FC2ブログ

nephew 21

Category: nephew  




姉ちゃんからの『新居』話しを聞き、牧野の方を向くと「実はね……」と戸惑いながらも話し始めた。

「実はね、お姉さんも退院して宗太くんも嬉しそうだし、私もいつまでもここにお世話になってる訳にもいかないから、そろそろマンションに戻りますって皆さんに挨拶したら…………、」

話を聞けば、それに待ったをかけたのは宗太だったらしい。

「そろそろマンションに戻ります。」
牧野のその言葉に、

「つくしはどうしてここに住んでないの?
司にぃと結婚するんでしょ?」
と、当然のように聞いてきたそうだ。

「まぁ、いずれは結婚するとは思ってたけど、なかなか話が纏まらないから私もお母様も手を焼いていたのよ。
そのうち、つくしちゃんが痺れを切らして司を捨てちゃうんじゃないかってハラハラしてたんだから。
そんな大人たちの心配なんかよそに、宗太がいいタイミングでつくしちゃんに言ってくれたからほんと良かったわ。」

そう言って牧野にウインクして見せる姉ちゃん。

「俺も出張から帰ってきたらプロポーズしようと思ってたんだよ。」

「どうやら上手くいったようね。」

牧野の指に光る指輪を見て姉ちゃんは分かったようで、
「これで、やっとつくしちゃんが正式に私の妹になるのねーっ。」
と、牧野を抱きしめている。

そんな二人に、
「ババァが、この部屋を?」
と、聞くと、

「そうよっ。お母様もクールに装っているけど、あなたたちの結婚を首を長くして待ってたはず。
いつでもつくしちゃんがお嫁に来てもいいように、こんな部屋まで作っちゃって。」
と、笑う姉ちゃん。

確か一ヶ月前、牧野が怪我をして往診に来た医者に見てもらっている時に、なにやらエントランスが騒々しかったことがあった。
その時にババァに「何かあるのか?」と聞いたら、若干言葉を濁しながらも「ちょっと改装をね……」と言ってたのを思い出す。

俺たちのために着々と準備を進めていたというわけか。

「姉ちゃん、ババァは?」

「書斎にいるはずよ。」

「牧野、結婚の報告に行こうぜ。」

「うん。」











3か月後



「だーからっ、部屋に入るときはノックしてから入れっ、宗太っ!」

「したよ。僕、ノックしたよ。」


牧野との甘い新婚生活はそれなりに満喫しているけれど、唯一俺たちの邪魔をするやつはこいつだ。

「司にぃ、今つくしにチューしようとしてたでしょ?」

「うるせっー。」

「ママとグランマが言ってたよ。
司にぃはデレデレしすぎだって。」

その宗太の言葉につくしが吹き出してやがる。

「クソガキっ。
宗太、もう用意は出来たのか?」

「うん。あともう少しでジェットに乗るよ。」

「そうか。」

「司にぃ、…………
また冬休みに遊びに来てもいい?」

「ああ、……待ってる。」


結局、半年近くここで一緒に暮らした姉ちゃん親子が、今日でここを出ていく。
ジェットで半日あれば会える距離だとはいえ、さすがにこいつらがいなくなると思うと、邸が寂しくなるだろう。

「妹の面倒、きちんと見るんだぞ。」

「うん。わかってる。」

「ありがとな、宗太。」

「……なにがだよ。気持ち悪いなぁ。」

「うるせっ、クソガキっ!」


最後の最後まで俺と宗太の言い争いは続いているが、これでも俺はこのちいせー甥っ子に感謝している。

俺と牧野のデートをこいつに邪魔され、3人で動物園に行ったことをきっかけに、牧野がこの邸で暮らすようになった。
そのおかげで、今まで以上に牧野なしでは生きていけねぇ俺が出来上がっちまい、『結婚』まで猛スピードで駆け抜けた。

子供と遊ぶ牧野の姿に惚れ直し、牧野が待っている家庭の温もりに癒されて、家族というものへ憧れを持ち…………、

この数ヵ月で俺を成長させてくれたのは、
この目の前のガキだということは間違いない。



「おい、宗太。
おまえの部屋、そのままにしておくから、いつでも遊びに来い。」


俺がそう言ってやると、
「ラジャーっ!」
と、俺たちのキューピッドであるnephewが笑った。







Nephew Fin





ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!




