FC2ブログ

All post

850: エンドライン 26
   2019.09.17   エンドライン   ----- 2年後「お義母さん、靴下は多めに持ちまし-----
849: エンドライン 25
   2019.09.12   エンドライン   ----- 休日の昼過ぎ、実家の前に車を停めた道明寺-----
848: エンドライン 24
   2019.09.10   エンドライン   ----- 「うちのパパとママに会ってみる?」牧野の-----
847: 小話 14
   2019.09.07   小話   ----- 『ドクター!』のお話に出てくるハマドと数-----
846: エンドライン 23
   2019.09.05   エンドライン   ----- 新しい職場で本格的に医師復帰をしたあたし-----
845: エンドライン 22
   2019.09.01   エンドライン   ----- 温泉地まで迎えに来た道明寺は、滋さんや桜-----
844: エンドライン 21
   2019.08.31   エンドライン   ----- 久しぶりに平日に連休ができた。部屋の掃除-----
843: 雑記
   2019.08.29   未分類   ----- こんにちは、『司一筋』の管理人です。ブロ-----
842: エンドライン 20
   2019.08.29   エンドライン   ----- 牧野の手を引き店を出る。通りは仕事を終え-----
841: エンドライン 19
   2019.08.28   エンドライン   ----- 「で?牧野とはどうよ。」「……。」「ほんと-----
840: エンドライン 18
   2019.08.27   エンドライン   ----- 仙台のホテルで、牧野と一緒に過ごした日か-----
839: エンドライン 17
   2019.08.25   エンドライン   ----- 朝目覚めると、見慣れぬ天井と部屋の圧迫感-----
838: エンドライン 16
   2019.08.23   エンドライン   ----- 「ちょっと!なんで道明寺まで入ってくんの-----
837: エンドライン 15
   2019.08.21   エンドライン   ----- 「あんたの顔なんて二度と見たくないっ」道-----
836: エンドライン 14
   2019.08.19   エンドライン   ----- 仙台の総合病院。研修医の時から日本を離れ-----
833: エンドライン 13
   2019.08.17   エンドライン   ----- 牧野が会社に来るのも最後になる今日、午前-----
831: エンドライン 12
   2019.08.15   エンドライン   ----- 「俺達もう一回はじめてみるか?」こいつを-----
830: エンドライン 11
   2019.08.13   エンドライン   ----- 道明寺の会社に来るなんて初めての事で、ど-----
829: エンドライン 10
   2019.08.11   エンドライン   ----- 「あたし、そろそろかえります。」そう言っ-----
828: 小話 13
   2019.08.10   小話   ----- 「道明寺さんはお酒好きの女性をどう思いま-----
826: エンドライン 9
   2019.08.09   エンドライン   ----- 道明寺邸に入るのは10年ぶりだった。出迎え-----
825: エンドライン 8
   2019.08.08   エンドライン   ----- 「いってぇ!!」思わず叫ぶ俺に、「っ!道明-----
824: エンドライン 7
   2019.08.07   エンドライン   ----- 「牧野とはもう遭わねーのか?」「ああ。」-----
823: エンドライン 6
   2019.08.06   エンドライン   ----- 牧野と二人で話したあの日から3日、週刊誌-----
822: エンドライン 5
   2019.08.05   エンドライン   ----- 「結婚を前提にもう一度付き合ってみてはど-----
821: エンドライン 4
   2019.08.04   エンドライン   ----- ババァから珍しく個人的なアドレスにメール-----
820: エンドライン 3
   2019.08.03   エンドライン   ----- 日本に帰国した私は、真っ先に牧野さんの経-----
819: エンドライン 2
   2019.08.02   エンドライン   ----- 病院と聞いていたからそれなりのものを期待-----
818: エンドライン 1
   2019.08.01   エンドライン   ----- 50歳を過ぎたあたりから、ビジネスに対する-----
817: 時差恋愛 39
   2019.07.31   時差恋愛   ----- 日曜の朝。NYに来てから俺の生活習慣は激変-----
816: 時差恋愛 38
   2019.07.30   時差恋愛   ----- 目的を持って、覚悟を決めた司は、誰よりも-----
815: 時差恋愛 37
   2019.07.29   時差恋愛   ----- パーティー会場であるホテルを出ると、いつ-----
814: 時差恋愛 36
   2019.04.10   時差恋愛   ----- パーティーの出席者は、西田から300人ほど-----
813: 時差恋愛 35
   2019.04.08   時差恋愛   ----- 道明寺のお母さんと会ったあの日、寝る間際-----
812: 時差恋愛 34
   2019.04.06   時差恋愛   ----- それから2週間後、私と司、そして牧野さん-----
811: 時差恋愛 33
   2019.04.05   時差恋愛   ----- 司が部屋を出ていった後、自室のソファに深-----
810: 時差恋愛 32
   2019.04.03   時差恋愛   ----- 牧野と付き合い始めて半年が経とうとしてい-----
809: 時差恋愛 31
   2019.04.02   時差恋愛   ----- 「道明寺……道明寺」そう、小さく俺を呼ぶ声-----
808: 時差恋愛 30
   2019.02.08   時差恋愛   ----- 自分でも強引なのは分かってる。女の家に入-----
807: 小話 12
   2019.02.07   小話   ----- 今日は俺の誕生日。超高層マンションの最上-----
806: 時差恋愛 29
   2018.12.12   時差恋愛   ----- 牧野からあれほど止められたというのに、黙-----
805: 時差恋愛 28
   2018.12.10   時差恋愛   ----- 目覚めてすぐにシャワーを浴び、バスルーム-----
804: 時差恋愛 27
   2018.12.09   時差恋愛   ----- 「あたしも、……あんたが好き。」小さくて聞-----
803: 時差恋愛 26
   2018.12.08   時差恋愛   ----- 「彼氏と別れたなんて言っていたけど仲直り-----
802: 時差恋愛 25
   2018.10.13   時差恋愛   ----- 昨夜、道明寺とあんな別れ方をしたのが今日-----
801: 時差恋愛 24
   2018.10.11   時差恋愛   ----- パーティー会場のホテルから逃げるように出-----
800: ありがとうございます。
   2018.09.07   未分類   ----- 先日の北海道地震によりこちらは大きな揺れ-----
799: 時差恋愛 23
   2018.07.19   時差恋愛   ----- 今日は都内のホテルで、神崎社長が運営する-----
798: 小話 11
   2018.07.17   小話   ----- 昨夜はあのまま牧野の部屋に泊まった。そし-----
797: 小話 10
   2018.07.15   小話   ----- 小話9の続きです。………………………………………道明寺は-----
796: 小話 9
   2018.07.14   小話   ----- 「西門さんと二人で呑むなんてなんか変なカ-----
794: 時差恋愛 22
   2018.07.14   時差恋愛   ----- 牧野さんと付き合ってから、いや彼女と知り-----
793: 時差恋愛 21
   2018.07.13   時差恋愛   ----- 胸のざわつきがさっきより激しくなっている-----
