FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--




自分でも強引なのは分かってる。

女の家に入りたいなんて今まで一度だって思った事もなかったが、今はこのまま帰りたくねぇと心の底から思ってる。

「少しだけ話したら帰るから、いいだろ?」

「ほんと?」

「お前がいれって言うなら何時間でもいて…」

「言ってないし。」

俺の言葉を遮るように言ったあと、牧野は口を尖らせて部屋の鍵を取り出した。



牧野の部屋に入るのはこれで3度目だが、
彼氏として入るのは今日がはじめて。

お互い妙な雰囲気になり、部屋に入って早々、
牧野はキッチンへと逃げやがった。

その間、俺はリビングに腰をおろし部屋をぐるっと見回すと、テレビ台の下にアルバムらしきものを発見。

チラッとキッチンの牧野に視線を泳がせたあと、そのアルバムを取り出し開いた。

「…クッ……どの写真も食ってるとこばっか。」

「ちょっとー!何勝手に見てんのよ」

「いいだろ別に。っつーか、おまえ昔からあんまり変わってねーな。」

「え?そう?」

「これは?」

「あ、弟の進。」

「ふーん、二人姉弟か?」

「ん、そう。」

ガキの頃から高校生の頃まできれいに整理されている写真たち。
愛されて育ってきたんだろーなこいつは。

そう思いながら、そのアルバムの最後のページをめくると、そこに見慣れた奴の顔があった。

「類かよ。」

「あっ、…それは、花沢類が卒業する時に撮ったの。」

「すげー、泣き顔。」

「いやっ、これは、色々と事情があって」

「類が卒業することがそんなに悲しかったのかよ?」

「そうじゃないけど」

「もしかして、おまえらってやっぱ付き合ってたのか?」

「はぁ?まさかあり得ない。」

「好きでもねぇ奴の為にここまで泣くかよ。」

「だからっ、それは違うって!」


ダメな俺。
せっかく二人になれたっつーのに、相変わらずこんな風に言い合って……。

悪かった。
そう言おうとしたその時、牧野が先に小さく何かを言った。


「それは、……の日に撮った写真。」

「…あ?」

「だから、その写真はあんたがNYに旅立った日に撮った写真なの。」

こいつの言った意味がいまいち理解できねぇ俺。

「俺が?NYに?」
俯いている牧野に向かって聞く。

「ん。」

「おまえが泣いてんのは」

「好きな人が遠くに行っちゃうんだから、
悲しくて泣くのは当然でしょ。」

「…好きな人って」

「この話はそこまでっ。さっ、お茶入れたから飲んで早く帰って。」

勝手に話をたたんで、俺の手に強引に茶碗を持たせた牧野は、さっきよりも顔が赤い。

「牧野」

「おしゃべり禁止」

「プ…なんだよそれ。牧野」

「……」

「牧野」

「……」

「俺のどこがそんなに好きだった?」

「はぁ?知らないっ。」

「言えよ。そんな泣くほど好きだったんだろ?」

「フッ……若気の至りって言葉があるでしょ。
あの頃のあたしは若かったの。今なら絶対に好きにならないっつーの。」

「俺のこと好きじゃねーのかよ。」

「えっ、いや、だから……、」


こいつをからかうのはすげぇ楽しい。
でも、からかってるはずの俺のほうがドツボに嵌まる。


「牧野、すげぇ、可愛いからやめろ。」

「…は?」

「おまえがムキになったり怒ったりする度に、ムチャクチャ…好きだって自覚すんだよ。」

「…な、なにそれ」

「高校のとき、あと1ヶ月おまえと早く知り合ってたら、たぶん俺はおまえに惹かれてたと思う。
そしたら、こんなに俺たち無駄な時間過ごさなくても良かったのかもな。」

「……」

「そしたら、泣くほど好きだって想ってくれるおまえの気持ちと、ムチャクチャ好きで貯まんねぇと想ってる俺の気持ちも釣り合ったかもしれねぇし。」

「道明寺、」

「どうしたら、あのときみてぇに俺を好きになる?」

あの頃は牧野の一方通行だった想いは、今は両想いとは言え、ほとんど俺の一方通行。
少しでも道を広げたい。

そんな俺に牧野が怒ったように小さく言った。

「だから、……好きだって言ったでしょ。」

「ん?」

「あの頃は自分でも訳のわからないままあんたを好きになってたけど、今は違う。
今はあんたを好きな理由ちゃんと言える。
わかりづらいけど、優しい所とか、
強引だけど、あたしの気持ち優先してくれる所とか、笑ったとき目尻がさがって優しい顔になる所とか、それとか、んーと、」

