FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--





今週末、一ノ宮に返事をする。
牧野がそう言ったあの日から1週間。

たぶん、いや間違いなくあの二人は付き合い始めただろう。

俺には関係ねぇ…と思いながらも、ふと気が緩むとあいつの顔が頭をよぎる。
このイライラから抜け出そうと、仕事を切り上げて都内を車で走らせても、

行き着いたのは、牧野が勤める薬局の前。

バカか俺は……。


しばらく薬局の前に車を止めていると、仕事が終わった牧野が他の奴ら数人と出てくるのが見えた。

軽くクラクションを鳴らすと一斉に俺の方を見る。
もう一度小さくクラクションを鳴らし窓を開けた俺に、すげぇ驚いた顔で牧野が固まり、
慌てて他の奴らに頭を下げた後、小走りで近付いてきた。

「道明寺、あんたこんな所で何してるの?」

「乗れよ。」

「はぁ?なんで?」

「うるせぇ。早く乗れ。
みんな見てるぞ。」

牧野の後方ではさっきの奴らが興味ありげに俺らを見つめている。
それを見た牧野は急いで車に乗り込み、
「とにかく出発して。」
と俺を睨んだ。





飯でも食おうぜ、と誘った俺に、
「そんな暇はない。」と速攻断りやがったこいつ。
コーヒー一杯だけなら付き合うと近くのファミレスで向かい合って座った。

「で?なんか用?」

「……俺が聞きてぇよ。
なんで、おまえなんだよ。」

「は?大丈夫、道明寺?」

コーヒーを一口飲みながら、不思議そうに俺を見つめるこいつ。

「一ノ宮と……どうなった?」

「どうなったって、何が?」

「だから、…付き合い始めたのかって。」

「またそれ?この間も聞いてたけど。」

「どうなんだよ。」

「どうって、……付き合うことになったけど。」

照れくさいのか、窓の外に視線をそらしそう言う牧野が無性に可愛く見えちまう。

「好きなのかよ。」

「はぁ?」

「一ノ宮が好きなのか?」

「あんた、何言ってるの?」

「……一ノ宮のダチとして心配っつーか、
変な女に引っかかってねーか調査中だ。」

咄嗟に出たその言葉に正面のこいつの目が大きく開かれる。

「ちょっと、道明寺にだけは心配されたくないからっ。
一ノ宮さんから聞いたからね、あんた全然恋愛出来ないんでしょ?女の人に興味ないって。
高校の時からあんなに周りにキャーキャー言われてきて、女の子なんて選り取り見取りなのに、なんで恋愛出来ないの?もしかしてこっちの人?」

そう言いながら口の横で手を反らせるこいつ。

「あ?ふざけんなっ。
一ノ宮のヤロー、そんなこと言ってたのかよ。」

「一ノ宮さんもあんた同様、ダチの心配してるのっ。
根は優しくて真面目だって褒めてたよ。
……あたしもそう思うから。あんた、タマさんにはすごく優しいし……大切な人にはきちんと接するんだろうなってあのとき思ったから。」

こいつが言うあのときは、たぶん俺らが出会った高校生の時を言ってるんだろう。

「…おまえ、
だから、俺を好きになったのか?」

「……はっ?」

「おまえ、俺に告ろうとしたよなあの時。」

「……あんた、覚えてたの?」


いや、完全に忘れてた。
この間までは。

でも、牧野が気になりだして俺の頭がこいつでいっぱいになるにつれ俺たちが出会ったあの時期を、思い出していた。

タマが入院する病院で会ったあのとき。
非常階段で類とダンスの練習をしていたあのとき。
俺の邸で開かれたパーティーでのあのとき。

二人きりになった部屋で牧野は俺にたぶん気持ちを打ち明けようとした。
でも、俺はそれを止めた。

俺には興味がなかったから。
こいつの気持ちに応える気持ちはこれっぽっちもなかったから。

だから、言わせなかった。
それ以上、言うなと止めた。

「牧野、おまえあのときの気持ち、」

「っ、あっ、電話。ちょっと待って。」

俺の言葉を遮るように電話を耳に当てる牧野。

「もしもし。……はい、……はい。
今から向かいます。はい、じゃあ後で。」

短い会話で電話を切った牧野の嬉しそうな顔を見ればわかる。
電話の相手が一ノ宮だということは。

「道明寺ごめん。あたしそろそろ行くね。」

「デートか?」

「…ん。」

「牧野、」

「道明寺、あのね、今更だけど一応言っておく。
あたしがあんたのこと好きだったのは昔のことで、だから、そのぉ、一ノ宮さんにはそのこと内緒で。」

そう言ってテーブルに500円玉を置き立ち上がった。



認めたくなかった。
認めないように足掻いた。
でも、やっぱり俺はこいつに惹かれてる。

それを口にできないまま、こいつにシャットダウンされた。
まるで、昔の俺のように。



ランキングに参加しています。
よろしくお願いします!
スポンサーサイト
 2018_06_09




05  « 2018_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

フリーエリア

お金がたまるポイントサイトモッピー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。