FC2ブログ





あの日、三年ぶりに取った休みを牧野の家で過ごした。
着いて早々に俺が『つくしさんと結婚したい。』と告げると、心底驚いた顔で固まった牧野の両親。

俺の素性について詳しく牧野から説明すると、ますます頭を抱えた二人だったが、
あれから半年、すっかり俺とも打ち解けて最近では『道明寺さん』から『司くん』に呼び名も変化した。

そして、今日、『牧野』が『道明寺』になる。


明日にでも結婚したいと思ってしたプロポーズだったが、『結婚』というものはそう簡単にことが進むはずもなく、両家の顔合わせから結納、式場の打ち合わせ…………そんな諸々の事情で、すべてをやってるうちに半年もかかった。

そうして首を長くして待ち望んだこの日。
都内の小さなチャペルに親族と友人を集めたささやかな式が行われる。






着替えを終えた俺は式までのわずかな時間もじっとしていられず、新婦の部屋の前まで来ていた。
中からは牧野と誰かの話し声が聞こえている。

壁にもたれたままその声に耳を傾けていると、
ガチャっと音がして部屋の扉が開いた。

「司っ。」

「おう。」

部屋から出てきたのは滋と桜子。

「道明寺さん、こんなときでも先輩と離れてるのが寂しいんですか?」
桜子がそう言ってからかうが、それが本音だからしょうがねぇ。

「牧野の他に誰かいるのか?」

「いいえ。先輩だけです。」

その返事を聞いて中に入ろうとする俺に、

「司っ、新婦のドレス姿は式の本番までお楽しみでしょ!」
と、引き留める滋。

「ふざけんな。俺が誰よりも先にあいつのドレス姿見てーんだよ。
おまえらが先越してんじゃねーよ。」
俺は二人にそう言い捨てて部屋に入ると、後ろで桜子の「相変わらずですね」という呟きが聞こえた。







部屋の大きな鏡の前に真っ白なドレスに身を包む牧野の姿がある。
窓からの日差しで、スポットライトを浴びたかのようにそこだけがキラキラと輝いている。


「道明寺っ。」

「…………おう。」

あまりにその姿が綺麗で返事をすることさえも忘れるほど。

「牧野、すげー綺麗。」
そう言って、無意識に唇にキスをすると、

「もうっ、せっかく口紅塗ったとこなのにっ。」
と相変わらずムードのねぇこいつ。

「もう時間?」

「いや、あと15分ある。」

「……どう?このドレス。」

「ああ。悔しいけど似合ってる。」



マジで悔しい。
ドレスは、俺が牧野に似合うものを特別に作らせるつもりだったのに、結婚を聞き付けた姉貴が早々に帰国しやがって、牧野を引っ張り出し勝手にドレスを作りやがった。

それを聞いて怒鳴る俺に、
「こういうのは、男より女同士の方が話しやすいわよね。
それに、靴もティアラもつくしちゃんにピッタリなのをオーダーしといたわ。
当日が楽しみ~~~」
とかなんとか言いやがって、俺の怒鳴り声にもびくともしねぇ姉貴。

そのかいあって、今目の前にいる牧野は、
ドレスも靴もティアラも、完璧に似合ってる。


「牧野、ごめんな。」

「……何が?」
キョトンとした顔で見つめるこいつ。

「指輪もドレスも俺からじゃなくて、ごめんな。」

「何言ってるの。
あ母さんにもお姉さんにも、こんなに素敵なもの頂いて…………」

「だから、俺は決めた。」

「はぁ?」

「俺にしか出来ないものを送るって決めたんだよ。」

指輪もドレスも、プロポーズさえも先を越されたけれど、唯一、ババァと姉貴には出来ない贈り物がある。

「俺からの贈り物は、ハネムーンベビーだ。」

「…………。」

「なっ?俺にしか出来ねぇだろ?
俺はそのために今日から1週間休みを取ったんだぞ。
必ずプレゼントするから、安心しろ、なぁ牧野。



さっきまであんなに嬉しそうだった牧野の顔が、なぜだか曇っていく。

「なんだよ、嫌なのか?」
笑いながらそう聞いてやると、
俺の胸をバシッと叩きながら、
「ほんと、どうしようもないバカ。」
と睨む姿がすげー可愛くて、



俺は性懲りもなくまたキスをする。




あの日、あのとき、エレベーターでこいつに会ってから、たぶん俺は一瞬で恋に落ちた。
それからは急降下を加速するジェットコースターのように、牧野を知れば知るほど好きになった。
それは今も変わらずスピードを上げ続けている。



「牧野、俺のこと愛してるか?」


俺がおまえを愛してるのはもう伝わっているはず。


「愛してる、道明寺。」





そんな俺らの深くなるキスを咎めるかのように、部屋の外から
「そろそろお時間です」
と声がした。







Fin







ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!




