FC2ブログ




ジューンブライド。
昔から6月の花嫁は幸せになるという言い伝えがあるのを、あの滋が無視するはずがない。

メープルホテルで盛大に開かれた武田氏と大河原の結婚式。
こだわり抜いただけあって、それなりに俺から見てもいい式だった。

「こんなすごい結婚式、見たことないわ。」
そう言いながら二次会の立食式パーティーの料理を頬張る牧野。

一次会の披露宴は席が決められてあり、俺とババァが同じテーブルに座れと言ったのに、断固として断りやがったこいつ。
「あんなメンバーの中に座れないっ。」
と言って友人席に優紀と一緒に座った牧野はそれはそれは楽しそうに披露宴に出席していた。

俺はと言えば、財界のジジィたちの面白くもねぇ話に付き合わされて二時間が苦痛以外の何ものでもなかった。
唯一の救いは、俺の席から牧野が見えること。
あいつの嬉しそうな顔を見ただけで、こっちの顔まで緩むからヤバイ。

「デレッとしないで。恥ずかしいわ。」
そう小言を言うババァは無視して、目線はほぼ牧野に集中。
おかげでほとんど滋を見ていなかったことに今更ながら気付く始末。


「おまえ食べ過ぎじゃねぇ?」

「だって、披露宴ではほとんど食べれなかったんだもん。」

そう言って皿いっぱいに料理を取っている牧野。
確かに、披露宴では滋のドレスに見とれてたり、二人の出会いのエピソードに感動したり、両親への手紙に涙ぐんだり、料理どころじゃなかったこいつ。

「なぁ、俺らもこんな結婚式にするか?」

「はぁ?まさか、やめてよっ。」
相変わらず可愛くねぇ口。

「だっておまえすげー感動してただろ。」

「それはそうだけど…………。
あたしはもっと小さくて身内だけの結婚式でいいの。」

そう言う牧野の頭を優しく撫でてやる。
そこに今日の主役である滋が近付いてきた。

「つくし~、今日はありがとう。」
そう言ってドレス姿で牧野に抱き付く滋。
そんなこいつを牧野から引き離して、

「抱き付くなっ。今度するときは俺に許可を得てからしろっ。」
そう言ってやる。

「相変わらず、束縛半端ないね、司は。
今に逃げられるよつくしに。
ねっ、つくし。マリッジブルーの女は何しでかすか分からないよね~。」

「いや、……別に、マリッジブルーとか……」

「ほらっ、もう逃げたくなってるよ。」

「うるせー、牧野、おまえマリッジブルーなのか?っつーか、その何とかブルーってなんだよっ。」

「……アホだ。……究極のアホだ…………。」

「うるせー、滋。」


そんな俺らのいつものじゃれあい。
そんな風に出来るこの関係が居心地いい。


「つくし、これ。」

そう言って滋が牧野に差し出したのは、ドレスと同色で作られたパープルとピンクのグラデーションブーケ。

「滋さん…………。」

「ほんとはもう結婚決まってるつくしには必要ないものかもしれないけど、どうしてもつくしに受け取って欲しかったから。」

「滋さん…………ありがとう。」
そう言ってまた涙ぐむ牧野。

「お互い幸せになろうね、つくし。」

「うん。」

「俺に任せろ。」





半年後、俺たちは結婚する。
牧野の希望どおり、小さなチャペルで親族だけが集まった結婚式。
見栄や世間体を気にするババァも、牧野のそんな希望に何一つ口を挟まなかった。

不思議に思った俺が、
「ほんとにいいのかよ。あとでグダグダ文句言うなよっ。」
そうババァに言ってやると、

「いいませんよ。
どうせ、私が反対してもあなたたち二人は何一つ言うこと聞かないじゃない。
出会った頃からイヤというほど思い知らされてきてますからね。」
と不適に笑った。



牧野とババァは俺の心配をよそに、案外仲良くやっている。
式の打ち合わせも俺と行くよりババァと行く方が多いし、帰りに食事して帰ってきたりと昔の関係からは想像もつかない仲だ。