792: 時差恋愛 20
   2018.07.11   時差恋愛   ----- 一ノ宮さんと正式に付き合うようになって2-----
791: 時差恋愛 19
   2018.07.09   時差恋愛   ----- 一ノ宮さんと入ったのはあたしのマンション-----
790: 時差恋愛 18
   2018.07.07   時差恋愛   ----- 俺の脳内を占領していたあいつは、もうダチ-----
788: 小話 8
   2018.07.05   小話   ----- 邸に戻ったのが9時すぎ。エントランスに迎-----
787: 時差恋愛 17
   2018.06.09   時差恋愛   ----- 今週末、一ノ宮に返事をする。牧野がそう言-----
786: 時差恋愛 16
   2018.05.07   時差恋愛   ----- 牧野から入手した携帯番号を前に、仕事が一-----
784: 時差恋愛 15
   2018.05.04   時差恋愛   ----- 俺は頭がおかしくなっちまったのか。NY行き-----
783: 時差恋愛 14
   2018.05.01   時差恋愛   ----- 邸の運転手に告げて向かった牧野のマンショ-----
782: 時差恋愛 13
   2018.04.27   時差恋愛   ----- 神埼に付き合うこと2時間。ようやく最後の-----
781: 時差恋愛 12
   2018.04.26   時差恋愛   ----- 並んで座った俺たちの前にグラスが置かれた-----
780: 時差恋愛 11
   2018.04.25   時差恋愛   ----- 一週間後、一ノ宮からメールで教えられた料-----
779: 時差恋愛 10
   2018.04.24   時差恋愛   ----- それは懐かしい高校最後の年に出会った女の-----
778: 時差恋愛 9
   2018.04.23   時差恋愛   ----- 「牧野、ほんとに行かなくていいの?」「う-----
777: 時差恋愛 8
   2018.04.21   時差恋愛   ----- 狭い部屋に逃げ隠れたあたしたち。廊下では-----
776: 時差恋愛 7
   2018.04.20   時差恋愛   ----- あれから1ヶ月。今日、あたしは道明寺邸へ-----
775: 時差恋愛 6
   2018.04.19   時差恋愛   ----- 花沢類の突然のダンス発言があったあの日か-----
774: 時差恋愛 5
   2018.04.18   時差恋愛   ----- 『司が好きなの?』唐突に聞かれたその言葉-----
772: 時差恋愛 4
   2018.04.17   時差恋愛   ----- 道明寺の笑顔は、あたしの胸を鳴らすのに充-----
771: 時差恋愛 3
   2018.04.16   時差恋愛   ----- 「……おう。」道明寺の返事のあと、すぐにマ-----
770: 時差恋愛 2
   2018.04.15   時差恋愛   ----- 学園のカフェテリア。和食、洋食、中華とな-----
769: 時差恋愛 1
   2018.04.14   時差恋愛   ----- 新連載もしも、好きになったのがつくしが先-----
768: 日々、想定外。44
   2018.04.13   日々、想定外   ----- 月に2、3度しか会えねぇ俺達にとって、2ヶ-----
767: 日々、想定外。43
   2018.04.12   日々、想定外   ----- 「なに…これ。」あたしの目の前に差し出さ-----
766: 日々、想定外。42
   2018.04.11   日々、想定外   ----- いつものように仕事が終わったあと、いつも-----
765: 日々、想定外。41
   2018.04.10   日々、想定外   ----- 楓氏からの『相談』を受けたあと、一人で悶-----
764: 日々、想定外。40
   2018.04.09   日々、想定外   ----- 半年後あたしが大阪に赴任してもうすぐ1年-----
763: 日々、想定外。39
   2018.04.08   日々、想定外   ----- 目の前にこんなにうまそうな餌を出されて、-----
762: 小話 7
   2018.04.07   小話   ----- 時期、設定はご自由に。******************-----
761: 日々、想定外。38
   2018.04.06   日々、想定外   ----- 椿さんの秘書になってもうすぐ半年。前任の-----
760: 日々、想定外。37
   2018.04.04   日々、想定外   ----- 仕事を早く片付け、二週間ぶりに大阪へ向か-----
758: 日々、想定外。36
   2018.04.02   日々、想定外   ----- 否定も肯定もしなかったあの日以来、あたし-----
759: 小話 6
   2018.04.01   小話   ----- 時期、設定はご自由に。******************-----
757: 日々、想定外。35
   2018.03.31   日々、想定外   ----- 「俺はいつからおまえのストーカーになった-----
755: 日々、想定外。34
   2018.03.29   日々、想定外   ----- 大阪に赴任して1ヶ月。その間、副社長と会-----
754: 日々、想定外。33
   2018.03.28   日々、想定外   ----- 『二人は両想いなの?それとも司の絶賛片想-----
753: 日々、想定外。32
   2018.03.25   日々、想定外   ----- 椿さんに連れて来られたのは、門構えからし-----
752: 日々、想定外。31
   2018.03.24   日々、想定外   ----- 牧野が大阪へ異動してから3日目の金曜日。-----
751: 日々、想定外。30
   2018.03.23   日々、想定外   ----- 『俺の好きは一択だ!牧野つくし一択だ。』-----
750: 日々、想定外。29
   2018.03.20   日々、想定外   ----- 夕方から知り合いの社長との夕食会に顔を出-----
749: 日々、想定外。28
   2018.03.20   日々、想定外   ----- マンションの前で副社長に抱きしめられたあ-----
748: 日々、想定外。27
   2018.03.19   日々、想定外   ----- 副社長が日本に戻りもうすぐ一年。今まで一-----
747: 日々、想定外。26
   2018.03.17   日々、想定外   ----- 「牧野?……おい、牧野?」「……はいっ。」「-----
746: 日々、想定外。25
   2018.03.16   日々、想定外   ----- 会議室での一件以来、正直あたしは落ち込ん-----
745: 日々、想定外。24
   2018.03.15   日々、想定外   ----- 五十嵐には3ヶ月前から監視をつけていた。-----
744: 日々、想定外。23
   2018.03.14   日々、想定外   -----  あのコンビニでの事件は、自分の気持ちを-----
743: 日々、想定外。22
   2018.03.13   日々、想定外   ----- 「おまえを一人にさせるのが不安でしょーが-----
742: 日々、想定外。21
   2018.03.12   日々、想定外   ----- 「てめぇ、なにやってんだよっ!」牧野の体-----
741: 日々、想定外。20
   2018.03.11   日々、想定外   ----- 今日は夕方から取引先の会長である方の出版-----
740: 日々、想定外。19
   2018.03.10   日々、想定外   ----- 類の目的が俺じゃなく牧野だっつーことにも-----
739: 日々、想定外。18
   2017.12.25   日々、想定外   ----- 牧野から渡されたお礼のカフスピンを受け取-----
738: 日々、想定外。17
   2017.12.20   日々、想定外   ----- 今日は3日ぶりの仕事だ。いつものように邸-----
736: 日々、想定外。16
   2017.12.19   日々、想定外   ----- 新居であるマンションの部屋で、小さなソフ-----
735: 日々、想定外。15
   2017.12.18   日々、想定外   ----- 最近の副社長は少し……おかしい。面と向かっ-----