『出来ない女と、しない男』これで完結です。
お付き合いありがとうございました。
予想よりも長いお話になり、読むのが大変だったのでは……と思いますが、無事に完結してほっとしています。

次回作はもう決めています。
1話目から急展開の予定ですのでお楽しみに。
書き上がったらアップします。
(急展開とか言っておきながら、書いてません笑)

それと、昨日でこのサイトが一周年だったようです。
皆さんのコメントで知った私です!
思いきって足を踏み入れた二次小説の世界ですが、1年で知らず知らずに400話も書き上げてしまいました。
皆さんから頂ける多くのコメント、拍手コメントがとても励みになり、楽しく続けることができました。
本当にありがとうございました。
一周年だからと言って何も企画していない私をお許しください(笑)

これからも頑張ります。

司一筋





スポンサーサイト



 2015_10_02





まさかババァが牧野に婚約指輪を渡すとは思っても見なかった。

でも、その指輪は俺が想像していたのよりはるかに安価なものに見える。

「牧野、指輪は俺が買う。
だから、これじゃなく、おまえの好きなものを選べ。」
そんな俺の言葉に、

「道明寺、待って。
……あのぉ、これは社長のものですか?」
と、その指輪とネックレスを見ながらババァに聞く牧野。

「ええ。
これは、私の祖母が婚約の時に祖父から送られたものよ。
それを母に、そして私に。
そうして受け継がれてきて、あなたで4代目になる。」

「それをあたしに?」

「ええ。道明寺の嫁になるなら、この指輪が一番相応しいわ。」

そんな代々受け継がれてきた指輪があったなんて俺も知らなかった。
そして、それをババァは牧野に……。

「あたしで、……いいんでしょうか。」

隣に座る牧野が、少しだけ震える声でそう言った。

「あなたがいいのよ、牧野さん。
私は社長として、それから母親として司に求める理想像があるの。
社長としては、早く私の右腕となって次期社長の自覚とスキルを磨きあげること。
これは、私がバシバシと鍛えるから心配いらないわ。
そして、もうひとつ母親として求めることは、
愛する人を見つけて、心安らぐ場所を得ること。
司の人生はこれからも試練の連続。
だからこそ、司が心を許したあなたにずっと側にいて貰いたいの。」

ババァは俺と同じような人生を歩んできた先輩だ。
いくつもの試練にぶち当たり、挫折と孤独を味わってきたに違いない。
そして、そんなとき必要なのは、俺が牧野に感じているような暖かい温もりだと分かっているんだろう。

「……分かった。
少し牧野と二人で話させてくれ。」
俺はババァにそう頼むと、牧野の手を握り部屋を出た。







東の角にある俺の自室に牧野を連れ込むと、そこにある特注で作らせた大きなソファにこいつを座らせる。

そして、俺もそのとなりに座ると、牧野の体を俺の方に向け、まっすぐに牧野の目を見つめた。

「牧野、」

「ん?」

「…………嫁に来るか?」

「…………。」

「……なんとか言えよ。」

沈黙に耐えられなくてそう言うと、

「今のは、ほんとのプロポーズ?」
と、聞く牧野。

フライングが多すぎて、プロポーズを真に受けてもらえねぇのは心外だけど、

「これはマジなやつ。」
と真顔で言ってやる。

すると、
「……嫁になってもいいの?」
と、聞き返すこいつ。

「ああ。なって欲しくてたまんねぇ。
指輪もプロポーズも、ババァのせいですげーメチャクチャだけどよ、俺の気持ちはずっと前から決まってる。
……牧野、俺の嫁になってくれ。」


小さく頷く牧野を抱きしめて、耳元にキスをする。
まさか、こんなダサいプロポーズになるとは自分でも想像していなかった。
けど、俺は牧野と出会ってから計算外が茶飯事だ。

今までの俺を変えていくこいつ。
そして、それが嫌じゃねぇ俺。
ババァの言う通り、こいつが俺の安らげる場所だ。




「牧野、明日こそ空けておけよ。」

「え?」

指輪はババァに先を越された。
でも、他にやるべきことがある。

「おまえの実家に行くぞ。」






ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!

