FC2ブログ




ロスの早朝。
さすが大都会だけあって、こんな早くから開いているカフェにも客が少なくない。

オープンテラスもあるこのカフェ。
そのテラスには目もくれず、店の一番奥にあるテーブルについた俺は、店の若い店員と親しげに話す牧野をじっと見つめる。

ロスに来てもうすぐ1年。
来週には日本へ帰国する。
来た当初は不慣れな発音も、今はスラスラとネイティブな発音で話す牧野。

「またあいつかよ。」
コーヒーを二人分持って戻ってきた牧野に俺がそう言うと、

「……ニックにもお別れしてきた。」
そう言ってコーヒーに口をつける。


週に3回は朝の散歩がてらこのカフェに通ってた俺と牧野に、あの店員ニックはいつも話しかけてきた。
最初は牧野に近づくんじゃねぇと威嚇してやったが、どうやら奴にその気はないらしく、いつのまにか牧野の英語の先生と化していて、発音の上達に一役かっていた。


「鶴さんへのお土産、タマさんと同じでいいかなぁ。
滋さんと桜子にはどうしよう。
伊藤くんにも買わなくちゃ。」

「おまえさ、別に観光で来てる訳じゃねーんだから、そんな皆にお土産なんて必要ねーだろ。」

「けど、皆からたくさん送ってもらったのに、手ぶらでは帰れないでしょ。」

この1年、日本からこいつ宛に、とにかくいろんな物が届いた。
米からはじまり、タマ特性の梅干し、鶴お手製の干いも、滋や桜子からは化粧品、伊藤からは定期的に本が送られてきた。
「あいつら、ロスでも日本のものが買えるって知らねぇのかよっ。」
そう悪態をつく俺に、
「嬉しいじゃん……」
と涙ぐむ牧野。
そんなやり取りを何度もした記憶がある。






「日本に帰ったら、とりあえず邸で休もうぜ。」
そう言う俺に、

「ん。タマさんにお土産渡すのね。」
と、まだ土産の話をしてるこいつ。

「ちげーよ。とりあえず邸で荷物を置いてから、ババァに挨拶に行くぞ。」

「それなら直接、理事長室に寄ってよ。
その方があたしの荷物も置けるし。」

「おまえの荷物をどこに置くつもりなんだよ。」

「寮。」

「アホ。」

1年一緒に暮らしておきながら、今更どうして別々に暮らさなきゃなんねーんだよ。

「日本でのおまえの家は、道明寺邸だ。
嫌なら、マンション買ってもいいぞ。
帰ったらすぐに見に行くか?」

そう話す俺に、キョトンとした顔で見つめてくるこいつ。

「えっ、……えーと、どういうことでしょう。
あたしが、邸で暮らすの?
なんで?」

「なんでって、当たり前だろ。
今更、なんで別々に暮らさなきゃなんねーんだよ。」

「はぁ?だって、でも、」

「誰か反対するやつがいるか?」

ロスで一緒に暮らすことを強硬的に決めた俺に、渋る牧野を説得してくれたのは、誰でもなく互いの両親だった。

「でも……ロスでは不慣れなあたしを助けるためにあんたに助けてもらったけど、日本に帰ったら、一緒に暮らす理由が……ないよ……。」

そう呟くこいつの右腕には、いつも変わらず同じブレスレットが揺れている。
俺が特注で作らせたGPS内蔵の300万ブレスレット。
それを眺めながら、俺はズボンのポケットから小さなリングを取り出して、自分の手の中に握りこむ。

そして、目の前のこいつに言う。




「理由ならあるだろ。」

「……え?」

「俺とおまえが一緒に暮らす理由。」

「…………。」

「牧野、俺は今まで生きてきて、おまえと過ごしたこの1年が一番幸せだった。
俺はおまえが望む幸せはなんでも叶えてやりたいと思ってる。
だから、おまえも、俺の幸せを叶えてくれよ。」

