FC2ブログ

彼と彼女の一年間 27





夜中まで残業をしたあの日から、職場での視線が痛い。

山下さんを筆頭に、あの日残業をしていた隣の課の女の子達まであたしをチラチラとあからさまに見てくる。

そして、何度も
「牧野さ~ん、飲みに行きましょ?」
と、意味ありげに誘う。

分かっている。
誰もがあたしと道明寺の関係を知りたがっていることは。
でも、話したくても話せない。
だって、あたしたちの関係はあたし自身が一番どう説明していいのか分からないから。

あの残業の日も、『先に部屋に戻ってろ』と言われ、あたしたちの部屋に入ったはいいけれど、リビングで待っていた方がいいのか、それともいつものように10時以降は自分の部屋から出ない方がいいのか……。

迷ったまま、着替えだけ済まそうと自室に入ったらその間に道明寺は戻ってきていたらしい。
あらためてリビングに行ってみると道明寺の部屋からかすかに物音が聞こえ誰かと電話で話している様子。

本当は今日のお礼をきちんと伝えたかったけれど、道明寺だって疲れているはず。
あたしはそのまま黙って部屋に戻った。

あれから3日。
相変わらずすれ違いのあたしたちはまともに顔さえ合わせていない。




「牧野さーん、明後日の金曜日、新しく出来たイタリアンのお店にご飯に行きませんか?」

イタリアン…………、行きたい!
でも、誘ってくる女子たちの目が恐い。
道明寺との関係を聞きたくて堪らないという顔。

「んーーー、」
返事を渋るあたしの横で、

「あの角に出来たお店?
俺も行ってみたいんだよね。」
と、西岡さんがあたしたちの会話に入ってきた。

「ワインの種類が豊富だって聞いたから、興味あったんだよ。
どう?みんなで金曜の夜に行ってみない?」

思いがけず西岡さんの参戦に女の子達は色めき立つ。
社内でも人気のある西岡さんと一緒に飲めるなんて同じ課でも滅多にない。
そんな美味しい誘いを、彼女たちが断るはずがない。

「行きます行きます!
ね?牧野さん、行きますよね?」

女の子達の拝むような視線に負けて、
「……分かった。金曜ね。」
とあたしは返事をした。



その日の夜、帰りに立ち寄った本屋であたしはある雑誌を手に取った。

芸能人のゴシップ記事を扱う週刊誌とは違い、地味で目立たない表紙の経済誌の中に『道明寺司』という単語を見つけ何気なくパラパラとめくると、先日オープニングパーティーを開いたあのリゾート施設の特集記事だった。

そこにはパーティーの様子も写し出され、道明寺と滋さんが並んで歩く姿や、招待客の前で挨拶をする道明寺の写真が掲載されていた。

その写真の一枚があたしの目を釘付けにする。
珍しく笑っている道明寺の写真。
ゴルフウェアに身を包み、相変わらず憎たらしいほど様になっている。
迂闊にも『格好いい』なんて思ってしまったあたしは、慌ててその雑誌を本棚に戻し別の雑誌を手に取ったけれど、
数分後にはやっぱり道明寺が載った雑誌を手にレジへと向かっていた。




次の日の夜、いつも通り邸での夕食を終え部屋に戻ったあたしは、寝る間近になって大事なことを忘れていた。

そうだ、明日はイタリアンレストランに行く約束の日。
タマさんに夕食は要らないと伝えておかなくちゃ。

そう思い、部屋を出てタマさんの姿を探していると、丁度帰宅した道明寺と廊下でバッタリ会った。

「……おかえりなさい。」
スーツ姿の道明寺にそう言うと、

「おう。」
と、返ってくる。

まともに顔を合わせるのは数日ぶりでなんとなく顔を直視出来ないでいると、
「牧野……、」
と、道明寺があたしに何かをいいかけた。

と、その時、
「坊っちゃんお帰りなさいませ。」
と、道明寺の後ろからタマさんの声。

咄嗟に助かったと思ってしまうあたし。

道明寺はタマさんに「おう。」とだけ答えるとチラッとあたしを見たあと。あたしの横をすり抜けて部屋へと廊下を歩いていく。

残されたあたしはタマさんに、
「今、タマさんの所にいくつもりだったんです。
明日、あたし職場の人と食事することになっているので夕食は要りません。」
と伝える。

「遅くなるのかい?」

「……たぶん。
美味しいワインを飲ませてくれるお店らしいので、少し飲んでくると思います。」

「帰りは邸の車を使わせて貰ったらどうだい?」

「いえ、みんなでタクシーの相乗りしてきますから大丈夫です。」

そう話したところで、突然後ろから、



「どこの店に誰と行くんだよっ。」


と超絶不機嫌な道明寺の声が聞こえてきた。



ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト

 2016_08_29


Comments

 

連日の更新ありがとうございます
うわ~、あのあと何も無し…
ん~、誰と行くんだって、不機嫌な態度って…
ソロソロお互いに、気持ち言おうよ~
次回の更新、楽しみに待ってます
JUJU  URL   2016-08-29 08:56  

 

その後体調はいかがですか??毎日の更新ありがとうございます!
司の嫉妬が始まりましたね〜(^o^)でもまだはっきり恋愛に発展しないのかな!?先が気になります☆
まいこ  URL   2016-08-29 09:11  

 

このお話キュンキュンしちゃって大好きです!
つかさくんまだはっきりパーティの夜でのことをお話ししてないんですね~
ガンバレー!!って思っちゃいます(#^.^#)
毎日更新がとっても楽しみです
他の作品もつかつく好きにはたまらなく面白くて最高!!
riko  URL   2016-08-29 09:13  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016-08-29 12:03  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016-08-29 16:03  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016-08-29 18:30  

 

連日更新を楽しみにしています❤️
まだまだ暑い日が続いてますので、身体に気をつけて下さいね。さらに今日は台風ですし💦
 URL   2016-08-30 08:08  

 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2018_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.