734: 日々、想定外。14
   2017.12.15   日々、想定外   ----- 朝から調子が狂う。意識しないようにしよう-----
733: 日々、想定外。13
   2017.12.14   日々、想定外   ----- 時計の針が10時を回った頃、あたしはこの-----
732: 日々、想定外。12
   2017.12.13   日々、想定外   ----- 「準備してこい。」副社長にそう言われ、焦-----
731: 日々、想定外。11
   2017.12.12   日々、想定外   ----- 「邸に行くぞ。」本気でそう言った俺に、「-----
729: 日々、想定外。10
   2017.08.24   日々、想定外   ----- タクシーに乗り込んだ俺の携帯に類からメー-----
728: 日々、想定外。9
   2017.08.02   日々、想定外   ----- 類の携帯を覗き込んだ俺は、思わず「あのヤ-----
727: 日々、想定外。8
   2017.06.16   日々、想定外   ----- パーティーのあとに見たあいつの涙の一件以-----
726: 日々、想定外。7
   2017.06.13   日々、想定外   ----- ホテルの前に用意された車に乗り込むと、い-----
725: 日々、想定外。6
   2017.05.19   日々、想定外   ----- NYにいるときは、パーティーの招待状も封を-----
724: 日々、想定外。5
   2017.05.15   日々、想定外   ----- 牧野つくし。こいつが俺の秘書になって半年-----
723: 日々、想定外。4
   2017.04.19   日々、想定外   ----- 俺は日本に戻ってきて半年、この時間が一番-----
722: 日々、想定外。3
   2017.04.12   日々、想定外   ----- 昨日は意外なことを知った。今、俺の隣で淡-----
721: 日々、想定外。2
   2017.03.30   日々、想定外   ----- 日本での生活が始まって2ヶ月。今日は仕事-----
720: 日々、想定外。
   2017.03.23   日々、想定外   ----- 「西田、……あれはおまえの人選か?」「…………-----
719: お久しぶりです。
   2017.03.22   未分類   ----- こんにちは。お久しぶりです。司一筋です。-----
717: 彼と彼女の一年間 41
   2016.09.26   彼と彼女の一年間   ----- このイタリア郊外の古いホテルに滞在して5-----
716: 更新
   2016.09.16   未分類   ----- 昨日は更新おやすみしましてごめんなさい。-----
715: 彼と彼女の一年間 40
   2016.09.14   彼と彼女の一年間   ----- 道明寺がイタリアへ旅立った。約1ヶ月に渡-----
713: 彼と彼女の一年間 39
   2016.09.13   彼と彼女の一年間   ----- 牧野の両親に承諾を得た俺たちは、急ピッチ-----
712: 彼と彼女の一年間 38
   2016.09.12   彼と彼女の一年間   ----- 「パパ、ママ?…………進たちまでどうして?」-----
711: 彼と彼女の一年間 37
   2016.09.09   彼と彼女の一年間   ----- この邸で暮らすようになってもうすぐ8ヶ月-----
710: 彼と彼女の一年間 36
   2016.09.08   彼と彼女の一年間   ----- 道明寺と気持ちが通じあってからしばらくし-----
709: 彼と彼女の一年間 35
   2016.09.07   彼と彼女の一年間   ----- デパートのベンチに腰かけ携帯を見ていたあ-----
708: 彼と彼女の一年間 34
   2016.09.06   彼と彼女の一年間   ----- 「それ、あり得ないでしょ……。」久しぶりに-----
707: 彼と彼女の一年間 33
   2016.09.05   彼と彼女の一年間   ----- 眠りについたのは3時頃だっただろうか。道-----
706: 彼と彼女の一年間 32
   2016.09.04   彼と彼女の一年間   ----- 頷く牧野を引き寄せ、重ねた唇。さっきまで-----
705: こんにちは。
   2016.09.03   未分類   ----- いつも、ご訪問ありがとうございます。今日-----
704: 彼と彼女の一年間 31
   2016.09.02   彼と彼女の一年間   ----- 不機嫌そうにあたしたちを睨む道明寺に、「-----
703: 彼と彼女の一年間 30
   2016.09.01   彼と彼女の一年間   ----- 次の日、いつも通り朝食のためダイニングに-----
702: 彼と彼女の一年間 29
   2016.08.31   彼と彼女の一年間   ----- 「分かるように教えてやろうか?」そう言っ-----
701: 彼と彼女の一年間 28
   2016.08.30   彼と彼女の一年間   ----- 「どこの店に誰と行くんだよっ。」後ろから-----
700: 彼と彼女の一年間 27
   2016.08.29   彼と彼女の一年間   ----- 夜中まで残業をしたあの日から、職場での視-----
699: 彼と彼女の一年間 26
   2016.08.28   彼と彼女の一年間   ----- 明日に大きな会議を控えた今日、もう終業間-----
698: 彼と彼女の一年間 25
   2016.08.27   彼と彼女の一年間   ----- 土日のパーティーを終え、邸に帰ったのは月-----
697: 彼と彼女の一年間 24
   2016.08.26   彼と彼女の一年間   ----- あたしだってこの歳で全く恋愛をしてこなか-----
696: 彼と彼女の一年間 23
   2016.08.25   彼と彼女の一年間   ----- 遠い昔の『初体験』も、若い頃に経験した一-----
695: 彼と彼女の一年間 22
   2016.08.24   彼と彼女の一年間   ----- エレベーターが上にあがるのを体に感じた頃-----
694: 彼と彼女の一年間 21
   2016.08.23   彼と彼女の一年間   ----- 道明寺の声に振り向くと、そこには明らかに-----
693: 彼と彼女の一年間 20
   2016.08.22   彼と彼女の一年間   ----- パーティー当日。裏方に配置されたあたしは-----
692: 彼と彼女の一年間 19
   2016.08.20   彼と彼女の一年間   ----- 数年前から仕事の大半の時間を費やしてきた-----
691: 彼と彼女の一年間 18
   2016.08.19   彼と彼女の一年間   ----- 道明寺と大河原建設が共同で進めてる高級リ-----
689: 彼と彼女の一年間 17
   2016.08.17   彼と彼女の一年間   ----- 後になって考えると、とんでもないことをし-----
690: ごめんなさい。
   2016.08.16   未分類   ----- 先程、書きかけの17話をアップしてしまいま-----
688: こんにちは。
   2016.08.16   未分類   ----- しばらく夏休みを頂いていましたが、明日か-----
687: こんにちは。
   2016.08.08   未分類   ----- いつもご訪問ありがとうございます。数日間-----
686: 彼と彼女の一年間 16
   2016.08.06   彼と彼女の一年間   ----- パーティー会場で牧野を先に帰し、俺はホテ-----
685: 彼と彼女の一年間 15
   2016.08.05   彼と彼女の一年間   ----- パーティーでの数時間、これが道明寺と過ご-----
684: 彼と彼女の一年間 14
   2016.08.04   彼と彼女の一年間   ----- パーティー会場のホテルに到着したのは、ち-----
683: 彼と彼女の一年間 13
   2016.08.03   彼と彼女の一年間   ----- パーティーのことを聞いたのは、道明寺の秘-----
682: 彼と彼女の一年間 12
   2016.08.02   彼と彼女の一年間   ----- 朝から慌ただしく会議を2つ終え、やっと沈-----
681: 彼と彼女の一年間 11