そう言って牧野の前で手を広げる。
手のひらに光るのは、ブレスレットと同じデザインで作らせたダイヤの指輪。

「牧野、俺と結婚してくれ。」

一生に1度のプロポーズ。

その答えは、

「……これも、GPS内臓なの?」







どこかのリゾート地で、夕日を眺めながら、
ワインを片手にプロポーズ。
そして、答えは「はい。」と、涙ぐみながらキスでする。

そんな夢みたいなシチュエーションが誰よりも似合うはずの俺なのに、
現実は、このどうしようもなく空気を読めねぇ女がいいんだからしょーがねぇ。




「牧野、手出せよ。」

「ん。」

「そうじゃねーだろバカ。」

手のひらを上にして俺に差し出してくる小さな牧野の手を握り、くるっと逆にしてやる。

そして、



「おまえは、一生俺を幸せにしろ。」
そう言って、薬指に小さなリングを光らせると、


「ったく、俺様なんだから……」
と俺の大好きな笑顔で牧野が微笑んだ。









Fin






ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!


最後までお付き合いありがとうございました。
VOICEこれにて終わりです。
皆さんからのコメント、拍手、ありがとうございました!


スポンサーサイト



 2015_07_17






ロスへの出発の日。
空港まで送ると牧野には言ってある。

ここ数日の牧野は想像以上に可愛かった。
俺もロスに行くと言えば喜んでくれるだろうとは思ったが、俺と離れることにすげー寂しそうに、甘えてくるこいつが無茶苦茶レアで、真実を言わないまま今日まできた。

「浮気しないでね。」
なんて、たぶん一生聞けねぇ台詞だろう。




そして今日、俺の目の前では寮の入り口で鶴と抱きあいながら、
「鶴さんもお元気で。
来年返って来るときは、たくさんお土産持ってきます。」
なんて、鶴と牧野のこの世の別れのような挨拶が続いてる。

そして、それが終わると鶴が俺に
「坊っちゃんもお元気で。」
と頭を下げて言った。

「え?あんたもどっか行くの?」
そう聞く牧野に、

「時間だ。行くぞ。」
俺はそう言って車に乗った。









「……ねー、道明寺。」

「あ?」

「あのさ、なんか変じゃない?」

「……プッ…………、なにがだよ。」

車に乗って20分。
明らかに空港に向かっていないことにやっと気付いた鈍感女。

「いや……空港、こっちじゃないでしょ。」

「そうか?」

「そうかって、ちょっと!
どこ向かってるのよっ。
あんた、まさかこの期に及んで留学やめろとか言わないでしょうねっ。」

さっきまでおとなしく乗ってたのに、気付いたとたんバタバタ暴れるこいつ。

「言わねぇって。
ロスに行くんだろ?
ちゃんと行かせてやるって。」

「なら、どうして、空港に行かないのよ。」

「民間機なんて乗ってられるかっ。
ジェットで行こうぜジェットで。」

邸にジェットを待たせてある。
俺の荷物も積み込み済みだ。
あとは、俺とこいつが乗るだけ。

「…………。」

「牧野?」

「…………。」

「おーい。口開いてるぞ。」

「……道明寺、鶴さんがさっき言ってたけど、
坊っちゃんもお元気で、ってどういう意味?」

まぬけな顔で俺を見つめて聞いてくる牧野。

「そのままだろ。
まぁ、色々補足してやると、
坊っちゃんもロスに1年間行くけどお元気で、
って言いたかったんじゃねーの?」

「…………はぁーーー?!」



運転席とカーテンで仕切られたリムジンのなか、牧野のでけー声が響き渡り、運転手が急ブレーキをかける。



「おまえさ、俺が耐えられると思ったのか?」

「はぁ?なにがよっ。」

「なにがって、決まってんだろ。
俺はおまえと1日でも会わねぇと、
…………死にそうなんだよ。
一人でロスなんてそんな遠くに行かせるかっ。」




もう決めてある。
ロスで暮らす二人の部屋も、牧野を連れて行きたいレストランも、こいつが好きそうなベーカリーも。

そして、こいつと一生共に歩くことも。






ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!

