彼と彼女の一年間 25





土日のパーティーを終え、邸に帰ったのは月曜の早朝だった。
招待客への接待中も何度か邸に電話を掛けたが、結局一度も牧野と話が出来ぬまま。
なんとか出勤前のあいつを捕まえたいと、リゾート地から車を飛ばし朝早く帰ってくることした。

リビングに入り、牧野の部屋の前に着くと中から物音がしたのでまだ出勤はしていないようだ。
俺は迷わず部屋をノックする。

すると、数秒たって無言で扉が開き、スーツ姿の牧野がそこにいた。

「おう。……もう行くのか?」

「うん。」

あの夜以来、初めて顔を合わせる。
何から話せばいいか迷っていると、

「あたし、そろそろ行かなきゃ。」
と腕時計を見ながらそう言って、俺の横をすり抜けるように部屋から出ていこうとするこいつを、
「待て。」
と、腕をつかんで引き留めた。

「今日、遅くなんねぇで帰ってくるから、少し話がある。」

「……うん。」

「夕食は邸で食うから、おまえも待ってろ。」

「分かった。」

たった数秒の会話。
それでも、拒否られず目をみて話してくれたこいつに安堵した。





はずだったのに………………、


今の時刻は午後9時を回ったところ。

二時間も前に邸に戻った俺とは逆に、一向にあいつが帰ってくる気配がねえ。

あいつと二人になったら、好意を持ってること、おまえと距離を縮めたいこと、そして自分勝手に事を進めたことを謝りたいと日中は何度もシュミレーションまでした。

それなのに…………。

タマに聞けば、いつもはどんなに遅くても8時には仕事を終わらせ帰ってくるという。
運転手付きの邸の車を断り電車通勤を続けるあいつは、終電に間に合うよう夜遊びもほとんどしない。

ならば、今日帰ってこない理由はひとつしかねぇ。
俺との話し合いを拒否してるってことだろう。


それからしばらくして時計の針が10時を回った頃、タマにあいつから連絡が入った。
『残業してるので帰りは遅くなる。』と。

タマからそれを伝え聞いた俺は無性に機嫌がわりぃ。
俺との約束のことには全く触れなかったらしい。

「タマっ、牧野の携帯番号教えろ。」

「はい?」

「こんな時間までどんな仕事してるのか副社長として把握する必要があるからなっ。」

苦しい言い訳をしながらタマから牧野の番号を聞き出すと、

「全く、久しぶりに早く帰って来たと思ったら不機嫌で困ったものですね坊っちゃんは。
それにしても、一緒に暮らして五ヶ月だっていうのに、携帯の番号さえ教えてもらってないんですか……。」

と、呆れ顔で俺を見るタマ。

「うるせぇ。必要ねーから聞いてなかっただけだ!」

「はいはい、そうですか。」






タマとの言い合いも早々に切り上げて自室へ戻ると、すぐに携帯を取りだし番号を押す。

しばらく呼び出し音が鳴ったあと、
「もしもし?」
と、警戒した牧野の声。

「俺だ。」

「…………道明寺?」

「ああ。おまえ今どこにいる。」

そう聞くと、
「ちょっと待って。」
と小声で行ったあと、場所を移動してるらしい。

その様子に更に不機嫌になる俺。

「もしもし、道明寺?
どうしたの?」

「どうしたじゃねーよ。
おまえ、俺との約束、忘れたのかよ。」

「約束?」

「早く帰って来るから話があるって、朝伝えただろ。」

「…………あーあ。そうだったね。」

何時間も待ちくたびれた俺の苦労なんて知らず呑気に答えるこいつ。

「ちょっと仕事でトラブっちゃって遅くなりそうなの。話は今度にして。
あっ、山下さ~ん、これもコピーお願いできる?」

「おまえ今、職場か?」

「そう。」

「ほんとかよ。」
まだ疑う俺に、

「残業してるって言ったでしょ。
忙しいからもう切るねっ。」
と、勝手に切りやがる。


切れた電話を手に、せっかく仕事を早めに切り上げて帰ってきたというのに、あいつが会社に残ってるなら、意味ねーじゃんとゴロンとベッドに横になる。


それから一時間、読みかけの本や携帯で時間潰しをしてみるが、牧野が帰ってくる気配はない。
時計を見ると11時を過ぎている。
女にさせる残業にしては遅すぎる。

しかも、俺の頭の片隅には、パーティーであいつが笑顔を見せていた同僚の男の顔がチラつき、イライラが抑えられなくなった俺は、車のキーを片手に部屋を出ていた。




ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト

 2016_08_27


Comments

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016-08-27 08:13  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016-08-27 09:07  

Re: タイトルなし 

ありがとうございます!
番号間違いだったようです。
司一筋  URL   2016-08-27 09:22  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016-08-27 11:43  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016-08-27 13:41  

 

ん~、こじれますねぇ~
つくしも、こうなると素直にならないからなぁ~
ジレジレの展開ですが、次回を楽しみに待ってます
JUJU  URL   2016-08-27 16:27  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016-08-27 17:20  

 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2018_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.