Nephew これで終了です。
お付き合いありがとうございました。
はじめから終わりまで、付き合っている二人を書くのは意外にも初めてです。
ほのぼのとしたストーリーを……と思い書いてみました。

原作のストーリーでは山あり谷ありですが、その後の二人は静さんの結婚式のシーンにもあるように、ゆっくりとした恋愛をしていたのかなぁーなんて妄想してみました。

楽しんでいただけたら幸いです。

次回作品は月曜から始めたいと思っています。
なかなか毎日の更新が難しいこともありますが、これからもお付き合いよろしくお願いいたします!


司一筋。



スポンサーサイト



 2016_01_22


nephew 20

Category: nephew  





「俺の生涯、愛する女はおまえだけだ。
牧野、俺と結婚してくれ。」


この言葉に嘘はない。
文字通り、俺の生涯で愛した女はこいつだけで、それは今までもこれから先も変わらない。


「この指輪は、俺が初めて自分で働いて金を貰った時に、おまえのために作ったものだ。
いつかおまえにプロポーズするときはこれを渡そうと思ってた。
まさか、5年近くかかるとは思ってなかったけどな。
牧野、手出せ。」

俺のその言葉にゆっくりと手を差し出す牧野。
その薬指に俺は指輪をはめてやる。
そして、もう一度確認するように聞いた。

「牧野、俺と結婚してくれ。」

「……うん。お願いします。」


高校で運命のように出会った俺たちは、幾度も荒波に揉まれ何度も手を離しかけたが、それでも俺にはこいつが最高の女で、いつかこいつと結ばれたいと必死に願ってここまできた。
それが、お互いの最高のタイミングで『結婚』に辿り着けたのは奇跡だろう。


「牧野、」

「ん?」

薬指に光る指輪を嬉しそうに眺める牧野に、
「必ず幸せにする。」
そう言ってやると、答えのかわりに牧野からのチュッと軽いキスという超絶レアなお返し。

俺がそれで満足する訳がなく、主導権はあっさり俺が握り、膝の上に座っていた牧野をソファへと押し倒すと、出張明けの欲求をぶつけるかのように濃厚なキスを繰り返した。

俺的にはこのままベッドへ……と、そういう流れに持っていきてぇ所だけど、相変わらずこの女はそういう流れに乗るはずもなく、深くなる俺のキスに徐々にバタつき始める。

「道明寺っ、」

「なんだよ。」

「ちょっ、……んっ……まだ、話終わってない。」

「あとにしろ。」

牧野の抵抗なんて俺には慣れっこで、それをかわすくらいなんの問題もねぇと思ったその時、俺の背後で声がした。

「お邪魔だったかしら?」

振り向くと、そこには姉ちゃんの姿。

「おっつ、ビビったっ!」
焦る俺に、

「司、あんたはほんと成長してないわね。
高校生の時も嫌がるつくしちゃんを力ずくでベッドに押し倒して泣かせてたでしょ。」

確かに、牧野といい雰囲気になってベッドに押し倒したはいいが、恐くなったこいつが半べそになった所に姉ちゃんが乱入したという苦い記憶が思い出される。

「いい歳した今でも、あんたはつくしちゃんに無理矢理そういうことしてるのかしら?」

さすがに蹴りは入らねぇけど、俺を見る目が恐い姉ちゃん。

「ちげーよ。これは、……合意のもとだ。」

「ほんとかしら?つくしちゃん。」

「えっ、えーと、まぁ、そのぉー……はい。」

「そう。それなら、仕方ないわね。」

どう仕方ないのか、どう納得したのか、よく分かんねぇけど、俺のことを睨むのをやめた姉ちゃんは、逆にご機嫌な口調で言った。

「まぁ、あなたたちの新居だから自由にして頂戴っ。」

その言葉に固まる俺と、なぜか赤い顔の牧野。

「……新居?」

「あら?つくしちゃんから聞いてない?」

「なにがだよ、何も聞いてねぇぞ。」

そう答える俺に、姉ちゃんはさも楽しそうに言った。



「いつでもつくしちゃんがお嫁に来てもいいように、お母様がこの部屋を用意したのよ。
2ヶ月かけて改装した会心の出来よ~。」






ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!