そろそろラストです。
あと1話かな。

VOICE~
電話から聞こえる声をイメージしてお話を書きました。
NYから帰ってきて、電話で道明寺が告白する場面や、電話をしていてどうしても会いたくなってペナルティー犯してまでつくしの部屋に行く場面、
そして、楓社長と司の親子の会話も声だけが伝わる電話にしてみました。
文章にしてみると、会話だけが続きますが、
その裏にある切なさやもどかしさ、親の愛情など感じ貰えたら嬉しいです。



VOICEも終盤に入り、次回作を……と考えていますが、ほんと、毎回同じようなストーリーで飽きてきていませんか?
まだ読んで頂けますでしょうか(笑)。

次回作については、また改めてお知らせいたします。
では、また。



 2015_07_16






ここ最近、牧野の様子がおかしかった。
何かを考えている素振りで、俺といてもソワソワしてる。
どうかしたのかと聞こうと思った矢先、

こいつの口からとんでもない言葉が飛び出した。
「道明寺、……あたし留学する。」

思っても見なかった言葉に絶句する。
「あ?留学?」

「うん。あのね、」
そのあとは、牧野の早口で、
すごくいい環境の学校だとか、
今がチャンスだとか、
将来の自分には必要だとか、
まくし立てるように理由が続く。

その『留学行きたいアピール』を聞きながら、
ふと、今日オフィスで見た書類のことを思い出した。

西田から見せられた書類。
それは、再来月から着工する予定のメープルホテルロサンゼルスの建設書類だった。
NY、日本に次いで3番目に大きな規模になる予定のロサンゼルス支店。

「西田、なんでババァじゃなく俺の名前が責任者として書いてある?」

ホテル事業はババァの分野だ。

「ロサンゼルス支店は司さまに任せると社長より伝言がありました。
着工から営業開始までの1年間は、ロスでのお仕事が増えると思われます。」

そんな会話をしたのがつい数時間前。




「牧野、ロスの学校って言ったよな?」

「うん。」

「1年間か?」

「うん。」

「……わかった。……オッケー、了解。」


これは偶然か。
それとも…………、
俺はまだ何か言いたそうな牧野を置いて部屋へと戻った。







「もしもし。」

「どうかしたの?
プライベートな携帯にかけてくるなんて珍しいわね。」

会社にも理事長室にもいなかったババァに、はやる気持ちでプライベート携帯へと電話した。

「牧野の留学のこと聞いた。」

「そう。随分迷ってたみたいだけど、昨日返事をもらったわ。
まさか、あなたが反対して行かせないなんてことはないでしょうね。」

「行かせてたまるかっ。
…………って、言いたいとこだけどよ、
まずは聞きたいことがある。」

「なにかしら。」

「ロスのメープルの責任者が俺に変更になったことは、牧野の留学と関係あるのか?」

「さぁ、どうかしら。」

フフフ……と電話の向こうで笑うババァ。

「ロスでの仕事が増えるって西田が言ってたけど、どれぐらいだ?」



1ヶ月に1度は仕事を利用して会いに行けるのか。
それが無理なら、せめて3ヶ月に1度……。

そんな期待をしながら聞いた俺に、

「仕事をなめてもらっちゃ困るわ。」
と厳しい口調でババァが言った。

「ロスのメープルは客室もホールもウェディングもどこよりも最高の物を作る予定よ。
責任者をあなたに任せると言うことは、着工から完成まで責任もって携わって貰わないと困るの。
日本での仕事は私が引き継ぎます。
あなたは来月から1年間、ロスでホテルを任せるわ。」


言ってることはビジネスだが、これが牧野の留学と無関係だとは思えない。


「俺はロスで1年間仕事をして、
牧野はロスで1年間勉強をする。」
独り言のようにそう呟く俺に、

「あら、偶然ねっ。」
と、笑いながら電話を切ったババァ。




こんな風にババァと電話で話したのはいつぶりだろう。
耳に残るババァの笑い声を思い出して、
「悪くねぇな。」
と呟いた。




ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!






