FC2ブログ

彼と彼女の一年間 24





あたしだってこの歳で全く恋愛をしてこなかった訳ではない。
それなりに告白だってされたし、付き合ったりもした。

けれど、最後の最後で足がすくむというか、考えなくてもいいことをグルグルと考えて、結局今まで深い仲になった相手はいない。

重いのは分かってる。
この歳で『まだ……』だったなんて、今の時代にしてみれば希少価値だろう。

道明寺のあの態度からして、相当重荷になったのは確かだ。
でも、後悔はしていない。

道明寺にとってはどうであろうと、あたしにとっては幸せな『初めて』だったから。
心の準備もなく突然の出来事だったけど、かえってそれが良かったのかもしれない。
いつものようにグルグルと余計なことを考える隙も与えられぬまま、道明寺に翻弄された。

「俺が戻るまで、ここで待ってろ。」
と言われたけれど、あたしはそこまで図々しくはない。

あいつはあたしの顔を見るだけでも気間づいだろう。
どんな心境であたしを抱いたかは分からないけれど、今は無かったことにしたいと思っているに違いない。


道明寺が部屋を出ていったあと、あたしもすぐに着替えて部屋を出た。
もうとっくに本社組のスタッフは帰っている。
こんな夜中の2時に動いているバスもなく、仕方なくリゾート施設の前からタクシーをひろった。

道明寺邸まで45分。
痛い出費と共に、あたしの気持ちをリセットするには丁度いい時間だった。
お互い今日のことは忘れよう。


邸につくとタマさんが出迎えてくれた。
「こんな時間にどうしたんだい?」
そう言いながら疲れたあたしの体を気遣ってくれる優しさに涙が出そうになったけれど、

「働きすぎてクタクタなので、爆睡します!」
と、精一杯おどけて見せた。



*******************


酒癖わりぃ客をなんとか部屋へ返し、ようやく牧野が待つ部屋へ戻ると、そこはもぬけの殻だった。

「待ってろ。」
と言ったはずなのにいない。

慌てて部屋を出てロビーや中庭を探していると、
「まだ部屋に戻ってなかったの?」
と、滋の声。

「明日も早くからゴルフでしょ?
もう寝たら?」
そう言って俺に近付いてくるなり、
「それとも今から彼女とデート?」
と、意味深な顔で聞いてくる。

「あ?」

「あの噂は本当だったみたいね。
本社の社員と婚約したっていう噂、最近は全く聞かないから嘘だと思ってたけど、あんな司見たら信じないわけにはいかないわ。」

滋の言っている意味がわからず
「何のことだよ」
と、聞き返すと、
「フフフ………あたし見ちゃったもんね~…」
と、薄気味わりぃ笑い。

「さっき彼女とメープルの小路で言い争ってたでしょ。」

「見てたのかよ。」

「ううん。」

「あ?」

「滋ちゃんが見たのはその先。
言い争う声が聞こえて近付いてみたら、あらやだっ、道明寺司の濃厚ラブシーン。」

「……てめぇ」

「司もあんなことするんだ~。
見てるこっちが恥ずかしくなるくらいやらし~いキスしちゃって。」

「うるせぇっ!」

「まぁ、仕事中は少し控えてもらえると助かるわ。
それと、近々あたしにも彼女紹介してよ~。」


からかうだけからかいやがって、滋は西館のエレベーターへと消えていった。

それにしても、あいつはどこに行ったんだよ。
焦る気持ちで俺は邸のある部屋番号へ携帯を鳴らした。


「もしもし、タマか?」

「坊っちゃん。どうされました?」

「こんな時間に起こしてわりぃ。
あのよ、…………」

どう話せばいいか迷う俺に、
「つくしですか?」
と、タマが聞いた。

「っ!……あいつそこにいるのか?」

「ええ。少し前に邸に戻ってきましたよ。
つくしと何かあったんですか坊っちゃん。」

「…………。」

「あんまりつくしを苛めないでやってくださいな。
疲れた顔で帰ってきて、寝るから明日は起こさないでくれって部屋に入って行きましたよ。」

この時間にタクシーを飛ばしても邸までかなりかかる。
あの疲れたはずの体で帰ったかと思うと胸が痛い。

「分かった。
明日はゆっくり休ませてやってくれ。」

俺はタマにそう伝えると電話を切った。

早く帰って牧野に会いたいが、あと数時間後には招待客を連れてゴルフに回らなければならない。
そのあとも夫人たちをもてなすワインパーティーが待っている。

せめてあいつが起き出す頃、電話でもしようかと思ったが、今更ながら牧野の携帯番号さえしらない自分に腹が立った。



ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!


関連記事
スポンサーサイト

 2016_08_26


Comments

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016-08-26 07:56  

 

朝早くからの更新ありがとうございます
あ~あ、やっぱり誤解してる~
どうやって、誤解を解くのか、すぐに傍に行けないスケジュール…
ドキドキしながら、次回を待ちます
JUJU  URL   2016-08-26 08:24  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016-08-26 08:56  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016-08-26 10:25  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016-08-26 11:47  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016-08-26 20:18  

 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2018_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.