いつもコメント、コメント拍手ありがとうございます。
昨日は「北海道は大雪です」と書いたところ、皆さんから「私は~に住んでます。」といったコメントを多数頂きました。
いつもお名前しか知らない皆さんですが、住んでいる地域を知っただけでなんだか身近に感じれて嬉しかったです。

私は北海道の道東地域にいますので、昨日は大雪でしたがそれほど悪天候にもならず今日は穏やかな一日でした。
ご心配頂きありがとうございま~す。


 2016_01_20


nephew 19

Category: nephew  





「道明寺、あたし、あんたに大事な話があるの。」



こういうときの牧野は要注意だ。
マジな顔で俺の顔色を伺うような態度で来るときは、あまり良くない話の時。
過去にも何度か経験がある。

合コンに人数合わせで行かなくちゃいけなくなったと言い出した時。
大学のサークルのメンバーで2泊の卒業旅行に行くと言い出したとき。
親友だと言い張る類への誕生日プレゼントに、遊園地へ二人で行くと言い出したとき。

全部、俺がNOと言った覚えのある話の時にするこの牧野の表情。
それを知ってるだけに、今そんな顔をされると、これからプロポーズをしようと思ってる男にとってはかなりダメージがでかい。


「なんだよ、話って。」

「うん、あのね、……ここじゃなくてちょっと場所移動してもいい?」

そう言い辛そうに言って、俺の腕を引く牧野。
そんなこいつに俺は黙って付いていく。

俺らの部屋がある邸の東から長い廊下を歩き、ダイニングや応接室を抜けて、邸の西部屋まで来たとき、牧野が1つの扉の前で立ち止まった。

そこは今まで客間として使われていた一室。
プライベート部屋は邸の東側を使っていた俺も、この客間の雰囲気や光の入り具合が気に入っていて、気分転換に度々使うことのあるこの部屋。
そこに、牧野が何の用事があるのか。

「この部屋がどうかしたのか?」
扉の前で聞く俺に、

「ん。……入って。」
と、背中を押す牧野。

訳がわからないまま言われた通り扉を開けると、そこには俺が想像していた客間の面影はどこにもなく、今までの倍近くあるスペースに落ち着いた住居空間が広がっていた。
そしてそこには、片付けたはずの牧野の荷物も置いてある。


「どういうことだ……」

「道明寺、あのね、この部屋の説明は後にして、あたし道明寺に話したいことがあるの。」

そう言ってヤバイときにする表情で俺をソファに座らせて牧野もその隣に座った。
そして、小さく深呼吸をしたあとに話し始めた。

「あのね、あたしね、この邸で過ごさせてもらうようになって色々考えたんだけど…………、あたしたちもいい歳になったし、そのぉー、お互いに仕事も順調に来ていると思うの。」

「……ああ。」

予想していた内容と違うもので、頷くしか出来ねぇ俺に、牧野は下を向きながら続ける。

「それにね、こうして暮らしてみて分かったんだけど、案外あたしお母さんとも気が合うみたい。」

「……ああ、俺もそう思う。」

「それとね、宗太くんと生まれたばかりの美琴ちゃんと一緒にいるうちに、あたしにも母性本能が芽生えてきたっていうか……、まだあたしたちも20代とはいえ欲しいときにすぐに授かるとは限らないし、それに、」