   2016.08.01   彼と彼女の一年間   ----- 進からとんでもなく分厚いご祝儀の袋を預か-----
680: 彼と彼女の一年間 10
   2016.07.30   彼と彼女の一年間   ----- 道明寺邸で暮らすようになって一ヶ月が過ぎ-----
679: 彼と彼女の一年間 9
   2016.07.29   彼と彼女の一年間   ----- 牧野にブラックカードを渡してから10日。-----
678: 彼と彼女の一年間 8
   2016.07.28   彼と彼女の一年間   ----- あの女の本性を暴く。その目的のために、今-----
677: 彼と彼女の一年間 7
   2016.07.27   彼と彼女の一年間   ----- あの女と同居生活がはじまり2週間。初日に-----
676: 彼と彼女の一年間 6
   2016.07.26   彼と彼女の一年間   ----- どうしてこんなことになってしまったのだろ-----
675: 彼と彼女の一年間 5
   2016.07.25   彼と彼女の一年間   ----- それにしても、おかしな女だった。レストラ-----
674: 彼と彼女の一年間 4
   2016.07.24   彼と彼女の一年間   ----- 動揺を隠しきれないあたしに対して、目の前-----
673: 彼と彼女の一年間 3
   2016.07.23   彼と彼女の一年間   ----- いつかはこの日が来るだろうと覚悟はしてい-----
672: 彼と彼女の一年間 2
   2016.07.22   彼と彼女の一年間   ----- 『牧野さん、結婚する気はあるかしら?』社-----
671: 彼と彼女の一年間
   2016.07.21   彼と彼女の一年間   ----- 《新連載》あたしには尊敬して止まない人物-----
670: 近況
   2016.06.24   未分類   ----- こんにちは。いつもご訪問ありがとうござい-----
669: 俺の彼女 16
   2016.06.21   俺の彼女   ----- メープルのプライベートルーム。ここに誰か-----
668: 俺の彼女 15
   2016.06.16   俺の彼女   ----- 大勢の学生の前で俺のことを『道明寺』と呼-----
667: 俺の彼女 14
   2016.06.13   俺の彼女   ----- 道明寺いつだってそう。横暴でわがままで自-----
666: 俺の彼女 13
   2016.06.10   俺の彼女   ----- 3日ぶりのキャンパス。あれほど学校とバイ-----
665: 俺の彼女 12
   2016.06.08   俺の彼女   ----- 牧野と3日ぶりに会いその体に触れると、安-----
664: 俺の彼女 11
   2016.06.06   俺の彼女   ----- 道明寺から逃げて3日目。優紀が仕事に出掛-----
663: 俺の彼女 10
   2016.06.03   俺の彼女   ----- 「牧野っ!!」傷付いた顔で俺の前から立ち-----
662: 俺の彼女 9
   2016.05.31   俺の彼女   ----- 『家には、泊まってくるって言ってこいよ。-----
661: 俺の彼女 8
   2016.05.27   俺の彼女   ----- 道明寺の手があたしの手をすっぽりと包む。-----
660: 俺の彼女 7
   2016.05.25   俺の彼女   ----- 頭の中が負のループから抜け出せないあたし-----
659: 俺の彼女 6
   2016.05.23   俺の彼女   ----- 道明寺と香苗さんの3ヶ月におよぶ集中授業-----
658: 俺の彼女 5
   2016.05.20   俺の彼女   ----- 次の日、香苗を連れてキャンパスに行くと、-----
657: 俺の彼女 4
   2016.05.18   俺の彼女   ----- 自室に戻りソファに座ると、すぐに携帯を取-----
656: 俺の彼女 3
   2016.05.17   俺の彼女   ----- ある日、いつものようにバイト終わりの牧野-----
655: 俺の彼女 2
   2016.05.16   俺の彼女   ----- 牧野が言う『秘密の関係』というものに、F3-----
654: 俺の彼女
   2016.05.14   俺の彼女   ----- 大学生の二人。もしも、楓さんの反対がなく-----
652: 何度でも……33
   2016.05.10   何度でも……   ----- つくしと2度目の籍を入れ、甘い生活がはじ-----
651: 何度でも……32
   2016.05.07   何度でも……   ----- ステージの上から満面の笑みで俺を見ながら-----
650: 何度でも……31
   2016.05.05   何度でも……   ----- つくしとの再婚話は順調に進んでいる。思い-----
649: 何度でも……30
   2016.05.02   何度でも……   ----- 部屋の中から聞こえてきたつくしの両親の焦-----
648: 何度でも……29
   2016.04.29   何度でも……   ----- ババァに聞かれた『再婚したいの?したくな-----
647: 何度でも……28
   2016.04.28   何度でも……   ----- ババァから意外なことを聞いて一瞬戸惑った-----
646: 何度でも……27
   2016.04.25   何度でも……   ----- その夜、いつもより早めに邸についた俺に、-----
645: 何度でも……26
   2016.04.24   何度でも……   ----- 仕事を終えて、ようやく心待ちにしていたつ-----
644: 何度でも……25
   2016.04.22   何度でも……   ----- 「道明寺さんの現在の彼女である坂東ともか-----
642: 何度でも……24
   2016.04.20   何度でも……   ----- 俺は獲物をひたすらどこまでも追いかける猛-----
641: 何度でも……23
   2016.04.16   何度でも……   ----- つくしとの付き合いは順調にいっている。7-----
640: 何度でも……22
   2016.04.14   何度でも……   ----- 次の日が仕事だという牧野を車で家まで送り-----
639: 何度でも……21
   2016.04.13   何度でも……   ----- リビングのソファに座り、横目でつくしをチ-----
638: 何度でも……20
   2016.04.12   何度でも……   ----- 「どうせ殺すなら、もう一度俺のこと好きだ-----
636: 何度でも……19
   2016.04.11   何度でも……   ----- 空はどんよりと曇り、今にも雨が降りだしそ-----
635: 何度でも……18
   2016.04.09   何度でも……   ----- 数週間前、家の近くに黒塗りの大きな車が止-----
634: 何度でも……17
   2016.04.08   何度でも……   ----- 「道明寺、あんたなんでここにいるの?」「-----
633: 何度でも……16
   2016.04.07   何度でも……   ----- 道明寺のマンションに行ってから10日。7-----
632: 何度でも……15
   2016.04.06   何度でも……   ----- 結局あの日は電話番号さえ聞けずに、牧野に-----
631: 何度でも……14
   2016.04.05   何度でも……   ----- この男は、自分のこういう表情がどれだけ人-----
630: 何度でも……13
   2016.04.04   何度でも……   ----- 「俺の部屋に行こうぜ。」まだこいつと話し-----
629: 今日の
   2016.04.03   未分類   ----- おはようございます。今日の更新はお休みし-----
628: 何度でも……12
   2016.04.02   何度でも……   ----- 目の前のこの男は、今、なんと言ったのだろ-----
627: 何度でも……11
   2016.04.01   何度でも……   ----- 友香に教えられた住所にやって来ると、そこ-----
626: 何度でも……10
   2016.03.31   何度でも……   ----- 2週間の入院生活も明日でやっと終わる。医-----