「牧野、もういい。」

もう言葉では十分。
あとは、触れて確かめたい。

牧野を引き寄せて唇を重ねる。
想いが溢れすぎて優しいキスが出来ないのは許してほしい。
唇から伝わるぬくもりに、全身が痺れるほどの快感に包まれていく。
たぶん、今日は帰れそうにねぇ。



ポチっとお願いいたします!
スポンサーサイト
 2019_02_08


小話 13

Category: 小話  



今日は俺の誕生日。
超高層マンションの最上階にある自分の部屋で
顔見知りだけをを呼んだ25回目のパーティー

「あきら、おめでとう」
「美作さん、おめでとうございます」

総二郎と桜子が柄にもなく大きな花束を持ち、
少し遅れてパーティーにやって来た。

「滋さんは?」
桜子のその問いに

「牧野とデザート食ってる。
類もその隣でウトウトしてるぞ。」
と、奥の部屋を指して答えると、

「えっ、先輩も来てるんですか?」
と、桜子が眉間にシワを寄せる。

「ああ。司からあんなに言われたのに、滋が言うこと聞かねーから。」
と、俺も参ったという表情を見せる。


今日のパーティーにはいつものメンバーに招待状を送っていたが、NY住まい3年目の司は来ないだろうと思っていた。
が、思いもよらず
「行くぞ。」
と電話がきて、

「来れるのか?」
と聞き返す俺に、

「久しぶりに顔見てぇし。」
と照れる台詞。

でも、これは俺にではなく、目に入れても痛くねぇほど惚れてる牧野に対してだと理解するのにそんなに時間はかからなかった。

パーティーの日の午前中には日本につく予定だったのに、天候不順で大幅に遅れ、さっき邸に着いたと連絡が来た。

その時にはすでに牧野はここに来ていて、その事を司に告げると、
「滋のヤローっ。牧野は俺が連れて行くからって言ったのに勝手に行きやがったな」
と、舌打ちしている。

今日は俺の誕生日だぞ。
頼むから乱闘だけはやめてくれ。
そう願うしかない俺。


今日の牧野は、司が今日の為に送ったという淡いパープルのドレス姿。
他の女性客はルームパーティーだという事で、肌の露出が高い中、牧野のドレスは肩もすっぽり隠し上品さが際立っている。