「…………牧野、」

「あたしたち、ここ数年そんな話はしてこなかったけど、でも、あたしはあんたとはそういうつもりで付き合ってきたし、」

はじめは良くねぇ話を想像してただけに、牧野が言う話が頭に入ってこなかったけど、ここまできて、この話の状況が掴めてきた俺は、逆に焦る。

「牧野っ、ちょっと待て。」

「道明寺もあたしも相変わらず仕事は忙しいけど、この2ヶ月この邸で一緒に暮らしてみて、思ったより二人の時間も取れたよね?だから、この先もこんな風に、」

「いや、待て牧野。それ以上言うな、」

「やだ、もう待たないっ!
だって、待ってても道明寺から言ってくれるとは限らないでしょ!
だからっ、あたしから言う。
道明寺っ、あたしと結……ンーーーッ」


牧野にその先を言わせねぇように、俺は咄嗟にこいつの口を手で塞ぐ。

「んーーーッ!っぬぐぅ…………どっ……」

「分かったから、落ち着け。
手、離してやるから何も言うなよ。
黙ってろよ。」

コクコク。

「絶対だな?
一言も話すんじゃねーぞ。分かったか?」

「ん。」
苦しそうにコクコク頷くこいつの口から手を離してやると、

「殺す気?あんたっ。」
と、ぜぇーぜぇー言ってる牧野を俺は両脇を持ち抱えあげると、向かい合うように俺の太ももに座らせてやる。

「ちょっ、なっ、なに?!」

「おまえさ、勝手にフライングすんじゃねーよ。」

「はぁ?」

「もしかして、おまえ俺にプロポーズしようと思ったのか?」

「…………だって、このタイミングを逃したら、またあたしたち大事な時期を逃しちゃうでしょ。」

下を向きながら恥ずかしそうに言うこいつが凶悪に可愛くて、俺は堪らずにキスをする。
そして、少しだけ唇を離して言ってやる。

「……牧野、俺は大事なタイミングも逃したりしねぇし、大事な言葉もおまえに言わせるつもりはねーよ。」

そう伝えると、NYからの長いフライトの間もずっとそこにしのばせていた大事なものを胸のポケットから取り出すと、牧野の目を見て言った。


「俺の生涯、愛する女はおまえだけだ。
牧野、俺と結婚してくれ。」





ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!


大雪のため仕事が休みになりました~。
なので、幸せいっぱいのプロポーズを……と朝から考えてたらこんな二人になりました。

雪で首都圏も大変なようですが、北海道は積雪1メートル越えです。
みなさん、お体ご自愛くださいね。



 2016_01_19


nephew 18

Category: nephew  




一週間の出張スケジュールを3日に凝縮させたのだから、死ぬほど辛かったのは言うまでもない。
なんとか予定していた業務を片付けてジェットに乗り込んだあとは日本までのフライトをただひたすら眠った。

日本到着は夜の10時過ぎ。
この時間なら牧野も仕事から帰ってきているだろう。

プライベート滑走路に降り立った俺は、邸のエントランスまで車を飛ばす。
その間、NYで何度も練り上げた『言葉』を頭の中でリピートする。

『牧野、おまえをこの先も一生大事にする。
だから、俺と…………』




使用人たちが待ち受けるエントランスを早足で駆け抜けて、邸の東部屋へと向かった俺は、牧野の部屋の前で立ち止まると、ゆっくりと扉をノックした。

「…………。」

「牧野?」

「…………。」

「開けるぞ。」

いつまでたっても返事のないその扉を開けた俺は、部屋の中を見て固まった。

ゆっくりと部屋の中へ足を踏み入れる。
そこは、この2ヶ月すっかり牧野の居場所となっていたはずの暖かみはどこにもなく、荷物もすべて消えていた。
元々そうだったように、ただの殺風景な客間へと戻っていたのだ。

『俺が戻るまで待ってろ。』
そうメールで送った俺は完全に牧野がまだこの邸にいると勘違いしていた。
でも、現実はそうじゃなかった。

そう思うと、体から一気に力が抜けていく。
「はぁーーーーー。
ったく、マジかよ……。
指輪まで用意して舞い上がってたのは俺だけかよ。」
そう呟きながら床に座り込む俺。
出張の疲れと、目の前の現実へのショックで、体育座りのまま頭を垂れる。


と、その時、
「道明寺?」
と、後ろから声。

聞き間違いか?と思った瞬間、また、
「道明寺、大丈夫?」
と、愛しい女の聞き慣れた声がする。

ガバッと顔をあげ後ろを振り向くと、そこにはタオルに包まれて顔だけ覗かせた赤ん坊を抱いた牧野の姿。

「牧野っ。」

「な、なに?そんな大きな声だして。
今寝たところだからシーっ!」

ガキを見ながらそう言って俺に人差し指を立てる牧野。

「そんなところに座り込んで、具合悪いの?」
小声で心配そうにそう言うこいつに、俺は無言のまま近付くと、ありったけの力で抱きしめてやった。

『あせらすんじゃねーよ。
おまえが出ていったかと思った。
もう、おまえの帰る場所はここ以外どこにもねーんだよ。』

そんな想いを伝えるかのように力いっぱい牧野を抱きしめた俺に、
腕の中のこいつは、あり得ねぇほどの大声で、…………叫んだ。


「ギャーーーーーーっ!
離せっ、ばかっ!」

「いってぇーっ。蹴るなってっ。」

「あ、あ、あんたっ、赤ちゃんが窒息するじゃないのっ!
ほんと、相変わらず無駄にバカ力発揮するんだからこの男は、もぉーっ、」

俺を睨みながらもガキを起こさねぇようにユラユラあやすこいつに、俺は思わず愚痴る。

「おまえが消えたかと思ったんだよ。」

「はぁ?消えた?」

「ああ。おまえ荷物どーした?
もう全部片付けたのかよ。」

綺麗になった部屋を見ながらそう言うと、
牧野は「あぁー、それね。」と呟いたあと、急に真面目な顔をしやがって俺に言った。



「道明寺、あたし、あんたに大事な話があるの。」










ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!