625: 何度でも……9
   2016.03.30   何度でも……   ----- 俺を見上げる牧野の目があの頃と変わらず澄-----
624: 何度でも……8
   2016.03.29   何度でも……   ----- 扉の向こうから聞こえる姉ちゃんの声に、俺-----
623: 何度でも……7
   2016.03.28   何度でも……   ----- 今日は昼からの出勤で救命センターに顔を出-----
622: 何度でも……6
   2016.03.27   何度でも……   ----- 救命センターから病棟の特別室へ移動した俺-----
621: 何度でも……5
   2016.03.26   何度でも……   ----- 入院して3日。体調もだいぶ回復し日中も起-----
620: 何度でも……4
   2016.03.25   何度でも……   ----- 牧野と友香の兄が…………。それは牧野が『牧野-----
619: 何度でも……3
   2016.03.24   何度でも……   ----- 入院して二日目。だいぶ楽になったとはいえ-----
618: 何度でも……2
   2016.03.23   何度でも……   ----- 聞き慣れない機械音と複数の人の声に違和感-----
617: 何度でも……1
   2016.03.22   何度でも……   ----- ビビビビビーーーーー。 もうすぐ日付が変-----
616: 恋人の距離21
   2016.03.19   恋人の距離   ----- だりぃ…………。朝起きてなんとなく体がだりぃ-----
615: 恋人の距離20
   2016.03.17   恋人の距離   ----- 本音を言うと、この部屋は私の実家の愛犬パ-----
614: デンジャラス ワールド 41
   2016.03.12   デンジャラス ワールド   ----- 牧野への一生に1度の提案。それは、「雇用-----
613: デンジャラス ワールド 40
   2016.03.11   デンジャラス ワールド   ----- 道明寺と喧嘩して2週間がたつ。1週間目は-----
612: デンジャラス ワールド 39
   2016.03.10   デンジャラス ワールド   ----- あのホテルでのロマンチックな夜から約一年-----
611: デンジャラス ワールド 38
   2016.03.07   デンジャラス ワールド   ----- いつもより遅く起きた今日、お互いシャワー-----
610: デンジャラス ワールド 37
   2016.03.07   デンジャラス ワールド   ----- 「好きだ。」「…………ん。」「すげー会いたか-----
609: デンジャラス ワールド 36
   2016.03.06   デンジャラス ワールド   ----- 「道明寺っ。」「おまえ、……どうしてここに-----
608: デンジャラス ワールド 35
   2016.03.05   デンジャラス ワールド   ----- 「おまえが……どうしてここに?」目線の先に-----
607: デンジャラス ワールド 34
   2016.03.04   デンジャラス ワールド   ----- 1週間かけて欧州出張を終えた俺は、業務報-----
606: デンジャラス ワールド 33
   2016.03.03   デンジャラス ワールド   ----- 携帯の画面には知らない番号。「……誰だろ。-----
605: デンジャラス ワールド 32
   2016.03.02   デンジャラス ワールド   ----- 「先輩、らしくないですよ。」「らしくない-----
602: デンジャラス ワールド 31
   2016.03.01   デンジャラス ワールド   ----- 「ちげーよっ!バカっ!」思わずでかい声が-----
603: 今日は
   2016.02.29   未分類   ----- 今日の更新をお休みします。 積雪50センチ-----
601: デンジャラス ワールド 30
   2016.02.28   デンジャラス ワールド   ----- 「それはそれは、とんだ大失態ね、司。」牧-----
600: デンジャラス ワールド 29
   2016.02.26   デンジャラス ワールド   ----- 「病気って、あれは嘘だったの?」夕食のあ-----
599: デンジャラス ワールド 28
   2016.02.26   デンジャラス ワールド   ----- こういう時の姉ちゃんはたちがわりぃ。俺の-----
598: デンジャラス ワールド 27
   2016.02.24   デンジャラス ワールド   ----- 待ち合わせの7時。牧野の会社近くまで迎え-----
597: デンジャラス ワールド 26
   2016.02.23   デンジャラス ワールド   ----- 牧野と想いが通じて数日、俺の顔は緩みっぱ-----
596: デンジャラス ワールド 25
   2016.02.22   デンジャラス ワールド   ----- 上着を脱いで牧野の前に胡座をかくと、少し-----
595: デンジャラス ワールド 24
   2016.02.20   デンジャラス ワールド   ----- 電話を切ったあと、自分の言った言葉を思い-----
594: デンジャラス ワールド 23
   2016.02.19   デンジャラス ワールド   ----- ジムに通い出して3ヶ月。週一で道明寺と参-----
593: デンジャラス ワールド 22
   2016.02.18   デンジャラス ワールド   ----- 「お疲れさま~っ!」ジムから程近いイタリ-----
592: デンジャラス ワールド 21
   2016.02.17   デンジャラス ワールド   ----- この男は……目立ちすぎる。ジムにいる強靭で-----
591: デンジャラス ワールド 20
   2016.02.16   デンジャラス ワールド   ----- 趣味や娯楽にお金をかける。数年前のあたし-----
590: まだ
   2016.02.15   未分類   ----- まだ、わたし仕事中です。ですので、今日の-----
589: デンジャラス ワールド 19
   2016.02.14   デンジャラス ワールド   ----- 「つくしに電話しとこー。」と、目の前で滋-----
588: デンジャラス ワールド 18
   2016.02.13   デンジャラス ワールド   ----- 今日はあと2つ社内会議に出て、その後NYと-----
587: デンジャラス ワールド 17
   2016.02.11   デンジャラス ワールド   ----- 「それで?あの後どうした?」「二人で仲良-----
586: デンジャラス ワールド 16
   2016.02.10   デンジャラス ワールド   ----- 俺は生まれてこのかた、誰からもこんな扱い-----
585: デンジャラス ワールド 15
   2016.02.09   デンジャラス ワールド   ----- キス。いつぶりだろうか。記憶にないほど久-----
584: デンジャラス ワールド 14
   2016.02.08   デンジャラス ワールド   ----- あきらに爆笑されながらも会う口実をゲット-----
583: 本日の
   2016.02.07   未分類   ----- 本日の更新はお休みいたします。続きは明日-----
582: デンジャラス ワールド 13
   2016.02.06   デンジャラス ワールド   ----- 「それはまた、俺の知らねぇところで、面白-----
581: デンジャラス ワールド 12
   2016.02.05   デンジャラス ワールド   ----- NYから戻って三日後。久しぶりにメープルの-----
580: デンジャラス ワールド 11
   2016.02.04   デンジャラス ワールド   ----- 牧野がバスルームに消えてから5分。再びガ-----
579: デンジャラス ワールド 10
   2016.02.03   デンジャラス ワールド   ----- パーティーも終盤。そろそろ客が出口へと流-----
578: デンジャラス ワールド 9
   2016.02.02   デンジャラス ワールド   ----- 土曜の仕事を急遽変更してNYに来た俺は、親-----
577: デンジャラス ワールド 8
