FC2ブログ





あれから2年後。





「牧野さん、配送先のファイルってこれでいいの?」

「はい。こっちが新しいので、それより古いのはこれです。」

「牧野さーん、資料室の分類表は?」

「それは、共有ファイルの『資料室』を開けるとありますよ。」


ここは道明寺HD日本支社、総務課のパソコンの前。
愛しい女が一回りも年上の同僚たちに仕事を教えているのを、不機嫌な顔で見つめる俺。

時刻は午後6時。
今日は定時で終わる予定だろっ。
そう思いながらも、なかなか仕事が終わらない牧野を椅子に座りながら待っている。

「牧野さん…………」

「牧野さーん、……」

「牧野…………」

イライライライラ。


「おいっ!なんで未だに牧野呼びなんだよっ!
こいつはとうの昔に結婚して道明寺つくしになってんだよっ!」
我慢の限界に達した俺がそう叫ぶと、

「道明寺っ。」
と睨むこいつ。

「だから、おまえも道明寺だろ。」

「わかってるから、もう少し待ってて。」
そう言ってかわいい顔で笑いやがって、
こいつは俺の扱いが上手くなりやがった。



牧野と結婚して1年。
想像以上に幸せな毎日。
それに輪をかけて、先日幸せな出来事が舞い降りた。


牧野の妊娠。
このニュースにはババァも牧野の両親も手を取り合って喜んだ。
そして、一番喜んでる俺に、牧野が意外なことを口にした。

「道明寺、あたし仕事辞めようかと思ってるの。」

「あ?」

「ちょっと早いけど、今度の3月末で。」

「どうした?」

今まで、結婚を機に仕事をやめて自由に過ごせと言ってきた俺に、仕事は辞めたくない、と言って頑張ってきた牧野。
邸で暮らしていても、料理や掃除も出来る範囲で自分でやり、仕事も家事も両立してきた。

その分、お互い仕事が遅い日はすれ違うことも多く、思い描いていたような新婚生活は送れなかったけど、それでも俺にとっては充分幸せだった。

そんな時、急に辞めると言い出して、はじめは戸惑った俺も、こいつの話を聞いて胸が熱くなった。

「道明寺ともっと一緒にいたい。
せっかく赤ちゃんが来てくれたんだから、あたしたちも父親と母親になるために、もっと同じ時間を共有したい。」
と。

その後、よくよく聞けば、
仕事を辞めたくなかったのも、少しでも俺のサポートをしたかったから。
会社に残れば何かの役に立つかもしれないと思っていたから。
けど、それで二人の時間が削られるのは本末転倒。
これからは、俺の奥さんとしてサポートしていく。
と、こいつらしい可愛いことを言いやがる。




そんなわけで、本日付でこいつは総務課を退職することになった。
ようやく仕事が終わったらしい。


「道明寺、おまたせ。」

「おう、じゃあ、帰るか。」

「うん。」

コートと鞄を手に持ったこいつが、くるりと総務課の方に向き直り、
「短い間でしたが、お世話になりました。」
そう言って深く頭を下げる。

「お疲れ様。」
「また戻っておいで。」
「赤ちゃんが生まれたら連れてきてね。」

同僚たちに優しい言葉をかけられ、少し涙ぐむこいつの手を取って、
「妻がお世話になりました。」
と一応、夫としての挨拶でもしとく。



そんな俺に、
「支社長、いいパパになってくださいね。」
と声がかかる。





手を繋いだまま総務課のフロアを後にして、
エレベーターに乗り込むと、
隣にたつこいつに、



「おつかれさん、総務課の牧野さん。」



そう言って、甘いキスをした。







Fin





ランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いいたします!


総務課の牧野さん、終わってしまいました~。
ここまでお付き合い下さりありがとうございました。
今までで一番長い連載になりました。
とても楽しく書くことができ、これも皆さんからのコメントや拍手のおかげです。

毎日のように訪問してくださり、コメントや拍手を残して下さいました大勢の方に感謝申し上げます。
ありがとうございました!