 2016_01_17


nephew 17

Category: nephew  




姉ちゃんが無事に子供を生んで退院の日が来た。
この間までガキだった宗太がいつのまにか兄貴面して小さい妹の世話をしている姿を見ると、兄妹っつーのはいいもんだなと笑える。

姉ちゃんの旦那もNYから駆け付けて一週間は日本に滞在するらしい。
産後一ヶ月は日本で過ごす予定の姉ちゃんとは、久しぶりに家族水入らずの時間を過ごせるだろう。


牧野は、昨日から京都に二泊で出張。
帰ってくる日の朝から、今度は俺がNYに出張。

「司、なに浮かない顔してるのよ。」

病院から邸に戻ってきた姉ちゃんが、ちいせー猿みたいなガキを抱っこしながら俺に言う。

「してねーよ。」

「してるわよ。寂しいなぁーって顔ね。」

「あ?」

「せっかく私がこの可愛い天使を連れて帰ってきたっていうのに、あんたは相変わらずつくしちゃんオンリーの男ね。」

「うるせっ。兄さんの前で余計なこと言うなっ。」

牧野の事をタマやババァの前でからかわれるのは慣れたけど、久しぶりに会う義兄さんの前ではさすがに恥ずかしい。
そんな俺に、

「牧野さんは元気ですか?」
と、いつも通り穏やかな口調で聞いてくる義兄さん。

「……ええ、まぁ。
元気すぎるっつーか……。」

「宗太が世話になったようで、ありがとう。」

「いえ、俺にとっても美味しい話だったので。」

宗太のおかげで牧野がこの邸で過ごすことができた。
それを暗ににおわせると、義兄さんも分かったようで、
「それはよかった。」
と、クスッと笑う。

そんな俺らを見て、
「男二人でなに笑い合ってるのよ、気持ち悪い。」
と、相変わらずの姉ちゃん。









NY行きのジェットの中で俺の携帯が鳴り、メールの受信を告げた。

「道明寺、お疲れ様。
私は無事に出張から帰ってきたよ。
すれ違いになっちゃったけど、道明寺も出張頑張って。」

牧野からのメールに顔が緩む。
そして、メールの画面を閉じようとしたとき、その下にまだ文章が続いていることに気付く。

画面をスクロールしていくと、緩んだはずの顔が固くなる。

「道明寺が帰ってくるの一週間後だよね?
お姉さんも退院したし、お姉さんの旦那さんもしばらくは邸で過ごすようなので、そろそろあたしはマンションに戻ります。
出張から戻ったら連絡してね。
久しぶりにあたしの部屋で鍋でも食べよう。」


牧野が邸から出ていく。
元々、一人寂しい宗太のために……とババァからお願いされて来てたのだから、姉ちゃんが退院した今、マンションに戻るのは当たり前のことかもしれない。

でも、牧野が邸にいる生活に慣れた俺にとって、あいつがあの家にいないのは……辛い。

今更だが、ここ何年も誤魔化してきた本当の想いが、一気に溢れ出す。
俺はあいつ以外考えらんねえ。
どんなときも俺の中心には牧野がいる。
今までも、この先も、
俺はあいつと一緒にありたい。

それには、当然のことながら『結婚』しかねーだろ。
ここ何年も封をしてきたその感情。
牧野のため……なんて言いながら、また断られるのが怖いのか。

進学、就職……と、若い頃に何度もそんな理由を付けて先伸ばしにしてきた『結婚』。
でも、今の俺たちにはどんな理由も当てはまらない。
そんな状況で、また『もう少し待って。』と、牧野に言われるのが怖いのか。

でも、牧野と一緒に暮らす甘さを知った俺にとって、もう待てそうにねーし、どんな理由を突き付けられても牧野の全部を受け止める覚悟もある。


牧野からのメールを見つめたあと、


『帰ったら話がある。
それまで邸にいろ。』


そう手早く打ち、
「西田、4日、いやっ、3日で仕事終わらせて日本に戻るぞ。」
そう告げた。







ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!





 2016_01_15




09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

フリーエリア

お金がたまるポイントサイトモッピー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.