今だって、俺の結婚相手にと娘を紹介したがってるおやじたちに、
「司の相手はあの子以外あり得ませんから。」
と牧野を見て笑ってやがる。

そんな牧野は滋から貰ったブーケを大事に持ったままシャンパンに夢中だ。

「道明寺、これすごく飲みやすいよ。
ジュースみたい。ごくごく飲めちゃう。」

「バカっ、飲みすぎるなよ。
ババァが向こうから監視してるぞ。」

「ゲッ!!」

そんな牧野に言ってやる。

「それによ、昨日も子作りしたんだから、もしかしたら出来てるかもしれねーぞ?
しばらくシャンパンはお預けだな。」








Fin



ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!


ドクター、お付き合いありがとうございました。
次回作、まだ検討中です。
何かご希望ありましたらコメントくださーい。













スポンサーサイト



 2015_08_17





「道明寺、あたし明日仕事だからねっ、
外来担当だから忙しいの、
それに、もう若くないし、
体力もそんなに…………、んっ……」


あたしの部屋に戻るなり、道明寺からの熱いキス責めに合う。
キスの合間に発したさっきの言葉も聞いてるの聞いてないのか…………。
あたしがこんな言葉を言うのには理由がある。

今まで何度となく道明寺と肌を重ねて来たけれど、その度に限界まで昇らされてきたあたし。
6年たった今もキスだけで分かる。
道明寺の愛撫は昔と全然変わっていない。
むしろ、激しさを増して、あたしを翻弄する。

「シャワーっ。」

「あとで。」

「先にっ。」

どんなに時間がなくても、どんなに欲してても、道明寺に抱かれるときはシャワーに入りたい。
だって、こいつはあたしの全身くまなくキスをおとすから。
特に敏感なところは念入りに舌を入れて攻撃してくる。

道明寺から逃げるようにバスルームに駆け込むあたし。
それをネクタイを外しながら色気駄々漏れの顔で
追ってくる道明寺。

結局、6年ぶりに見せる体はバスルームで大きな手に綺麗に洗われた。
長い指がイタズラにあたしの中を出入りして、
恥ずかしさと気持ちよさに甘い声が漏れ出す。

完全にあたしの中が疼いてどうしようもなくなった頃合いで、バスルームからベッドへと移動した。

ベッドのふちに座る道明寺を跨ぐようにして座らせられるあたし。
キスされながら両胸を揉まれていく快感に堪えられなくなり、

「道明寺…………」
とお願いすると、

少しだけニヤッと笑って
「挿れるぞ。」
と言った。



そこからは、完全に道明寺のペース。
何も付けない道明寺の硬い塊にゆっくりと腰を沈めさせられて、下から優しく突き上げられる。
堪らなくて道明寺の肩にしがみつくと、道明寺からも甘い吐息が聞こえてキュンとなった。


「やべぇ、すげー気持ちぃ。」

「…………んっ。」



何度もキスをして、何度も抱き合って、いくつも体位を変えながら夢中で愛された。








冒頭の言葉。
それをあたしは朝日が差し込めたベッドの上で、もう一度道明寺に訴えていた。

「もうっ、今日は仕事だって言ったのに。
今日、結構ハードな日なのにっ。
それに、もうそんなに体力ないって言ったでしょ。」

そんなあたしの訴えにも甘い顔で笑いながら、
「俺的にはあと2、3回はいけるぞ。」
と恐ろしいことを言ってくる。

「信じらんないっ。
…………あと少しだけ寝ていい?」
眠い目を閉じながら言うと、

「おう、時間になったら起こしてやる。」
そう優しく言って髪を撫でてくれた。







短いけど夢を見た。
道明寺とメープルの並木道を手を繋いで歩いている夢。
幸せそうな二人。

大丈夫。
現実のあたしたちもこんな風に幸せになろうね、
道明寺。




ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!