   2016.02.01   デンジャラス ワールド   ----- 3人で食事を終えた後、親父とは店の前で別-----
576: デンジャラス ワールド 7
   2016.01.31   デンジャラス ワールド   ----- いくら彼女のふりをしてくれと頼んだからと-----
575: デンジャラス ワールド 6
   2016.01.30   デンジャラス ワールド   ----- 早速、あきらから入手した番号に電話を掛け-----
574: デンジャラス ワールド 5
   2016.01.29   デンジャラス ワールド   ----- 親父からのゴーサインが出れば、本人の俺が-----
573: デンジャラス ワールド 4
   2016.01.28   デンジャラス ワールド   ----- 親父からの電話を会心の一撃ではねのけた俺-----
572: デンジャラス ワールド 3
   2016.01.27   デンジャラス ワールド   ----- 牧野という女が去った後、俺に容赦なく注が-----
571: デンジャラス ワールド 2
   2016.01.26   デンジャラス ワールド   ----- 午後6時。待ち合わせであるホテルのカフェ-----
570: デンジャラス ワールド 1
   2016.01.25   デンジャラス ワールド   ----- はっきり言って、今日の俺は猛烈に機嫌がわ-----
569: nephew 21
   2016.01.22   nephew   ----- 姉ちゃんからの『新居』話しを聞き、牧野の-----
568: nephew 20
   2016.01.20   nephew   ----- 「俺の生涯、愛する女はおまえだけだ。牧野-----
567: nephew 19
   2016.01.19   nephew   ----- 「道明寺、あたし、あんたに大事な話がある-----
566: nephew 18
   2016.01.17   nephew   ----- 一週間の出張スケジュールを3日に凝縮させ-----
565: nephew 17
   2016.01.15   nephew   ----- 姉ちゃんが無事に子供を生んで退院の日が来-----
564: nephew 16
   2016.01.13   nephew   ----- 牧野が邸で暮らすようになって一ヶ月半。一-----
563: nephew 15
   2016.01.11   nephew   ----- 朝目覚めると久しぶりに腕の中にいる牧野の-----
562: nephew 14
   2016.01.09   nephew   ----- 道明寺の温かい手が首筋に触れると同時に、-----
561: nephew 13
   2016.01.07   nephew   ----- いつもと同じ時間帯に会社を出て運転手が待-----
560: nephew 12
   2016.01.05   nephew   ----- 牧野がこの邸で暮らすようになって1週間。-----
559: nephew 11
   2016.01.03   nephew   ----- 宗太くんの「つくし、一緒にお風呂に入ろう-----
558: nephew 10
   2016.01.01   nephew   ----- 予想通りというか、それ以上というか、邸に-----
557: nephew 9
   2015.12.30   nephew   ----- 昼休憩。自作の簡単なお弁当を食べたあと、-----
556: nephew 8
   2015.12.29   nephew   ----- 牧野と久しぶりにゆっくりとデートをする予-----
555: ごめんなさい。
   2015.12.27   未分類   ----- 昨日に続き、更新をお休みさせて頂きます。-----
554: nephew 7
   2015.12.25   nephew   ----- 結局、付き合って8年目にして初めて邸に牧-----
553: nephew 6
   2015.12.24   nephew   ----- 宗太のわがままとババァの一言で邸に初めて-----
552: nephew 5
   2015.12.22   nephew   ----- 「それなら、僕もつくしの部屋に泊まる。」-----
551: nephew 4
   2015.12.21   nephew   ----- 動物園からの帰り道、運転中の俺の携帯がな-----
550: nephew 3
   2015.12.19   nephew   ----- 動物園に来るのは何年ぶりだろうか。俺の人-----
549: nephew 2
   2015.12.18   nephew   ----- 牧野とのデートの日、遅めに起床した俺が部-----
547: nephew 1
   2015.12.18   nephew   ----- いつものように10時を少し過ぎた頃邸に戻-----
548: 新連載について
   2015.12.17   未分類   ----- こんにちは、司一筋の管理人です。いつもご-----
546: 不埒な彼氏 35
   2015.12.15   不埒な彼氏   ----- 3年後会社に入って半年の僕には面倒見のい-----
545: 不埒な彼氏 34
   2015.12.14   不埒な彼氏   ----- 道明寺HDの入社試験はさすが世界に通用する-----
544: 不埒な彼氏 33
   2015.12.11   不埒な彼氏   ----- 道明寺のお母さんの書斎を出ると、廊下の先-----
543: 不埒な彼氏 32
   2015.12.10   不埒な彼氏   ----- このご時世、就職はそう簡単に決まるものじ-----
542: 不埒な彼氏 31
   2015.12.09   不埒な彼氏   ----- 司法書士。牧野が合格した。弁護士を目指し-----
541: 不埒な彼氏 30
   2015.12.08   不埒な彼氏   ----- 無事に司法書士の試験に合格しても、あたし-----
539: 不埒な彼氏 29
   2015.12.06   不埒な彼氏   ----- はじめての夜を経験してからあたしは道明寺-----
540: お知らせ。(申し訳ない。)
   2015.12.05   未分類   ----- こんにちは。申し訳ありませんが、2、3日更-----
538: 不埒な彼氏 28
   2015.12.04   不埒な彼氏   ----- だいぶ最近ではキスにも慣れてきた。そんな-----
537: 不埒な彼氏 27
   2015.12.03   不埒な彼氏   ----- 牧野と本気の付き合いをしてみて分かったこ-----
536: 不埒な彼氏 26
   2015.12.02   不埒な彼氏   ----- 何だかんだと押し問答の末、あたしの部屋に-----
535: 不埒な彼氏 25
   2015.11.30   不埒な彼氏   ----- 道明寺に連れられてタクシーに乗り込むと、-----
534: 不埒な彼氏 24
   2015.11.30   不埒な彼氏   ----- 約束の日曜日。久しぶりにF4と優紀とあたし-----
533: 不埒な彼氏 23
   2015.11.29   不埒な彼氏   ----- おとなしくカフェを出て数メートル歩くと、-----
532: 不埒な彼氏 22
   2015.11.28   不埒な彼氏   ----- 「司とより戻したの?」「バカなこと言わな-----
531: 不埒な彼氏 21
   2015.11.27   不埒な彼氏   ----- 牧野の腕を掴み地下鉄の改札へと連れて行く-----
530: 不埒な彼氏 20
   2015.11.26   不埒な彼氏   ----- 「そろそろあたし行くね。」「うん、牧野ま-----
529: 不埒な彼氏 19
   2015.11.26   不埒な彼氏   ----- 大学の卒業式。その夜、行き付けの店でF4揃-----
528: 不埒な彼氏 18
   2015.11.25   不埒な彼氏   ----- 本日、2話目です。読み落としのないように-----
527: 不埒な彼氏 17
   2015.11.25   不埒な彼氏   ----- あの日から牧野は完全に俺と距離を取った。-----
526: 不埒な彼氏 16