2、3日お休みして次回の連載に入ります。
次回は寮生活の二人。
司のヤキモチ全開で行きたいと思ってます!




スポンサーサイト



 2015_06_06







二人で向かったババァの書斎。
昨日の姿が嘘のようにいつもの姿のババァがデスクに座り待ち構えていた。

ソファにはねーちゃんもいる。

「つくしちゃん、おはよう。
気分はどう?」

「おはようございますっ。
昨日は……ご迷惑おかけしました。」
そう言ってねーちゃんだけでなく、ババァにも頭を下げる牧野。

「俺のいないところで、こいつにあんまり飲ませんなよ。」
俺は一人、かやの外に置かれたことの不満もあってババァにぶつける。

「私が飲ませた訳じゃないわ。
つくしさんが自分で飲んだのよ。」

「飲まなきゃ堪えらんねぇ話でもしたんじゃねーのかよっ。」

「どういう意味?」

「聞いたぞ。
俺と牧野が釣り合わねぇとか、別れてくれとか、卑怯なこと言ったらしいな。」

「道明寺っ!」

言い合いがエスカレートしそうになる俺とババァの会話を止めに入る牧野。

「無理矢理飲まされた訳じゃないし、今思えば、あたしが社長のグラスにワインを注いだかも……。」
と、苦笑いしてやがる。

その時、突然、
……ババァが壊れた。


「プッ……ふふふ。アハハハーーーー。」
部屋に響き渡るババァの笑い声。

「お母様?」
俺たちとねーちゃんが不思議そうに見ているなか、ババァが笑いながら立ち上がり、ソファに近付いてくる。


そして、
「飲まなきゃ耐えられない話を聞いたのは私の方よ。
まさか、息子の初体験の話しを聞かされるなんて思ってなかったわ。」
そう言って笑う。

「あ?」

「つくしさんから聞いたわ。
二人のなれそめ。

どうしても分からなかったのよね~。
私の調べでは、二人は絶対に以前どこかで会っている。そしてその時に司が靴をプレゼントしてるのよ。
だけど、その出逢いがいつだったのか、どんなに調べても分からなかったの。

まさか、そんな出逢いだったとは驚きね。
つくしさんからすべて聞いたわよ。」

ババァのその言葉に、
「道明寺、ほんとっ、ごめん。」
そう呟く牧野。

「つくしさんはどうやらお酒は2杯が限界らしいわね。
これからも気を付けた方がいいわ。
道明寺の一員になればパーティーにも出席する機会があるし、お酒を勧められることもたくさんあるの。
その時は、司がうまくフォローしてあげて。」

ん?
事務的に話す態度はいつものババァなのに、その会話の内容が俺にはプライベートなものに聞こえて仕方がない。

「それと、つくしさん。
昨日のように、理不尽なことを言われても聞き流すこと。」

「……え?」

「これから先、あなたのことを、司とは釣り合わないって理不尽なことを言う人も出てくるわ。
それを真に受けて、昨日みたいに泣いたりしちゃだめよ。
あなたは堂々としていればいいの。
司が選んだ女性なんだから。」

ババァが淡々と話す言葉に、耳を疑いながら固まる俺たち。
その静寂を破ったのは、やっぱり
ねーちゃんだった。

「えええーっ、お母様それって結婚を認めるってことでしょ?
つくしちゃんっ!おめでとう!
家族になれるのねっ!」

そう言って牧野を抱き締めるねーちゃん。

「…………ほんとに、いいのかよ。」
俺はババァに向かってそう聞くと、

「反対すると思ってたのかしら?
こんな絶好の機会を逃すわけないでしょ。」
そう意味深に答えるババァ。

「あ?」

「司、あなた海外ではなんて言われてるか知ってるの?
同姓愛者だと思われてるのよ。
まさかと、私も思ってましたけど、この年で浮いた話しもないあなたのことが心配だったの。