そろそろラストです。



 2015_10_01





俺のため……?

「俺に会うためにこのエレベーターに乗ってるのか?」

「最初はそうじゃなかったけどっ……、
でも今は…………、」

たぶん、牧野がこのエレベーターを使うようになったはじめの理由は俺の想像通りだろう。
だけど、今は違うらしい。

いつも俺が追いかけてばかりの二人の関係は、そうでもないんだと教えてくれたこいつ。

25階についてエレベーターを降りようとした牧野の腕をつかみ、
「なぁ、牧野」
そう声をかけると
「ん?」
と言って俺を見上げるこいつ。

「明日の夜、空けておけ。」

「明日?」

「ああ。」

そのあとは、『指輪を見に行こうぜ。』
そう言う俺に、照れ臭そうに『うん。』と返事をする……そんな牧野を想像していたのに、返ってきた答えは、

「明日は無理。予定があるの。聞いてない?」と、キョトンとした顔のこいつ。

「あ?なんだよ、なんにも聞いてねーよ。」

「え?ほんと?
社長から、いや、道明寺のお母さんから家に電話が来て、明日邸に来ないかってお誘いされたんだけど、ほんとにあんた聞いてないの?」

ババァのやつ!
また俺に内緒でそんなことしやがって!

「聞いてねぇぞ。マジかよあのババァ。
せっかく苦労して明日の夜、時間空けたのによっ。」

「あたし、道明寺も一緒にいてくれると思ってたからオッケーしちゃったけど、もしかして呼ばれてるのはあたしだけなの?」
困惑顔の牧野。

「何時にいく予定だ?」

「7時。」

「わかった、俺も付いて行く。」

本当は7時に食事をしたあと、その足で銀座のジュエリーショップに立ち寄る予定にして、店を貸しきっていた。

「しょーがねぇな。」
苦い顔で俺はそう呟いた。










次の日、牧野を家まで迎えに行き、車に乗せて邸までやって来た。
リビングに入ると予想していたのか、俺の顔を見て
「仕事はサボってないでしょうね。」
と嫌みを言うババァ。

場所をダイニングに移動して、3人で食事をする間もババァは終始ご機嫌だ。
いつもの冷徹な表情と口調は変わらねぇけど、牧野を見る目が柔らかい

「出身はどちら?」
「ご家族は?」
「どうして道明寺HDに?」

どこかの面接官かのように、牧野を質問攻めにする。

「もうその辺にしとけよ。
質問ばっかでこいつも疲れるだろ。」

「……ごめんなさいね。
でも、きちんと聞いておかないと。
家族になるんですから。」


『家族』
その言葉に今までとは違う感情が沸き起こる。
牧野のことを『好きな女』でも『愛する女』でもない、『家族』という呼び名で呼ぶ。
それは嬉しさと同時に身の引き締まる思い。

「牧野さん、あなたに見せたいものがあるの。」

ババァはそう言って立ち上がった。
そして、俺らを連れて自室の隣部屋へと入った。
そこはババァの衣装や靴、アクセサリーなどが保管されているドレッサールーム。
俺もはじめて入る部屋だ。

その部屋のソファに俺らを座らせ、ババァは奥のクローゼットへと消えた。
そして、戻ってきたババァは手に長方形の平たい箱をもって現れた。

そして、それを牧野の前に置き、
「あなたに受け取って貰いたいの。」
そう言ってその箱を開かせるよう牧野を促した。

恐る恐る開いたその箱には、どこにでもありがちなネックレスとリングのセット。
ダイヤだと思われる石は1カラットもない簡素なもの。

「なんだよ、これ。」
そう言う俺に、

「婚約指輪よ。」
と、さも当たり前かのように言い放ったババァ。

それを聞いて俺は叫ばずにはいられなかった。

「ふざけんなっ!
プロポーズも俺より先に言いやがった上に、指輪まで先に渡す気かよっ!
少しは俺に譲れっ!」




ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!

遅くなりました。
月末業務でバタバタですよっ!