明日でラスト。




 2015_08_16






1週間前ぶりに牧野から連絡が入った。

『整理してから。』

あいつが俺と向き合う前に整理することと言えば…………ムカつくがあのドクターの顔が浮かぶ。

呼び出された場所に行くと、
「お腹すいてない?」
とかわいい顔で聞きやがる。

「おまえは?」

「すきすぎて死にそう。」
これが、
「好きすぎて」ならすげーいいのになぁ、なんてバカなことを考えてるうちに、

「お蕎麦食べに行こう。」
と歩き出す牧野。

牧野おすすめの鳥南蛮ソバを食いながら、気になってることを聞いてみる。

「おまえ、この間言ってた『整理』っつーのは、出来たのかよ。」

「ん?ああ。うん、まぁね。」
軽い口調の返事に不安がよぎる。

「で?なんて言ってた?」

「えっ?いやー、別に……、まぁ、頑張りなさいって、感じかな。」

「何だよそれ、ずいぶん上から目線だなあいつ。


「あいつって、あんた。まだそんな呼び方してるの?」

「あ?じゃあなんて呼べばいいんだよっ。
ドクターか?児島ドクター?ミスター児島?」
箸を置いて詰め寄るように聞いてやると、
ポカーンとした顔をしたあと、

「プッ…………フフ……アハハハァーーー。」
となぜか大爆笑のこいつ。

ひとしきり笑い終わったあと、
「ごめんごめん、それ忘れてたわ。」
とか、意味不明な言葉を言いながら俺をみる。

「ごめんっ。児島のことは忘れて。」

「……あ?」

「あいつとはただの友達。」
おまえもあいつとか言ってんじゃねーかよ、と思いながら思考が後から付いてくる。

「友達?」

「そ、友達。大学時代からの腐れ縁かな。
あいつね、実家が病院のすぐ側だから、ご飯食べに行かせてもらったり、着替えを頼まれたり、色々周りから誤解されることもあるんだけど、
正真正銘、ただの友達。
あっ、道明寺、お蕎麦のびるよ。」

「おまえさーっ、」

どんだけ俺がやきもきしたと思ってんだよ。
どんだけ西田にあたったと思ってんだよ。
あとで西田に謝れよ。
ったく、俺と別れてすぐにあいつと付き合ったと聞いたときは、マジで悔しかった。
俺と付き合ってたのは二年弱だったけど、それから6年はあいつと時を重ねたのかと思うと、居たたまれない想いだった。

そんな文句も全て飲み込んで、
「おまえさーっ、…………
俺のことどう思ってる?」
目の前の愛しい女に、直球で聞いてみた。

「ちょっ、ちょっと、こんなところで何よ。」

「場所なんてどーでもいい。
おまえの気持ち聞かねぇと、進まないだろ、俺たち。」

「……けど、……そうだけど、……でも、」

それでもクダクダ言ってるこいつに、6年前聞けなかった言葉をぶつける。

「牧野、俺と生きてく覚悟はあるか?」

好きか?
愛してるか?
そんな言葉よりも俺はこの答えが知りたい。
6年前、臆病だった俺は牧野に聞けなかった。
答えが分かってたからだろう。

表向きは滋との政略結婚が原因だったけど、俺たち二人のなかでは分かっていた。
そんなことが理由じゃない。
本当の理由は、
俺と生きていく覚悟がない牧野と、
そんな牧野を縛りたくなかった俺。


6年たった今、同じ女に、今度は真っ正面から聞いた。
それは、自信があったから。
牧野を守り、牧野の覚悟が出来るまで、側で愛し続ける。
そんな自分の想いに自信があったから。


「道明寺…………、あたし、」

「俺の側から離れるな。」
6年前も何度となく言った言葉。
そんな俺の言葉に、

「……うん。……もう大丈夫、覚悟は出来たから。」
そう言って笑う『今』の牧野。






「あのさ、あんたってそんなに蕎麦好きだった?」

「あ?」

「いや、だって、すごいスピードで食べてるから。もうひとつ頼もうか?」

バカ女。

「おまえも早く食えよ。
そんで、部屋に戻ってこの間の続きしようぜ。」




ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!