でも、西田からの報告書を読んで安心したわ。
それにしても、つくしさんの前だけにしなさいよ、あのデレッとした顔は。」

「…………ほんとに、いいんだな。」

「しつこい。
…………幸せになりなさい。」










その後はお祭り騒ぎだった。
ねーちゃんが、牧野に似合うウエディングドレスはあんなデザインだとか、結婚式は海外でとか、
沖縄に報告に行きましょうとか、
そんな話しを意外にも嬉しそうに聞いてるババァ。

そして、もっと意外だったのは、男泣きしながら俺に抱きついてくる西田。
離れろといっても、俺とたいした変わらねぇ図体でくっついてきやがる。
そんな俺と西田に、使用人やSPが大爆笑だ。



はじめてかもしれねぇ。
この邸がこんなに笑いに包まれたのは。

昼間から貴重なワインをあけて、邸のすべての人に振る舞われた。
そして、ワインを注ぐのは誰でもない、俺自身。

一通り注ぎ終えて、部屋に戻るとソファで並んで話すババァと牧野の姿。
それを遠目で見ていると、
「坊っちゃん。」
とタマの声。

「おめでとうございます。」

「おう。
まぁ、まだ籍を入れた訳じゃねーからな。
……タマ、あいつ昨日泣いたのか?」
さっきババァが言った言葉が気になる。

「……いえ、泣いていませんよ。
奥様はつくしを試しましたけど、つくしはそれ以上でしたので。」

「……どういう意味だ?」

「昨日奥様は、つくしに、坊っちゃんと別れてくれるなら一つだけ願いを叶える、と言ったんです。

お金や物を要求するようなら、最悪。
結婚させてくれと頼んでくるようなら、普通。
黙って泣くようなら、問題外。

けれど、つくしはどれにも当てはまらなかった。」


そのあとは、昨日あいつがババァに言った話をタマから聞いた。
俺と親子の縁を切ってくれ。
お金や地位や名誉、どれも俺に求めていない。
そして、別れたとしても
…………また巡りあう運命を信じる。




俺が怖くてあいつに聞けなかったこと
『すべてを失っても俺といてくれるか?』
その答えをあいつはババァに叩きつけた。




「道明寺、大丈夫?」
気付くと、俺の目の前に牧野の姿。

「……おう。」

「なんか、凄いことになっちゃったね。」
そう言ってみんなが談笑する部屋をぐるりと見回すこいつ。

「……牧野。」

「ん?」

「ありがとな。」

「……え?」

「おまえを絶対に幸せする。
だから、……一生俺のそばにいろ。」







ランキングに参加しています。
よろしければポチとお願いいたします!


次回、最終話です。
が、もしかしたら、明日の更新はお休みさせて頂くかもしれません!
激務に追われてますのでーっ!

