FC2ブログ



ホワイトデーを4日後に控えた休日。
久々に滋さんと桜子とカフェでデート。

「はい、これ。」
と言って滋さんが私と桜子に、先日の温泉旅行で撮った写真をくれる。

「なかなかよく撮れてるでしょ?」

浴衣姿の3人が少しお酒のせいもあって、頬を赤らめている笑顔の写真。
残念ながら今回優紀は来れなかったけれど、あたしの親友と呼べるのは彼女たちだけ。

だからこそ、この間感じた胸の痛みは無かったことにしたかったのに……。

「あたしね、気になる人が出来て……。」
と、恥ずかしそうに滋さんが言う。

「えっ、だれ〜。」

「それは、まだ言わないっ。」

「ちょっと、言わないってそれはなしですよ。」

「ホワイトデーにちょっとしたパーティーがあって、その時に告白しようかなと思ってる。
うまく行けば、夜まで一緒にーーーなんてねっ。
だから、告白が成功したら教えるから!」

「ほんとですかー。」

キャッキャッと盛り上がる滋さんと桜子。
滋さんに好きな人か……。
初めて聞く滋さんの恋愛話。
本当なら喜んで聞きたいはずなのに、
あたしは胸が痛すぎて俯くだけ。

なぜかと言うと、昨夜の道明寺からの電話。

「14日、空いてるか?」

「14日?」

「おう。
一応、バレンタインにチョコ貰ったから、お返しにどこか好きなとこ連れてってやる。」

「好きなとこって……。」

「昼に少しだけパーティーに顔出さなきゃなんねーけど、その後は空いてるから、終わったら連絡する。」


昼のパーティー。
やっぱり滋さんの好きな人とは、道明寺だろうか。
最近の二人を見ていると、そう感じるのは間違っていないような気がする。


「つくし?」
ぼぉーっとするあたしに滋さんが笑顔で声をかける。

「あっ、ごめん。」

「つくしは?
つくしはホワイトデーどうするの?」

「えっ、」

もしも、もしも滋さんが道明寺に告白して、
もしも、もしも道明寺がOKしたら、
その後は二人で過ごすのかもしれない。

「つくし?」

「あ、あたしは…………何も予定ないよ!」


大きな声でそう言い切るあたしを、滋さんと桜子が困った顔で見つめた。









「西門さん。」

「ん?」

「………。」

「おい、生きてるか?」

「西門さん。」

「ん?」

「…………。」

「だからなんだよっ!」


大学の中庭。
ベンチにぼぉーっと一人腰掛けていると、ふらっとどこからか西門さんがやってきて、あたしの隣にどかっと座った。
暇なのか?とからかうように聞いてくる彼に、あたしは冒頭の「西門さん。」と無意識に名を呼ぶ。