   2015.11.24   不埒な彼氏   ----- 本日2話目です。読み落としのないように。-----
525: 不埒な彼氏 15
   2015.11.24   不埒な彼氏   ----- 「こんな無駄なこと、終わりにしよう。」そ-----
524: 補足します。
   2015.11.23   不埒な彼氏   ----- 連載中の不埒な彼氏、今日のお話でつくしが-----
523: 不埒な彼氏 14
   2015.11.23   不埒な彼氏   ----- 半年前、あたしはこの場所で道明寺から「俺-----
522: 不埒な彼氏 13
   2015.11.22   不埒な彼氏   ----- 牧野のバイト先からすぐにあるカフェ。11時-----
521: 不埒な彼氏 12
   2015.11.21   不埒な彼氏   ----- 図書館から借りていた本を返し忘れていたあ-----
520: 不埒な彼氏 11
   2015.11.20   不埒な彼氏   ----- 牧野の編入の話を聞いたときは、久しぶりに-----
519: 不埒な彼氏 10
   2015.11.19   不埒な彼氏   ----- いつものようにカフェテリアに向かおうと校-----
518: 不埒な彼氏 9
   2015.11.18   不埒な彼氏   ----- 「今どこにいる。」「大学の図書館にいるけ-----
517: 不埒な彼氏 8
   2015.11.17   不埒な彼氏   ----- 年末年始は毎年のようにNYで過ごし、ババァ-----
516: 不埒な彼氏 7
   2015.11.16   不埒な彼氏   ----- 結局、クリスマスも予定通りバイトに明け暮-----
515: 不埒な彼氏 6
   2015.11.15   不埒な彼氏   ----- 一ヶ月ぶりに優紀と待ち合わせて買い物に来-----
514: 不埒な彼氏 5
   2015.11.14   不埒な彼氏   ----- お姉さんと別れて、バイト先まで10分の距離-----
513: 不埒な彼氏 4
   2015.11.12   不埒な彼氏   ----- 「つくしちゃ~ん。」「お姉さんっ。」電話-----
512: 不埒な彼氏 3
   2015.11.12   不埒な彼氏   ----- 同じキャンパスで過ごしていれば、特別な約-----
510: 不埒な彼氏 2
   2015.11.11   不埒な彼氏   ----- 朝からぶっ通しで3講義受けたあと、来週の-----
509: 不埒な彼氏
   2015.11.10   不埒な彼氏   ----- 「司、」「あ?」「あそこにいるの、牧野じ-----
511: 新連載について
   2015.11.10   不埒な彼氏   ----- こんにちは。司一筋の管理人です。いつも、-----
508: 牧野と言う不思議な生き物 43
   2015.11.10   牧野と言う不思議な生き物   ----- 「なぁ、」「ん?なぁに?」 「ここから-----
507: 牧野と言う不思議な生き物 42
   2015.11.09   牧野と言う不思議な生き物   ----- その連絡が来たのは、ちょうど午後の商談に-----
506: 牧野と言う不思議な生き物 41
   2015.11.08   牧野と言う不思議な生き物   ----- それは突然やって来た。「つかさ……つかさっ-----
505: 牧野と言う不思議な生き物 40
   2015.11.07   牧野と言う不思議な生き物   ----- ようやく先週から同居をはじめた俺たち。牧-----
504: 牧野と言う不思議な生き物 39
   2015.11.06   牧野と言う不思議な生き物   ----- 妊娠7ヶ月にもなると、お腹の膨らみも目立-----
503: 牧野と言う不思議な生き物 38
   2015.11.06   牧野と言う不思議な生き物   ----- 心身ともに晴れて夫婦となった俺たちは、あ-----
502: ごめんなさーい
   2015.11.05   未分類   ----- 今日の更新はお休みさせていただきます。楽-----
501: 牧野と言う不思議な生き物 37
   2015.11.04   牧野と言う不思議な生き物   ----- プライベートルームの奥にあるベッドルーム-----
500: 牧野と言う不思議な生き物 36
   2015.11.03   牧野と言う不思議な生き物   ----- いつもと様子の違うつくしを不審に思いなが-----
499: 牧野と言う不思議な生き物 35
   2015.11.02   牧野と言う不思議な生き物   ----- 本日2話目です。読み落としのないように。-----
498: 牧野と言う不思議な生き物 34
   2015.11.02   牧野と言う不思議な生き物   ----- 今まで一週間、いや一ヶ月の出張でさえ苦痛-----
497: 牧野と言う不思議な生き物 33
   2015.11.01   牧野と言う不思議な生き物   ----- 女からのヤキモチがこんなに嬉しいものだと-----
496: 牧野と言う不思議な生き物 32
   2015.10.31   牧野と言う不思議な生き物   ----- はじめて繋いだつくしのその小さな手の感触-----
495: 牧野と言う不思議な生き物 31
   2015.10.30   牧野と言う不思議な生き物   ----- 「これからどうする?……映画でも行くか?」-----
494: 牧野と言う不思議な生き物 30
   2015.10.29   牧野と言う不思議な生き物   ----- 相変わらず関係が進展しないつくしと俺とは-----
493: 牧野と言う不思議な生き物 29
   2015.10.28   牧野と言う不思議な生き物   ----- その日の夜、俺の携帯が鳴ったのはもうすぐ-----
492: 牧野と言う不思議な生き物 28
   2015.10.26   牧野と言う不思議な生き物   ----- 今さら、『あのときは悪かった』なんて、言-----
491: 牧野と言う不思議な生き物 27
   2015.10.26   牧野と言う不思議な生き物   ----- 晴れて結婚した俺たちは、相変わらず今まで-----
490: 牧野と言う不思議な生き物 26
   2015.10.25   牧野と言う不思議な生き物   ----- 牧野に書かせた婚姻届を持って、今度は二人-----
489: 牧野と言う不思議な生き物 25
   2015.10.24   牧野と言う不思議な生き物   ----- 結局、牧野の実家を出たのは昼をだいぶ回っ-----
488: 牧野と言う不思議な生き物 24
   2015.10.23   牧野と言う不思議な生き物   ----- 頑固で意地っ張りな牧野。そんなこいつだか-----
486: 牧野と言う不思議な生き物 23
   2015.10.22   牧野と言う不思議な生き物   ----- 次の日、時間通りあたしの部屋に迎えに来た-----
487: 合間の管理人トーク
   2015.10.22   牧野と言う不思議な生き物   ----- こんにちは。司一筋の管理人です。いつも、-----
485: 牧野と言う不思議な生き物 22
   2015.10.21   牧野と言う不思議な生き物   ----- 姉ちゃんの強引な誘いもあり、邸で食事をし-----
484: 牧野と言う不思議な生き物 21
   2015.10.20   牧野と言う不思議な生き物   ----- ババァとの初顔合わせは意外とすんなりいっ-----
483: お休みします。
   2015.10.19   未分類   ----- こんにちは。今日の更新ですが、ちょっとバ-----
482: 牧野と言う不思議な生き物 20
   2015.10.18   牧野と言う不思議な生き物   ----- ババァが日本に帰ってきてる。牧野との事を-----
481: 牧野と言う不思議な生き物 19
   2015.10.17   牧野と言う不思議な生き物   ----- 「姉ちゃん、どうしてここに……?」「私は友-----
480: 牧野と言う不思議な生き物 18
   2015.10.16   牧野と言う不思議な生き物   ----- 「花沢類からも、きちんと言ってやってよっ-----
479: 牧野と言う不思議な生き物 17
   2015.10.15   牧野と言う不思議な生き物   ----- 「類っ、まだいるのかよっ!」チャイムも無-----
478: 牧野と言う不思議な生き物 16