 2015_09_30






ババァの出現と突然のフライングプロポーズで、俺もゆっくりしていられなくなった。
早く牧野に合う指輪を用意して、自分の口から結婚を切り出したい。

そんな俺は、夜景の綺麗なレストランを予約して、最高のワインで乾杯をし、一生に残るプロポーズをするために、ここ数日急ぎの仕事を片付けて何年かぶりに休みをとるべく頑張っていた。

そして、なんとか明日の夜から明後日にかけて時間を作ることができ、それをすぐにでも牧野に伝えたくて25階のフロアまで下りてきていた。

栄養管理課。
久しぶりに入るその部屋。
トントンと軽く扉をならしてドアを開けると、中には年配の女性社員が二人いるだけ。

「専務っ!」
俺の顔を見て驚いて立ち上がるのを制して、

「牧野は」
と聞いてみる。

「あっ、えーと社員食堂の方に行ってます。」

「今ごろ休憩か?」
腕時計はすでに1時半を回っている。

「いえ、メニューの打ち合わせです。
もうすぐ戻ると思いますけど……ここで待ちますか?」

「……いや、行ってみるからいい。」
俺はそう言って管理課の扉を閉め、手近なエレベーターの前まで行き、下のボタンを押して待っていると、管理課のドアが開きさっき話した女性社員が
「専務っ。」
と俺を呼ぶ。

「……あ?」

「あのっ、牧野さんならそのエレベーターには乗りません。フロアの一番奥にあるエレベーターで上がって来ると思うので……。」

「おう、サンキュ。」

そう言われてみれば、確かにあいつはあのエレベーターに乗ってることが多い。
そのおかげで俺とも出会えた。

自分の課から一番近くて、社食にも行きやすいこのエレベーターに乗らないのはなぜか。
そう考えながら奥のエレベーターの前まで行くと、俺は社食の階まで下りていった。





社食の階に着くと、ちょうど牧野がエレベーターの方へ歩いてくるところ。
書類を見ながら歩いているせいか、俺の存在に気付かず、俺の横を通りすぎ、エレベーターの前で立ち止まる。

そんなこいつの後ろ姿に、
「おい、俺を無視するなんていい度胸だな」
と声をかけると、

「わっ!」
とすげー驚いて書類まで落としてやがる。

「バカ。」
落とした書類を拾ってやると、

「驚かさないでよっ。なに?今から食事?」
と相変わらずボケボケな女。

「ちげーよ。おまえのこと探しに来た。」

エレベーターの扉が開き二人で乗り込む。
向こうのエレベーターと違って、このエレベーターはほとんど人と会うことがない。

「なぁ、なんでおまえ、このエレベーターを使うんだよ。
向こうの方が近くて使いやすいだろ。」

「…………、別に?」

「わざわざ遠回りして、別に……かよ。」

「…………。」

言葉を濁すこいつに、俺の勘が当たっていることを確信する。

「会いたくねぇやつでもいるのか?」

「…………。」

「あいつだな。」

「はぁ?」

「徳井だろ。
まだあいつ、おまえにちょっかい出してるのかよっ。懲りねぇやつだな。」

「違うっ。そうじゃないって。」

「なら、なんでコソコソすんだよ。」

隣に立つちっせー牧野の頭をグリグリと苛めてやる。

「痛いって。やーめーて、道明寺。」

「なら、あの男にこの100倍の力でやってやるか?俺はまだあいつの名刺持ってるからな。
裏に書いてある携帯に今すぐ電話して専務室まで呼び出してやる。」

エレベーターの中でじゃれつく俺ら。
もうすぐ管理課のある25階。

「道明寺、分かったから、とにかく離して。
あんた、誰か来たらどーすんの?」

「おまえが白状したら離してやる。」

牧野の首に手を回し体を拘束してやる。
エレベーターが開くまであと数秒。
開いたときに誰かいたら、……アウト。

その状況に追い詰められた牧野が白状した。
それは、予想の上をいく言葉。

「道明寺が使うからでしょ!」

「……あ?」

「あんたが、このエレベーター使うから、あたしも乗ってるだけ。
これに乗れば、あんたに会えるかもしれないでしょ!バカっ。」







ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!