「西門さんと美作さんって仲いいですよね。」

「あ?なんだそれ。」

「いつも一緒で喧嘩しないんですか?」

「喧嘩ばっかだろ俺たち。」
そう言って綺麗に笑う西門さん。


「美作さんと同じ人を好きになって、喧嘩になったことあります?」

「……。
喧嘩になりそうなのか?」

「え?」

「だから、誰かと好きな人がかぶって、喧嘩になりそうなのか?おまえは。」

いつものからかうような表情ではなく、優しく目を細めてあたしを見つめる西門さん。

「喧嘩……にはならないと思います。」

「どうして?」

「どうしてって……。」

「おまえも好きなら、喧嘩してでも奪わなきゃなんねーだろ。」

こんな風にきちんと答えてくれるなんて意外だと思いながら西門さんを見つめると、

「そろそろ答えてやれよ、あのクルクル男に」
と、言いながら髪の毛をクルクルと巻く仕草をする。

それがおかしくてクスッと笑うあたし。

「で?おまえが喧嘩しそうな相手って?」

「……滋さん。」

「プッ……、そりぁ、楽しくなりそうだな。」


物凄く楽しそうな西門さんと、深いため息をつくあたし。



よろしければポチっと応援お願い致します★



スポンサーサイト



 2020_02_14





バレンタインが終わり次はホワイトデー。

牧野に自分からチョコが欲しいと言って貰った以上、お返しは数倍にして返したい。
何がいいだろうか……と愛しい女のために頭を悩ませていると、

「ホワイトデーにあたしの頼みをきいて。」
と、違う女が近寄ってきた。

「またおまえかよっ。」

「ちょっと!この滋ちゃんに向かってそんな言い方するの司だけだからね!」

「うるせぇ、おまえと遊んでる暇はねーんだよ。」

「司、あたしの事邪険に扱っていいと思ってるの?
バレンタインデーに何をあげたか忘れたわけじゃないわよね。」

「……、牧野に言ってねーだろーな。」

「言う訳ないでしょ。
だから、ホワイトデーにあたしの頼みを聞いてよ。」


バレンタインデーに滋から牧野の水着の写真を貰ったなんて、他のやつには口が裂けても言えない。
滋に弱みを握られているとはいえ、こいつも共犯だ。

でも、もしバレたときは滋よりも俺が怒られるのは目に見えている。
だから、こいつを敵に回すのは得策じゃねえ。


「何が欲しいんだよ。」

「ふふふ……。」

「キモいから早く言え。」

「チッ……、あのね、司って的場さんと知り合いよね?」

「的場?的場って、的場建設の息子のか?」

「そうそう、それ!
その的場さんだけど、……あたしに紹介してくれないかな。」

なんだよ、そういう事かよ。
確か、この間のパーティーで的場に会ったときにも、あいつから滋の話をふられた記憶がある。

「知り合いなら自分で連絡しろよ。」

「知り合って訳じゃなくて……。
友達の結婚式で初めて会って話したらすごくいい人だなーと思って。でも、連絡先を聞かれなかったから脈なしかな。
でもさ、やっぱりもう一度会ってみたいなぁと思って、滋ちゃんのためにセッティングしてくれない?」

「あいつの親父は一癖も二癖もあるおやじだぞ?いいのかよ。」

「別に関係ないでしょ。
あたしが知りたいのは的場さん本人なんだから。」


どっぷりと贅沢三昧で育てられたお嬢様の滋。
だけど、こいつのこういう所がどこか俺と似ていて憎めねぇ所。

好きなものは好き。
外見や肩書にとらわれず、相手にまっすぐに向き合おうとする滋はある意味カッコいい。

「分かった。連絡しとく。」

「ありがとー!」









最近、道明寺と滋さんが二人でいる所をたびたび見かける。

何年も前から変わらない光景なのに、
一度気になりだすと、見かけるたびに胸が小さく痛む。

1ヶ月前、このカフェテリアで道明寺と滋さんが二人でなにやらコソコソやっていた。
携帯を見ながら滋さんが道明寺に笑いかけると、
道明寺も携帯を見つめ顔を赤くして照れている仕草。

あんまり見かけないその道明寺の表情が気になって、
二人の後ろから
「何やってるの?」
と声をかけると、明らかに慌てたように席を立ち帰っていった道明寺。

そして、今日。
また二人はカフェテリアで隣合い話している。
「ホワイトデーに頼みを聞いて。」
そんな会話が聞こえ、
あたしはそっと二人から離れた。


滋さん、道明寺にチョコあげたんだ。
いや、そうだよね。あたしにも友チョコ用意してくれてる滋さんだもん、道明寺にだってあげてもおかしくない。

ホワイトデーの頼みってなんだろう。
もしかして、デートとか?

そもそもお互いフリーなんだから、デートしたって変じゃないし、あの二人ならどこから見てもお似合いだろう。

今までそんな素振りも見せなかった二人が、ここ最近で急接近してそういう事になったのか。

そうだとしたら……、あたしは……。



今まで自分にいろんな言い訳をして「答え」を出してこなかったあたし。
でも、今、

あたしの意志とは関係なく、この胸の痛みが
「答え」なんだと思い知らされて、逃げるようにカフェテリアから出た。





良ければポチッと応援お願いします★


 2020_02_05




01  « 2020_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

フリーエリア

お金がたまるポイントサイトモッピー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.