 2015_07_15






1ヶ月なんてあっという間で、
とうとう明日、出発の日。

西門さんが旅立つあたしのためにパーティーまで開いてくれて、出発前日まで慌ただしい毎日だった。

パーティーが終わって門限ギリギリに寮に帰って来たあたしと道明寺は、別れるのが名残惜しくて、寮の物陰に隠れて何度もキスを重ねた。

結局、あたしたちは片手で数えるほどしか夜を共にすることが出来なかったし、二人で過ごす時間もほとんどなかった。

「道明寺……時間。」

「ん、分かってる。」

門限が迫っているけど、道明寺のキスはなかなか止まない。

「明日、遅れるなよ。」

「うん。」

道明寺が空港まで送ってくれることになっている。
見送りされると悲しさが増すからいらないと言ったのに、送るといって聞かない道明寺。









部屋に戻ると、綺麗に片付けられた私物が段ボールに収まっている。
今度日本に戻るときは、もう道明寺は卒業してここにはいない。
あたしもたぶんこの寮には戻って来ないだろう。

そう思うと、色々な思い出が蘇る。
道明寺がNYに行って毎日のように電話してたあの頃。
連絡がなくなって、苦しかった日々。
戻ってきた道明寺に『おまえが好きだ。』そう言われた日の戸惑い。


あいつと出会ってからのあたしは、いつだって心のど真ん中にあいつがいた。
そんな日々の思い出がこの部屋にギュッと詰まっている。






シャワーに入り、明日の用意を整えて、ベッドに入ったところでプルルルル…………、
携帯がなる。
枕元においた黄金の携帯。


「もしもし?」

「何してた?」
さっき、別れてきたばかりの道明寺から。

「ベッドに入ったとこ。
どうしたの?」

「いや、……声聞きたくなった。」

「……うん。
ねー、道明寺。
あたしたちってさ、いつもこうやってこんな小さな機械を通して話してるよね。
携帯がない時代なら、とっくに終ってるよあたしたち。」

「かもな。俺、おまえの声すげー好きだ。
怒ったり、笑ったり、泣いたり、時々かわいいこと言ったり、
こうしておまえの声聞くだけで実感する。
おまえが好きだって。」

いつだってストレートにこういうことを言ってくれる道明寺。
それに比べてあたしはいつだって素直じゃない。

「牧野、1年後の俺たちはどうなってる?」

「え?」

「……おまえの未来に俺はいるか?」


その不安そうに聞いてくる道明寺の言葉で、この間伊藤くんに聞かれた言葉を思い出した。
『つくしの夢ってなに?』
その答えをあたしは道明寺にきちんと伝えてない。



「道明寺、あたしが勉強を頑張るのも、
バイトをしてお金を貯めてるのも、
留学を決めたのも、
全部っ、全部、道明寺のためっ。
道明寺とずっと一緒にいたいからっ、
あんたとこの先、生きていきたいからっ、
あたしの未来には道明寺しかいないからっ、
だから……、」
叫ぶように言って、その先を続けようとするあたしに、

「おまえさ、それ、どういう意味か分かって言ってるのか?」
とからかうように聞いてくる。

「え?意味?」

「そう、意味。
俺にはおまえからのプロポーズにしか聞こえねぇんだけど。」

「えっ?はぁっ?!」

「まぁーおまえがそんなに俺様と結婚したくて堪んないっつーなら、してやっても構わねぇよ。」




素直になって、ありったけの気持ちをぶつけて、
正面切って言ったあたしの言葉は、
相変わらずの俺様発言で道明寺のペースにのまれていく。

明日出発するあたし。
結局、最後の最後まで、
小さな機械を通してじゃれあった二人。




泣かずに行こう。
あたしたちの未来のために。



ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いいたします!




 2015_07_14






「道明寺、あのね、……あたし
…………留学する。」

いつものように門限を過ぎたあと、共有スペースで仕事から帰ってきた道明寺にそう打ち明けた。

「あ?留学?」

「……うん。」

みるみる顔色が険しくなる道明寺に、
前から留学を希望していたこと、
国際弁護士になるにはいい環境の学校であること、
このチャンスは滅多にないこと、
それを必死で説明した。