 2015_08_14






道明寺に向き合う…………、
その前にもうひとつあたしにはやらなくちゃいけないことがある。

震える手で電話をかけた。
どこにかけていいのか分からずに、とにかく調べ得た代表番号に電話した。

『牧野つくしが社長と話したい』
そんな小娘の言葉に、戸惑っていた電話の相手も、数分誰かと相談したのち、
『折り返し日時を知らせる』と言ってきた。

とにかく、誰の手も借りずにもう一度あの魔女と戦ってみる覚悟はある。
6年前のあの頃とは違う。
またダメかもしれない。
許されるはずがない。
だけど、もう逃げない。


次の日、携帯に連絡が来た。
久しぶりに聞く西田さんの声。
「お久しぶりです、牧野さん。」

「はい。お久しぶりです。」

「本日、お時間空いてますでしょうか。
社長が牧野さんとお会いしてもいいとおっしゃってますが。」

「はい。いつでも。」

慌てて仕事の時間を調整した。
慌てて着ていく服を選んだ。
そして、呼び出された道明寺HDの社長室。

ここは、あたしが最後に魔女と会った場所。
ここで、息子には金輪際近付くなと言われた場所。
そこに6年ぶりに行く。
そして、今度はあたしが言う番。
道明寺を下さいと。





*********************

司の秘書である西田から連絡が入った時点でなんとなく予想が付いた。

「牧野つくしさんから会いたいと連絡がありました。」

6年ぶり、彼女と会う。
司が愛した唯一の女性。
それは昔も今も変わらない事実。

1週間前、司が珍しくこのオフィスに顔を出した。
プライペートでは絶対にないこと。

「どういう風の吹き回し?」
苦笑する私に、

「お願いがあります。」
そう言って突然膝をついた。

「牧野ともう一度やり直させて欲しい。
お願いします。
俺には……あいつが必要なんだ。」

情けない。
だらしない。
道明寺HDの次期社長が一人の女性のために膝をついて頼み込むなんて。

そう思う人もいるだろう。
だけど、私はこんな息子の姿を待っていたのかもしれない。



今、私の目の前にいる6年ぶりに会う彼女も、
昔と変わらず澄んだ意思の強い目で私を見つめて言った。

「お願いします。
もう一度、道明寺とやり直させて下さい。
あたし分かったんです。
どうしても道明寺がいいんです。
お願いします!」



アラブの石油会社のハマドが先月私に言った言葉を思い出す。

「司は仕事人間だと思っていた。
どんなに良い条件を出されても、人間味のない司との仕事は乗る気にならなかった。
だけど、僕の勘違いだったようだ。
司は誰よりも熱い人かもしれない。
とても彼に興味をもった。
解消した道明寺との契約をもう一度考えてさせて貰えないだろうか。」


彼女と別れてからの6年、司は感情を必死に押し殺してきた。
それは、母親である私にははっきり分かった。
それが数ヵ月前から少しづつ変化していた。
原因は……言わなくても分かる。
タマの怪しい動きもその一つ。
自然と私の口許も緩む。


その時からだろう、私はこうして彼女がこのオフィスに来ることを待ち望んでいた。

「許して貰えなくても諦めません。
何度でもお願いに来ます!」

そう言って深く頭を下げる彼女に、私はデスクから立ち上がり側まで歩いていく。

「牧野さん、あなた何も分かっていないわ。」

「……え?」
固い表情で顔をあげる彼女。

「許すも許さないも、それを決めるのはあなたよ。」

「……どういう……」

「6年前、私はあなたたちの覚悟が知りたかったの。
あなたと司の本当の覚悟。
司と生きていくということは、並大抵の覚悟じゃつとまらないわ。
政略結婚なんて序の口よ。
それを目の前にしてあなたはどうするか。
それなのに、6年前のあなたはあっさり身を引いた。
司と生きていくことを自ら手離したのよ。」

「………。」

「あなたにとって、司はそれまでの男だった。」

「……あの頃のあたしは……言われた通り覚悟がありませんでした。
道明寺のいる世界には行けないと思っていたし、道明寺もあたしの世界には来れないと思ってた。
けど、あいつと離れてみて分かったんです。
道明寺のいない世界なんてなんの意味もないって。」