 2015_06_05






朝、目覚めて熱いシャワーを浴びる。
濡れた髪をタオルでふきながら、冷たい水を一杯飲む。
今日、着ていくシャツとネクタイを決める。

そこまではいつも通りだけど、今日は少し違う。
それは、
俺のベッドにあいつが寝ていること。




昨日、酔い潰れた牧野を抱き上げて自室に戻ってきたあと、ベッドにそのまま寝かせると、
「道明寺、ごめんね。」
そう呟いて、再び眠りに入った牧野。

ごめんね。の意味は定かではないけれど、
どんな意味でも構わない。
俺の気持ちも意志も、何も変わらないから。



ネクタイを選んでいると、寝具の擦れる音がした。

「起きたか?」
そう言いながらベッドに上に膝を乗り上げる。

「……道明寺、……あたし?」

「酔いつぶれて俺がここまで運んだ。」

「…………はぁーーー。」

「なんだよ、そのため息は。」

「道明寺……あーーー、どうしよっ。」
そう言って頭を抱えるこいつ。

「ババァとなに話した?」

「……んー、……道明寺とあたしは釣り合わないとか、別れて欲しいとか、」

「あのクソババァ!」

「あっでも、その後はあたしたちの出逢いは
いつだったのかとか、どんな風に出会ったのかとか、」

「おまえ、それ答えたのか?」

「……酔っててあまり覚えてないんだけど、
たぶん……話した。」

今から5年前の一夜の出逢いをこいつはババァに話したらしい。
それを聞いて、ババァはどんな反応をしたのか。

「道明寺、ごめん。」

「なんでおまえさっきから謝ってんだよ。」

「だってあたし、道明寺のお嫁さんになれないかも。」


そう呟いて下を向くこいつが凶悪にかわいい。
お嫁さん……って、久しぶりに聞いたな。


「なりたくねーのかよ。」

「なりたいっ!」
即答する愛しい女。

「上出来。」



顔を近付けてキスをしようとする俺を、プイっと避けるこいつ。
その態度に至近距離で睨んでやると、

「歯磨きしてないからダメ。」
と口をおさえて言う。

「いーじゃん。」

「ダメ。」

「ったく、ならすぐしてこい。
タマがおまえの必要なもの用意してくれてるから。」

「ん。」
そう言って牧野がバスルームに入っていく。



その直後、部屋の電話が鳴った。
朝食後、ババァの書斎に来るように……と。

いよいよ、判決の時か。

もう、ずっと前から道明寺を捨てる覚悟は出来ている。
こいつと人生を歩みたいと思ってから、その準備はしてきたつもりだ。
だから、ババァがもし反対するなら、親子の縁を切ってもいい。

ただ、…………
地位も名誉もすべて失っても
牧野がそんな俺を好きでいてくれるか。

それだけが、俺を不安にさせる。







ランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いいたします!

それだけが






 2015_06_04







報告書に目を通したあと、ババァの書斎に向かった俺は、イライラの限界に達していた。

「どけろっ。」

「出来ません。」

「てめぇら、誰に言ってるのか分かってるのかっ!」

「社長の命令で、誰も中に入れるなと言われていますので。」

ババァの部屋の前にはSPがズラリと立ちはだかっている。
1歩も俺を近付けさせない隙のない警戒体制はさすがで、そう訓練させてきたのは、紛れもなく自分だ。

ここでこれ以上騒いでも仕方がない。
『大丈夫。』と言ったねーちゃんを信じて待つしかない。




自室に戻っても、落ち着かない。
部屋の中をグルグルと歩き回り、意識は常に牧野へと向けられる。
悶々とした気持ちでひたすら待っていた俺に、ノックの音が聞こえた。

牧野か?
そう思って急いで開けた扉の向こうには、
タマの姿。

「坊っちゃん、椿さまがお呼びです。」

「ねーちゃんが?」

「はい。奥さまの書斎に。」








ババァの書斎に着いた俺は、そこで目を疑う光景を見た。
向かい合うソファに崩れるように横たわる牧野とババァ。

「何があった?」
ババァの横でワイングラスを片手に呑気に座るねーちゃんにそう聞くと、

「見ての通り。
酔っ払いが二人よ。」
そう答えるねーちゃん。

「ババァもか?」

「はぁー、二人ともお酒が弱いくせにこんなに飲むから……まったくもう。」


牧野の酒の限界量が2杯だということは知っていたけれど、ババァが酒に弱いとは初耳だ。
いつもより頬を赤くして、ソファに崩れるように眠り込むババァは、いつもの威厳はなく、なぜだか普通の母親に見えてくる。

