とばかりに、あたしと道明寺の「その後」を優紀が聞いてきた。

優紀にはリゾートホテルでのあの一夜のことは話してあった。
成り行きでそうなったけど、道明寺のことを好きになり始めていたあたしは一夜限りでも後悔していないこと。
初めてがあいつで良かったこと。
親友の優紀には隠さずに話せた。

そして今日。
優紀にしつこく「その後」を聞かれ、2回目を迎えたことも話した後の優紀の言葉が冒頭のあれ。

「あり得ないでしょ……。」

「やっぱり?」

「つくし、あんたその状況で、もしかして2回目がこのあとあるかも、なんて思わなかったの?」

優紀にそう言われて頭を抱えるあたし。
確かに車のなかでキスはしたけど、部屋に戻って一緒にお酒を飲んでそのあと2回目があるなんて想像してなかったあたし。

「まぁ、そうだけど…………、」

「中学の指定Tシャツを着てる女に、よく道明寺さんも発情したわ。」

「は、発情って!」

今日の朝、目覚めたあともなかなかベッドから離してくれなかった道明寺。
優紀との約束の時間が迫り、道明寺も仕事が残っているから会社に行くと言っていたので、ようやくベッドから出たあたしは、昨夜脱ぎ捨てた自分の服を回収して唖然とした。

見た目は黒のTシャツとはいえ、胸元には小さく『牧野』の文字。
しかも、昨日自分で中学の指定シャツだと得意気に話した記憶すら残っている。
一瞬にして恥ずかしさと自分のバカさ加減に頭を抱え逃げるように自分の部屋へ戻った。


「道明寺、がっかりしたかな……。」

「……忘れた方がいいよ。」

優紀でさえフォローのしようがないらしい。

「でも、つくし。
これからは一緒に暮らしてるんだし、気を抜いちゃダメ!
道明寺さんクラスの男なら、綺麗な女性をたくさん見てきてるんだから、つくしも常に自分を磨いておかないと!」

優紀のその言葉に、
『もう手遅れでは?』と思ってしまうあたし。

だって、今までもあいつの前では素っぴんでウロウロしてたし、『おまえは色気が全くねーな。』とも言われた記憶が…………。
そんなあたしが今さら何をしたって……と思ってしまうが、

それでも、道明寺のあの甘い顔や声を思い出すと、少しは可愛く思われたいと思うのは女心だろうか。


「優紀、あたし今日は早めに帰るね。」

「夕飯食べていかない?」

「うん、……ちょっと買い物してから帰ろうかな。」

「フッフッ………
かわいいパジャマ、買いなさいよっ。」


やっぱり、親友の優紀には全部お見通しらしい。





優紀のマンションを出て、もうこれでデパート巡りも三件目。
とっくに日も落ち空腹と足の疲れでフラフラだけど、お目当ての『可愛いパジャマ』を見つけれないあたし。

どれもしっくりこないのだ。
ヒラヒラとネグリジェのようなパジャマを着る自分も想像できないし、かといって自分の好みで選ぶと相変わらず可愛いげがない。

あまり頑張っていると思われるのも嫌だし、逆にせっかく買うなら少しはこんなあたしでも色気があると思われたい。

そんなことをグチャグチャ考えていると、なかなか買えないのだ。

もう今日は諦めようかと思った頃、鞄の中の携帯が鳴り響いた。
……道明寺から。


「もしもし。」

「俺だ。おまえ今どこにいる?」

「…………ちょっと買いものしてて。」

あたしが今何をしているかを一番知られたくない人。

「タマに聞いたらまだ帰ってねぇって言ってたから。俺も今仕事終わったから、そこまで迎えに行く。」

「えっ、いやっ、いいよ。
大丈夫、自分で帰れるからっ!」

「……なんでそんなに慌ててる?
誰かと一緒なのか?」

一気に声が低くなる道明寺。

「一人だよ!あたし一人。
まだ買いもの終わってないし、お腹も空いちゃったから、何か食べてから帰るから道明寺は先に帰ってて。」

早口でそう言うと、

「ますます怪しいんだよ、そのキョトリ具合が。
どこにいる?言え。
言わねーと、おまえを探すのに何百人ってやつらが動くことになるぞ。」

と、冗談とも思えない発言。

そのあとも5分くらい押し問答の末、結局居場所を教えることになったあたしは、今日の買い物は諦めておとなしくデパートの入り口にあるベンチで足を休めることにした。




ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト

 2016_09_06


Comments

 

心配御無用
坊ちゃんは、つくしちゃんが、何を着てようが、中身がつくしちゃんなら、発情します
坊ちゃんの言葉の端々から、独占欲がビシバシ感じられますね
JUJU  URL   2016-09-06 16:14  

 

ふふふ(笑)
今日も更新ありがとうございます!
「道明寺好みなパジャマ」を必死に探してるつくし、可愛い!
きっと道明寺はパジャマなんて全く興味なさそうだけど(´◡`)
けど自分を意識してパジャマを探してるって知ったらめちゃくちゃ嬉しいでしょうね❤︎
次は一緒にディナー行ったりするのかな?
次の更新も楽しみにしております( ›◡ु‹ )
 URL   2016-09-06 20:29  

いつも楽しみに読んでいます 

こういう展開大好きです!
いつも好みのストーリーで、毎日楽しみにしています♪
きらっち  URL   2016-09-06 20:45  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016-09-06 21:17  

いいな♫ 

こんにちは
らぶらぶ なつかつく 大好きです。
ここは いつも ホッとします。

中学指定Tの つくし ある意味 これはこれで 萌え で良いかも(^。^)
ありす  URL   2016-09-10 10:09  

 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2018_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.