司も同じことを言っていた。


「あいつなしでは生きてる意味がない。」


バカな二人だこと。
こんなに時間がかかるなんて6年前は思っても見なかった。
別れてもすぐによりを戻すだろうと考えていた私の思いとは裏腹に、不器用な二人は感情を押し殺すことを選んだ。

到底、隠しきれるはずがないのに。



「牧野さん、司と生きていく覚悟はおあり?」

「……はいっ!もちろんっ。」







ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!







 2015_08_12






その番号を押したのは、6年ぶり。



「もしもし。」

「…………。」

「もしもし?」

「……つくし?」

「滋さん……。」



お互いそれ以上は電話で話せなかった。
ただ、約束の時間と場所を決めて電話を切った。
そして、今日滋さんと6年ぶりに会う。





「つくし~っ。こっちこっち!」

「滋さんっ。」

長年のブランクを感じさせない再会。
それが滋さんの気遣いだってことは分かってる。

「元気だった?」

「うん。滋さんは?」

「見ての通り元気元気!」

滋さんのおすすめのイタリアンを囲み、仕事の話や疎遠になってた桜子のことなどでひとしきり盛り上がった頃、あたしは鞄から例のものを取り出した。

「滋さん、これ。」

「あっ、司から受け取ってくれたの?
絶対来てね。今から空けといてよ。」

結婚式の招待状。
それを見て幸せそうな滋さん。

「滋さん、」

「つくし、あたしずっとつくしに謝りたかった。
ごめんね。ほんとごめん。」
急に頭を下げる滋さんにあたしは慌てて、

「滋さん、やめてよ。」
と言ってとめる。

「分かってた。
司とつくしの間に割り込む余地なんてないことは。
でも、政略結婚でもいいと思った。
いつか、司があたしを見てくれる日が来るかもしれないと思ったから。
でも、全然ダメ……」

そう言ってあはは……と笑う滋さん。

「どんなに誘惑しても指一本触れてこないのあいつ。
3年、3年我慢したけど、限界。
あたしの方から願い下げだわ。」

「滋さん……。」

「それなのに、この間久しぶりに会ったら、なんかすごくいい顔してて、何かあったのかなぁなんて思ってたら、『牧野に会った。』って言うからあたしピンときたの。
また動きだしちゃったんでしょ、あのバカの心が。」

「滋さんっ、…………ごめんなさい。」

動き出したのは道明寺の心だけじゃない。

「あたし、道明寺を忘れようと努力したの。
もう、忘れたと思ってたの。
でも、全然違った。
むしろ、昔よりずっとあいつが欲しくて堪らない。
もう、嘘ついたり誤魔化したり出来そうにないの。
だからっ、」

「つくし、それはあたしに伝えることじゃないよ。
ちゃんとあのバカに伝えてあげた?」

「……ううん。」

滋さんには全部お見通しなんだろう。

「あたしね、つくし。
武田さんを心から愛してるの。
武田さんもそうだと信じてる。
誰かを本気で愛するようになって始めて分かったんだけど、愛してる人に愛されてないって思うことはすごく辛いこと。
司はつくしを愛してた。
別れてからもずっと。
だけど、その想いは届かないと思ってたはず。
それがどんなに辛いことか、今のあたしには分かるの。
そんな辛い状況でも、司はつくしへの愛を消せなかった。
それぐらいあのバカは一途な男。
ね?だから、少しぐらいご褒美あげたらつくし。



滋さん……。
きっと、滋さんが一番辛かったはず。
ただ現実から逃げただけのあたしに、こんな風に優しくしてくれる。

涙が溢れてとまらない。

「うん、うん。……わかった。
道明寺に……んっ……ご褒美……あげる。
滋さんっ、……幸せになってね。
おめ……でとう。」




ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!
 2015_08_11




09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

フリーエリア

お金がたまるポイントサイトモッピー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.