「司、つくしちゃんを部屋に連れていってあげて。」

「おう。
…………ねーちゃん、話しはどうなった?」

「さぁ~、どうかしら。」

その言葉に、どうやら話し合いがいい結果ではなかった事を知って眉間にシワがよる。
そんな俺に、

「情けない顔してんじゃないわよっ。
……司、あんた幸せね。」
そう呟くねーちゃん。

「あ?」

「こんなに真剣に人に愛されるって、幸せなことよ。
お母様にもそれは伝わってるはず。
それに、きっとお母様の中では、答えはすでに出てたのかもしれないわ。」

「どういうことだよ。」

「悔しいから教えてあげない。」

「なんだよそれっ。」

「あんたも一杯飲んでいったら?
このワインは高いわよ。」


そう言って笑うねーちゃんに、
「遠慮しとく。」
そう言って片手を振って見せて、ソファに沈みこむ牧野を抱き上げた。








**********************

「椿さまもお部屋で休まれてはいかがですか。」

司がつくしちゃんを連れて部屋を出ていった後、ぼんやりと座る私にタマさんが声をかける。

「タマさん。
お母様、どうしましょ。」

「少し休まれたら起きますよ。
あとはタマに任せて下さい。」
テーブルのグラスを片付けながらそう言うタマさん。

「そう?じゃあ、お願いしようかしら。」

「……それにしても、ずいぶん貴重なワインを2本も空けるなんて、全く奥さまは。」

タマのその言葉に、ワインボトルを見つめる私。
そのボトルのラベルには
『TSUKASA』の文字。

そう、このワインは司が生まれた歳に作らせた貴重なワイン。
その年の最高級のブドウを使い、ボトルからラベルまで、すべてオリジナルで作らせた数に限りのある貴重なもの。

そして、私だけが知っているお母様の口癖は、
「司の人生で、何度か訪れるだろう大切な日に、このワインで乾杯するつもりよ。」
その言葉を思い出す。








「ねぇ、タマ。
……新しい家族が出来るのね。」

「はい。……賑やかになりますね。」







ランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いいたします!



 2015_06_03







椿さんに手を握られながら、連れてこられたのは楓社長のプライベート部屋。

白と黒を基調にした落ち着いた雰囲気のそこは、思ったよりも温かみがあって、意外にも女性らしい飾り付けなどが施されていた。

「そこに座ってて下さる?
私は着替えてくるわ。」
そう言って奥の部屋に入っていく社長。

「つくしちゃん、座りましょ。
……心配しないで。
あたしは司とつくしちゃんの見方よ。」
そう言いながら綺麗にウインクをして見せる椿さんのおかげで、少しだけ肩の力が抜けてくる。



着替えから戻ってきた社長の手には一本のワインが。
「うるさい男も追い出したから、ワインでも開けましょ。」
そう言ってワイングラスに注いでいく。

「乾杯」と軽く重なる3つのグラス。
それが、これから始まる未知の時間のゴングなのだとあたしは思った。







「牧野さん。
あなたのことはすべて調べさせて貰ったわ。
生まれた病院から、現在のことまで。
結論から言わせてもらうと、
すべてが司と不釣り合いね。」

その言葉に、予想していたはずなのにジワッと涙が滲み、慌てて口許を引き締めて堪える。


「あの子は昔から、ダメだということばかり興味をもって、しちゃいけないと言うことばかりしてきたわ。
何度叱って軌道修正させても、結局は戻ってしまう。
恋愛もそんな悪い癖が出たのね。」

「お母様。」

椿さんが静かに声を挟んでくれるけれど、社長はそのままあたしを見つめて聞いてきた。

「もし、司と別れてくれるならひとつだけあなたの願いを叶えると言ったら、あなたは何を要求する?
正直に言ってもらって結構よ。
司との別れがあなたにとって一番の幸せだったと思って欲しいから」









*************************



自分でも酷い母親だと思わずにいられない。
息子が愛した女性に、こんな酷なことを聞くなんて。
彼女の漆黒の大きな瞳はユラユラと揺れ、今にも溢れそうな雫を抱えている。