さすが、司のセンスだけあって、
幼児体型の牧野にもよく似合ってる。


今来た総二郎と桜子と共に、奥の部屋に行くと
滋と一緒にいると思っていた牧野は
男と何やら楽しそう話してやがる。

あれは、昔からの俺の知り合いで、気の優しい良い奴だ。
普通の状況なら、お似合いだと放っておくのだが、
相手が牧野だからそうも行かない。

この状況をあの野獣が見たら
暴れ狂うだろうから。

そう思って「牧野」と声をかけようとしたその時、
「滋てめぇぶっ殺すぞ」と、低い声が俺の耳に届いた。

後ろを振り向くと、
カジュアルなスーツ姿に身を包み、ポケットに手を入れて滋を威嚇する猛獣現る。

「お、おう、司来たのか。」

「ああ、遅れてわりぃ。
お前の好きなワイン、持ってきたから秘書の竹田に預けてある」

そう言って1本100万するワインをプレゼントに持ってきた司の視線はもうすでに牧野にロックオン。

「あいつは?」

「あー、俺の知り合い。
仕事関係で昔から世話になってる奴で、悪い奴じゃねーから大丈夫。」

と、なぜか必死にこの状況を説明する俺は
何に怯えてるんだよ。

「あら、司、早かったね〜。」

「滋、てめぇ勝手に牧野連れて来んな。」

「だって、司が何時になるか分かんないって言うから、せっかく可愛くドレスアップしたのに部屋で待ってるなんて勿体無いでしょ」

「そんで、連れてきたあとは放置かよ」

「んー、まぁ、つくしが可愛いから色んな虫が寄ってきちゃうのよね〜。」

これ以上、司を怒らせるな滋。
そんなハラハラしてる俺の横を通り過ぎた司は、まっすぐに牧野へ突き進む。

頼むからこんなところで喧嘩すんなよ。
そう心から願う俺の気持ちが通じたのか、
牧野に近付いた司は、さり気なく腰に手を回し、
相手の男に何かを言ったあと、部屋のバルコニーの方へと歩いていく。


「道明寺さん、暴れなかったですね。」
俺と同じ気持ちだったのか桜子もホッとした声を出す。

「ああ、まぁ、あいつら久しぶりの再会だし、
自らムード壊すほどバカじゃねーだろ司も。
俺らも座ってゆっくりしよーぜ。」

そう言って俺たちは部屋の大きなソファに寛ぐ事にした。
今日は午前中の雨が嘘のように晴れて、空には満開の星が出ている。

部屋は大きなガラス張りになっているので、部屋の中からもその美しさが見て取れる。

それぞれがグラスを手に持ちながら外に目をやると、
そこにはバルコニーにいる司と牧野の姿もはっきり見える。


2人向き合って何やら言い合ってるあいつらは、
まさか喧嘩でもしてんのか?と思ったその瞬間、
司がさっとかがみ、牧野に軽くキスをした。

それを見て、総二郎がヒューっと口を鳴らし、
「見せつけてくれるじゃん」と言う。

あの道明寺司が、女にキスをしたとなれば
パーティーに来ている奴らもコソコソと
視線を窓の外に向け始める。

そんな中、当の本人たちはと言うと、
キスをした司を見上げて牧野が何か抗議したのか、司の胸を軽く叩き、部屋の中を伺う様子を見せる。

そんな牧野の怒った顔を両手で包み込む司は、
さらに上を向かせてさっきよりも長いキス。

「おいおい、どこまでやる司くん。」
総二郎は完全に面白がっている。

「あいつらはこっちから見えてるの知らねぇんじゃねーの?」

「そうかもしれないですね。先輩見られてたら絶対にあんなことさせないと思いますよ。」


その総二郎と桜子の会話に俺はピンときた。
司は確実に確信犯だろう。
この部屋を内装するときにこの窓のことで司に相談したのを思い出した。

司の邸にある大きなバルコニー付きの部屋はガラス張りになっていてカーテンが付いていない。
夜でも開けっ放しか?と聞いたとき、
「特殊なガラスを使っていて、中からは外が見えるが、外からは中が見えないようになっている」
と司に教えてもらい、
この部屋も同じガラスにしたのだ。

ということは、今あそこでキスをしている司は、
中にいる俺たちから完全に丸見えなのは承知のはずだ。

知らないのは牧野だけ。
牧野からしたら、ガラスは真っ暗でまさか見られているとは思っていないだろう。


司からの長いキスに牧野が暴れだし、
唇を離した司は俺らが見た事もないような
甘い顔をしてやがる。

牧野に胸を強く叩かれ抵抗されても、嬉しそうに笑いながらその手を包み込み、牧野の顔を覗き込みながら笑う司。

全く……。
遠距離で喧嘩ばっかして、甘い雰囲気も出さねぇくせに、二人でいる時はラブラブなのかよあいつらは。

俺はグラスを総二郎に預けると、離れたソファに座る男の所に近付いた言った。


「わりぃ、見ての通り、牧野は俺のダチの大事な彼女なんだ。あいつは絶対に牧野を手放さねーから、おまえも違う女あたってくれ。」


遠距離恋愛中の司と牧野。
俺は相変わらずあいつらのキューピット役のようだ。


お久しぶりです。なんとか生きております笑
皆さんもお元気でしょうか?

 2019_02_07




01  « 2019_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

フリーエリア

お金がたまるポイントサイトモッピー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。