 2015_09_29







ババァが帰ったあと、大河原邸に残された俺たちに、

「つくし、あたしも叔母さんと出掛けてくるから。今日はそのまま実家に泊まるから、あとはよろしくね。」

そう言って滋が出ていった。

「道明寺、ご飯は?」

「あ?……そういや、まだだな。」

西田にババァがここへ向かってることを聞かされて、仕事も途中で駆け出してきた。
ご飯を食べることさえもすっかり忘れていた。

「魚の煮付けだけど食べる?」

「ああ。食う。」

即答で答える俺。
牧野の料理はどれもうまい。
家庭の味を知らない俺にとって、初めてこれがそれなんだと感じさせてくれた味だ。

「すぐ用意するけど、先に着替えてきてもいい?」

「ああ。」

会社から帰ってきてそのままだったのか、仕事モードの牧野。
着替えのために自分の部屋へ入っていく。
それをソファに座って見送ったが、数分で俺も立ち上がった。

「牧野、入るぞ。」

牧野の部屋の前でそう声をかけ、返事を待たずに扉を開ける。
部屋の中にはブラウスのボタンに半分ほど手をかけた牧野の姿。

「ちょっと、着替え中!」

「牧野、桜子は?」

「……NYに出張中だけど。」

滋は実家に、桜子はNY。
今日、ここにいるのは俺らだけ。

「牧野、食事はあとにしようぜ。」
そう言って牧野のブラウスの残りのボタンに手をかける俺を、

「道明寺っ、何考えてんのっ。」
と睨み付けるこいつ。

「誰も帰ってこねーんだろ?
せっかく二人きりなんだから有効に使おうぜ。」

まだ何か文句を言いたそうな牧野の口を塞ぎながら、残りのボタンを外していく。
10日ぶりか…………。
デートでの別れ際、車の中で軽く触ったりはしていたが、こうやって抱くのは10日ぶり。

最近は、マスコミがどこで待機しているか分からない。
だから、頻繁にホテルに出入りすることも躊躇われる現状。
もっと牧野と一緒にいたい。もっと牧野に触れたい。
俺のそんな欲望だけが膨らんでいく毎日。

そんな欲望を満たすかのように、部屋を暗くして、ベッドに寝かせた牧野を丁寧に愛撫していく。
こいつの身に付けているものをすべて取り去り、俺もネクタイとシャツを手早くベッドの下に放り投げた。

吸い寄せられるように牧野の固くなった乳首を口に含み、コロコロと舌で転がしていく。
それと同時に、少し湿り気の出てきた秘部に優しく中指を這わせると、トロッとした液体が指に絡み付いてきた。

ゆっくりと指を中へ差し入れていくと、その刺激に背中を丸めて縮こまる牧野。
そんな牧野をうつ伏せにさせ、白くて綺麗な背中にキスを落としていきながら、中指はもう牧野の感じるスポットをとらえている。

指をかき混ぜると、ぐちょぐちょと俺の脳を痺れさせる音。
うつ伏せのままお尻だけを持ち上げて、その音がなる秘部をいやらしく攻め立てると、
「道明寺……」と切なげに俺を誘う声。

素早くズボンを脱ぎ捨てて、ゴムをつけると、
トロトロになった牧野の中へ、限界まで大きくなった自分を挿し入れた。







部屋中から香る牧野の匂いに包まれて、心地よい疲労感に酔いしれる俺。
帰ってこないと分かっていても、同居する相手がいる家での隠れた行為。
鍵も付いてない部屋でするそれは、牧野にとってはスリル以上に緊張したに違いない。

いつもなら終わったあとも裸で抱き合って過ごすが、今日は一応、牧野にいつもの部屋着のパーカーを着せてやった。

「俺、今日、ここに泊まっていくかな。」

「はぁ?ダメダメ!」

「なんでだよ。」

「だって!…………そういうんじゃないもん、ここは。」

牧野の言いたいことは分かる。
お互い付き合ってるやつがいても、この家に泊まらせるようなルーズな生活は滋も桜子もしていないはず。
もし、頻繁に男が出入りしてるような家なら、それこそ危なくて牧野を置いておけねぇ。

「なら、メープルに行くか?
それとも、俺の邸に行ってみるか?」

「はぁ?」

「ババァもさっきおまえに、今度邸に来いって言ってただろ。」

「それはそうだけど、いくらなんでも今日じゃないでしょ。」

まだ体が火照ってるのか、頬を赤くしてそう睨み付けてくるこいつが可愛くて、柄にもなく本音の甘えが出る。

「牧野、場所なんてどこでもいい。
俺はおまえと、このまま一緒にいてーんだよ。
なぁ、いいだろ?
今日は俺と一緒に過ごせ。」

そう言ってこいつの赤い頬をつまんでやる。
すると、少しだけ考えたあと牧野が言った。




「お魚どうする?食べてからいく?」

「もちろん、食う。」





ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!











 2015_09_28




09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

フリーエリア

お金がたまるポイントサイトモッピー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.