「ふざけんなっ。
ありえねーだろっ。」
そう予想通りの返答をした道明寺だったけど、
ふと考え込んだあと、

「一年だよな?ロスの学校か?」
と食いつくように聞いてくる。

「う、うん。そうだよ。
ロスに1年間。」
そう答えるあたしに、

「そっかー……オッケー、…………了解。」
と呟く。

呆気なく了解なんて言う道明寺に、
「えっ?ほんとっ?ほんとにいいの?」
と思わず聞き返す。

「その代わり、ロスで住む家は俺が決める。
おまえはキョトキョトしてっから、向こうに行っても変なやつらに騙されたりすんだよ。
とにかく、おまえは自分の身仕度だけしとけ。
あとの手配は俺がする。」
そう言い残して、あっさりと部屋に戻っていく道明寺。


あいつっ。
釣った魚に餌はやらぬじゃないけど、
自分のものになった途端、あんなにしつこかったあたしへの執着は皆無かよっ。
と突っ込みを入れたくなるほど。







留学を決めたあたしは、道明寺に言われた通り自分の身仕度だけに専念していたけれど、これがかなり大変。
外国の新学期に合わせて急遽留学が決まったため、残された時間は1ヶ月弱。

その間に留学の手続きや、課題の提出、必要な物の買い物など、バタバタと過ごして時間がない中も、
道明寺と過ごす時間をなんとか確保しようとするあたしとは逆に、

あいつは今まで以上に帰りも遅く、会っていてもどこか上の空、ただでさえ離れることに不安なあたしは、こんな道明寺の態度にどんどん弱気になっていく。



久しぶりに二人で過ごす夜。
まだ慣れない行為に照れながらも、あとどれくらいこうして道明寺と過ごせるんだろうと考えると胸が苦しくなってきて、
柄にもなく横にいる道明寺にギュッと抱き付いた。

「牧野?」

「道明寺。」

「ん?」

「……寂しい?あたしが側にいなくなると、寂しい?」
と、駄々っ子のように答えをねだる。

「おう。」

甘えるあたしの髪を優しく撫でてくれる大きな手。

「電話したら今度はちゃんと出てね。
忙しいときはメールでもいいからしてね。」

「おう。」

「仕事で近くまで来るときがあったら言ってね。あたしから会いに行くから。」

「おう。」

そして、言うつもりはなかったけど、

「……浮気しないでね。」
と小さく呟くと、

「するわけねーだろバカッ。
おまえこんなに俺が尽くしてるのに、まだそんなバカみてーなこと聞くのかよ。」
と、あたしの首に顔をうずめてくる。


分かってる。
道明寺がどんなにあたしを大事にしてくれてるか。
でも、この1ヶ月だけは許してほしい。
たくさん甘えさせてほしい。

キャラじゃないのは分かってる。
けど、強気で意地っ張りなあたしが
あんたに抱きついて全身で寂しいよと訴えるほど、



あたしは道明寺が好きだから。






お休みしまして申し訳ありませんでした~。
風邪、なんとか治りましたが、鼻水ズルズルしています。
皆さんからのたくさんのメッセージ嬉しかったです。
鼻につっぺしながら全部読ませて頂きました。

ダウンしているあたしに旦那が気を効かせてくれてTSUTAYAでDVDを借りてきてくれたのですが、
そのチョイスが笑えるほど古い!
古畑任三郎からはじまってナースのお仕事、あすなろ白書、救命病棟24時…………。
なんでーーーっ?
と叫ぶあたしに、
「だって、どうせ熱で頭働かないんだから、見たことあるやつの方が考えなくていいでしょ」
って。

まぁ、そうですけど、そうなんだけど、
と、渋々見始めると、なかなかおもしろい。
ナースのお仕事を2枚見たところで、
「続き入れてー。」
と叫ぶと、
「借りてないよー。」
と返事。

なんでよっ!とTSUTAYAの鞄をガサガサあさって見てみると、
ナースのお仕事も古畑もあすなろも、
全部全部途中までしか借りてない…………。

そして、呆然とするあたしに、旦那が一言、
「続きが見たければ、早く治して自分で借りに行きなさい。」
と。

『続きが見たければ劇場で……』
みたいに言ってんじゃねーよっ!
と悪態ついて寝てやりました。


おかげですっかり元気です。
 2015_07_13




09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

フリーエリア

お金がたまるポイントサイトモッピー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.