FC2ブログ





「結婚を前提にもう一度付き合ってみてはどうかしら。」

ババァから発せられた言葉の意味がすぐに理解できない。

こういうのを『狐につままれる』というのだろうか。
言葉どころか呼吸さえ忘れるほどだ。

「……意味が分かんねぇ。
全然っ、意味が分かんねぇよ。
俺らはおまえの遊び道具じゃねーんだっ!
離れろだの、くっつけだの、好き勝手言ってんじゃねーよっ。」

膝に置いたナフキンをテーブルに投げつけながらそう言った俺の横で、

牧野が立ち上がり、

「今のお話は聞かなかった事にします。私はお先に帰りますのであとはお二人でどうぞ。」

そう言い残し店を出ていった。







牧野が出ていったあと、ババァを残し俺もすぐに店を出た。
すっかり外は日が暮れて、夜風が気持ちいい。

オフィスに戻って仕事をする気にもなれないが、だからといって、ババァのいる邸にはますます帰りたくない。

プラプラと人混みの中を歩き、交差点で信号待ちをしていると、横断歩道の先にある小さな店に、今さっき別れたばかりのあいつの姿がある。

信号が青に変わりゆっくりとその店に近づくと、
そこはどうやら『立ち食いそば』の店。

会社帰りのオヤジたちに混ざって、立ちながらそばを食っている牧野に思わず、
『アホかおまえは。』
と、呟く俺。

俺に見られてるなんて知る由もねえ牧野は、
『んー、美味しい。
やっぱ日本人はそばでしょ。』
なんて言いながら、目を細めてやがる。

出会った頃からあいつには驚かされることの連続だったけど、10年たっても相変わらず変わってねぇ。


『ご馳走様でした。』と律儀に挨拶をして店を出る牧野に、入り口の横で待機していた俺は、
「フレンチのあとに蕎麦かよおまえは。」
と声をかけた。

「わぁっ!」

「ったく、女が一人で立ち食い蕎麦、どんだけ色気ねーんだ。」

「ど、道明寺、あんたいつからいたの?」

「おまえが2杯目の蕎麦食ってる時から」

「ちょっ、1杯しか食べてないしっ」

「マジか、それは安心した。」



10年ぶりの会話。
おまえが相変わらずだから、俺も自然と言葉がスラスラ出てくる。

「…牧野」

「ん?」

「少し話せるか?」

「…うん。」






そこから近くのカフェで、牧野と向かい合うように座った俺は、10年ぶりにまっすぐとこいつを見つめる。


「元気だったか?」

「…うん。道明寺は?」

「まぁな。」

牧野と別れて10年。
もう、胸の痛みは消えた。
あの雨の日の別れを思い出しても、息苦しくなる事はない


ただ……、

「さっきのババァの話だけどよ、」

「うん。」

「お互い聞かなかった事にしようぜ。」


胸の痛みは無くなったが、
やるせない怒りだけはまだ消えない。


「俺はおまえを許してねーし、今後も許すつもりはねえ。」

「……。」

「おまえは結局10年前、俺より金を選んだっつー事だよな。
ババァからの手切れ金で留学もして医大にも行った。
まぁ、おまえを信じてた俺がバカだった。
今回も、ババァとどんな取引をしたかは知らねーけど、俺はもう引っかからねーから。」


牧野を真っ直ぐに見つめてそう言い放つ俺に、こいつは俯いて何も言うことはなかった。



10年前、牧野が俺の前から消えたあと、俺はそれでも必死にこいつを探した。
東北の田舎町にいると知ったのは三カ月後くらいだっただろうか。
知りたくて知りたくてどうしょうもなかった牧野の住所を知った俺は、
その時知りたくなかった事を同時に知ることになる。


『ババァが牧野家に500万振込していた』


振込日はあの雨の日の翌日。
ババァが牧野に金を払う理由なんて一つしかない。
『手切れ金』

ババァが提案したのか、牧野が要求したのかは
もうどちらでもいい。
ただ、この金を受け取ったということは、もう取引が成立したということ。

俺は結局最後まで、一人の男としてなんかじゃなく、道明寺財閥の跡取り息子としてあいつには見られていたんだ。


そう思うと、牧野との短くて淡い恋愛は、
完全に俺の中で封印された。



応援よろしくお願いします♡

スポンサーサイト



 2019_08_05




07  « 2019_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

フリーエリア

お金がたまるポイントサイトモッピー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.