『司と別れてくれるならあなたの願いをひとつだけ叶える。』

隣に座る椿が、その言葉にハッと息を呑むのが分かる。そして、自分が言われたかのように辛そうな顔で下を向いた。

「もう一杯いかが?
ゆっくり飲みながら答えを出してもらって構わないわ。」
そう言って彼女のグラスにワインを注ぎながら、この子がどんな要求をしてくるのか……と考える私の前で、

ワインをぐいっと一気に飲んだ彼女が、まっすぐに私を見て言った。

「道明寺を捨ててください。」

「……え?」
予想もしてなかったその言葉に驚いて聞き返す。

「私の望みは、道明寺司とこの先ずっと一緒にいることです。
ですから、道明寺と親子の縁を切って下さいっ」

「つくしちゃん?」
私と同様、驚きを隠せない椿が聞き返す。

「あたしは生まれたときから大金持ちで、道明寺財閥の一人息子で、こんな大きなお屋敷に住む道明寺司なんて、ハッキリ言ってめんどくさいんですっ。」
彼女のその言葉に思わずプッ……と吹き出す椿。

「もちろん、会社で仕事をバリバリしてる道明寺はどこから見ても格好いいですけど、
あたしの大好きな道明寺は、もっと違うんです。

狭いあたしのマンションでゴロゴロ過ごしたり、お金をかけない公園デートを楽しんだり、寒い日は鍋が食べたいって、夜中にわがまま言って買い物に行ったり、

あたしは、何の肩書きを持たなくても、そのままの道明寺司が好きなんです。

だから、もしひとつだけあたしの願いを叶えてくれるなら、道明寺を手離して下さい。
そうすれば、私も社長のお望み通り道明寺とは別れます。」


「それでは、あなたの利益は一つもないわよ?
司も道明寺を捨てて、あなたも司を失う。」

「はい。
それでも、あたしは……運命を信じてます。
今までのあたしたちがそうだったように、何年、何十年後かもしれないけど、いつの日か運命を信じて道明寺との再会を待ちます。」

「つくしちゃん…………。」

「本当に何もいらないのね?」

「はい。
私はお金も地位も名誉も興味がありません。
そして、道明寺にもそれを望みません。」


私の目を見てきっぱり言う彼女。
お金も地位も名誉も……いらない。
ああ、そうか。
私は目の前に座る彼女を見つめながら思う。

司の嫁には、お金も地位も名誉も持ち合わせた女性がいいとついこの間まで思っていた。
それは、そういう環境で育った女性なら、お金や名誉に執着があまりないと思っていたから。

けれど、そうじゃないのかもしれない。
自分の地位や名誉に執着がなくても、司の地位や名誉まで要らないと言い切れる女はいるだろうか。
この子のように、丸裸の司を欲しいと言い切るほど、息子を愛してくれる女性はいるだろうか。

そんなことを考えていると、
「でもなぁ~~」
となんとも腑抜けた声を出す彼女。

「あたしが良くても、道明寺が嫌ですよね。
あたしと一緒になるために、仕事もお金もこの家も手放してって言ったら、どんな顔するだろう。即効、あたし振られちゃうかもしれないですぅ」

そう話しながら、またグラスをあける彼女。

「つくしちゃん、もうやめといたら?
お酒あんまり強くないんじゃない?」
椿が止めるのも無視して、

「このワイン、すごく飲みやすいですね。
あたし、お酒は2杯が限界なんですけど、このワインならいくらでもいけちゃいそう。」

そう話すこの子は、自覚してる通り、ワインも2杯が限界らしい。
この状況で酔いが回るなんて……と可笑しくなってしまう。

「好きなだけ飲んだらいいわ。」

「はい、社長も。」

人懐っこい笑みでニコッと笑いながら私のグラスにワインを注ぐ彼女。
今ごろ司はヤキモキしてるだろうと考えるだけで、今日のお酒はいつもより倍美味しい。







ランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いいたします!



 2015_06_02




09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

フリーエリア

お金がたまるポイントサイトモッピー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.