FC2ブログ



仙台の総合病院。
研修医の時から日本を離れるまでずっとお世話になったこの病院に久々に帰ってきた。

先輩や同期の仲間もたくさんいる病院。
『またここに戻っておいで』と有り難い言葉をかけてもらったけれど、あたしはここを離れるつもりで最後の挨拶回りに仙台へ来た。

10年前、パパが新しい仕事に就くため仙台に引っ越したあと、両親の後を追うようにしてあたしもここへ来た。
そして、医大に通いそのまま就職。

けれど、その両親も今は東京へ戻っている。
進が2年前に結婚して2世帯住宅を建てたのだ。

家族もいない仙台にまた戻ろうか迷っていたあたしに、医師の先輩から『うちの病院に来ない?』と声をかけて頂いて、来月からあたしも東京にうつることを決めた。

もしかしたら仙台で暮らす事はもうないかもしれない。
思い出の土地やお世話になった人にゆっくり挨拶をしておきたいと思い、一週間の予定でホテルを予約し帰ってきていた。

初日は病院への挨拶。
2日目からはマンションの大家さんやよく通った喫茶店のマスターに会いに行った。

そして5日目の今日、両親や友達への仙台土産を買うためあちこち出歩いたあと、夕方ヘトヘトになりながらホテルへ入ると、
「牧野さん」
と、突然うしろから名前を呼ばれた。

驚いて振り向くと、そこには道明寺のお母さんである道明寺楓が立っている。

「…こ、こんばんは。あのぉ、どうしてここに」

「仕事で仙台に来ていたの。
昨日もここであなたを見かけたのでもしかしたらと思って聞いたら、ここに泊まっているって言うから待ってたのよ。」

あー、そうか。
今更ながら気付いたが、ここは道明寺財閥の配下にあるホテルグループなのかもしれない。
それならば道明寺財閥の社長の一声であたしの個人情報なんてあっという間に漏洩だろう。

「牧野さん、このあとお時間あるかしら?」

「えっ?あたしですか?」

「良ければ軽く食事でもいかが?」

そう言いながら楓社長はホテルロビーにある喫茶コーナーへ視線を移す。

「…はい。」

圧倒的な眼力に押されてこう呟くしかなかった。





こうして二人で食事をするのは2回目。
1回目はアフリカのあたしの部屋に泊まったときに、翌朝簡単な朝食を二人でとった時。

まだ微熱がある身体は辛そうで、温かいスープをほんの少しだけ飲ませた。
そして、隣国の国境まで30分ほどある道のりをあたしも付いて行った。

医師のカードを首から下げてちらつかせれば、普通よりもスムーズに国境を超えることができる。
あたしはこの人になんの恩もないけれど、この異国の地でこうして会ったのもなにかの縁かもしれない。

医師としてできる事は精一杯やろう。
そう思ってやった事が、今こんなことになってしまうなんて……。


「仙台にはどうして?」

「お世話になった方への挨拶回りです。」

「次の勤務先は決めたのかしら?」

「はい、一応。東京で働きます。」

あたしのその言葉に少し嬉しそうに笑うこの人。
昔はしかめっ面しか見たことがなかったけれど、こんな風にして笑う所を見ると、椿さんの美しさは母親譲りなんだと思わせるには充分なほど綺麗。

「あなたにはきちんとお礼がしたいの。」

「……お礼ですか?」

「ええ。突然の訪問にも関わらず、一つしかないベッドを譲ってくれて、温かいスープも作ってくれて、隣国まで送ってくれた。
本当に感謝してもしきれない。」

「いえ、医師として当たり前のことをしただけです。」

「そうね、そうかもしれないけど、
あの土地であなたの顔を見て、心細かった気持ちが一気に解れていくのを感じたわ。
本当にありがとう。」

そう言って頭を下げられ、あたしもつられるように慌てて頭を下げた。

「お礼をしたいと思っても、どうしたら良いか分からなくて。」

「そんな、お礼なんて」

「洋服なんてどうかしら。
職場も新しくなることだし、改まった場所に着ていけるような」

「いえっ、結構です!」

「じゃあ、鞄は……靴はどう?
好きなものを言って頂戴。あなたが欲しいと思うものなんでもいいの。」

「いえ、本当にいりませんっ」

「そんな事言わないで、私の気が済まないの。
いくらでも構わないから、好きなものを言って」


そんなやり取りに必死だったあたしたちの横に、ゆっくりと大きな影が近付いてきた。
そして、低い声で言った。

「やっぱ、そういう事かよ。
昔も今も変わんねーな。
裏でコソコソ金の取引しやがって。」

「道明寺っ!」

「おまえにとって俺は所詮、金にしか見えてねーのかよ。」

「司っ、あなたっ」

「うるせー、ババァも黙れよっ。
こいつがいくら貧乏だからって、金で釣ってんじゃねーよ!」

「司っ!」


そういう事か。
この人は何か勘違いをしているのだろう。
けれど、していい勘違いと、そうでないものがある。

このバカ男はそれを分かってない。
あたしをどれだけ舐めているのだろうか。


「あたし、帰ります。」

「待てよっ!」

「うっさいバカ!
あんたの顔なんて二度と見たくない!」




良ければポチッと応援お願いします♡

スポンサーサイト



 2019_08_19




07  « 2019_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

フリーエリア

お金がたまるポイントサイトモッピー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.