   2015.10.14   牧野と言う不思議な生き物   ----- F3がオフィスから出ていったあと、さっきの-----
477: 牧野と言う不思議な生き物 15
   2015.10.13   牧野と言う不思議な生き物   ----- 『結婚』に合意した俺たちには、頭が痛くな-----
476: 牧野と言う不思議な生き物 14
   2015.10.12   牧野と言う不思議な生き物   ----- 目覚めると、味噌汁の匂いが部屋に漂ってい-----
475: 牧野と言う不思議な生き物 13
   2015.10.11   牧野と言う不思議な生き物   ----- 「牧野、さっきの話だけどよ、…………子供のこ-----
474: 牧野と言う不思議な生き物 12
   2015.10.10   牧野と言う不思議な生き物   ----- 総二郎から連絡が入ったのは2日後の日曜の-----
472: 牧野と言う不思議な生き物 11
   2015.10.10   牧野と言う不思議な生き物   ----- 牧野からの電話がきれたあと、一睡も出来ず-----
473: 新連載、どうでしょうか。
   2015.10.09   牧野と言う不思議な生き物   ----- こんにちは、司一筋の管理人です。いつもコ-----
471: 牧野と言う不思議な生き物 10
   2015.10.09   牧野と言う不思議な生き物   ----- 今日、2話目の更新です。読み落としのない-----
470: 牧野と言う不思議な生き物 9
   2015.10.09   牧野と言う不思議な生き物   ----- チャポン…………。仕事が終わって軽く夕飯を食-----
469: 牧野と言う不思議な生き物 8
   2015.10.08   牧野と言う不思議な生き物   ----- あいつが妊娠してる。総二郎のその言葉が四-----
468: 牧野と言う不思議な生き物 7
   2015.10.08   牧野と言う不思議な生き物   ----- 日本に戻ってきて4年目。30を目前にして-----
467: 牧野と言う不思議な生き物 6
   2015.10.07   牧野と言う不思議な生き物   ----- 本日2話目の更新です。読み落としないよう-----
466: 牧野と言う不思議な生き物 5
   2015.10.07   牧野と言う不思議な生き物   ----- 気になり出すと、何も手につかない。生徒に-----
465: 牧野と言う不思議な生き物 4
   2015.10.06   牧野と言う不思議な生き物   ----- あの日から3ヶ月。時々、思い出す。あの夜-----
464: 牧野と言う不思議な生き物 3
   2015.10.05   牧野と言う不思議な生き物   ----- 恥ずかしそうに着替えを拾いながら部屋を出-----
463: 牧野と言う不思議な生き物 2
   2015.10.04   牧野と言う不思議な生き物   ----- 「ぎゃっ!!」ドタンっ。「いたぁっー。」-----
462: 牧野と言う不思議な生き物 1
   2015.10.03   牧野と言う不思議な生き物   ----- その日の俺は、どうかしていた。茶道の家元-----
461: 出来ない女と、しない男 40
   2015.10.02   出来ない女と、しない男   ----- あの日、三年ぶりに取った休みを牧野の家で-----
460: 出来ない女と、しない男 39
   2015.10.01   出来ない女と、しない男   ----- まさかババァが牧野に婚約指輪を渡すとは思-----
459: 出来ない女と、しない男 38
   2015.09.30   出来ない女と、しない男   ----- 俺のため……?「俺に会うためにこのエレベー-----
458: 出来ない女と、しない男 37
   2015.09.29   出来ない女と、しない男   ----- ババァの出現と突然のフライングプロポーズ-----
457: 出来ない女と、しない男 36
   2015.09.28   出来ない女と、しない男   ----- ババァが帰ったあと、大河原邸に残された俺-----
456: 出来ない女と、しない男 35
   2015.09.27   出来ない女と、しない男   ----- チャイムもせず大急ぎで大河原邸に入ると、-----
455: 出来ない女と、しない男 34
   2015.09.26   出来ない女と、しない男   ----- 「大事な人です。」彼女のその台詞に、今日-----
454: 出来ない女と、しない男 33
   2015.09.25   出来ない女と、しない男   ----- 半年ぶりの帰国だった。来週の株主総会に合-----
453: 出来ない女と、しない男 32
   2015.09.24   出来ない女と、しない男   ----- 道明寺との付き合いが深くなればなるほど、-----
452: お休みします。
   2015.09.23   未分類   ----- 遅くなりましたが、今日の更新はお休みさせ-----
451: 出来ない女と、しない男 31
   2015.09.22   出来ない女と、しない男   ----- 温泉宿を出たところで俺の専用車が止まって-----
450: 出来ない女と、しない男 30
   2015.09.21   出来ない女と、しない男   ----- 愛するということは、ここまで人をいとおし-----
449: 出来ない女と、しない男 29
   2015.09.20   出来ない女と、しない男   ----- 牧野が二泊三日の温泉旅行から帰ってくるの-----
448: 出来ない女と、しない男 28
   2015.09.19   出来ない女と、しない男   ----- 恒例の『お見合い』は、メープルの喫茶です-----
447: 出来ない女と、しない男 27
   2015.09.18   出来ない女と、しない男   ----- 牧野と想いが通じたあの日、全身が痺れるほ-----
446: 出来ない女と、しない男 26
   2015.09.17   出来ない女と、しない男   ----- なんだ?これはなんだ?牧野に抱きつかれた-----
445: 出来ない女と、しない男 25
   2015.09.16   出来ない女と、しない男   ----- 突然現れたかと思ったら、何を言い出すこの-----
444: 出来ない女と、しない男 24
   2015.09.15   出来ない女と、しない男   ----- 管理課の飲み会が開かれている居酒屋に着く-----
443: 出来ない女と、しない男 23
   2015.09.14   出来ない女と、しない男   ----- 主役たちの挨拶のあと、管理部長の音頭で乾-----
442: お休みします。
   2015.09.13   未分類   ----- 今日の更新はお休みします。また明日。-----
441: 出来ない女と、しない男 22
   2015.09.12   出来ない女と、しない男   ----- 久しぶりに参加する課の飲み会。いつもはほ-----
440: 出来ない女と、しない男 21
   2015.09.11   出来ない女と、しない男   ----- 牧野と一緒に過ごすようになって1ヶ月。俺-----
439: 出来ない女と、しない男 20
   2015.09.10   出来ない女と、しない男   ----- その日から専務、いや、道明寺の怒濤の攻撃-----
438: 出来ない女と、しない男 19
   2015.09.09   出来ない女と、しない男   ----- 牧野を連れて店から出た俺は、「おまえに話-----
437: 出来ない女と、しない男 18
   2015.09.08   出来ない女と、しない男   ----- 残された男たちはあきらの提案で行きつけの-----
436: 出来ない女と、しない男 17
   2015.09.08   出来ない女と、しない男   ----- 『お見合い』その言葉にここにいる奴等が固-----
435: 出来ない女と、しない男 16
   2015.09.07   出来ない女と、しない男   ----- 今日は久々に大河原邸で集まることになって-----
433: 出来ない女と、しない男 15
   2015.09.06   出来ない女と、しない男   ----- 実家での気まずい雰囲気から一変、この人の-----
430: 出来ない女と、しない男 14
   2015.09.04   出来ない女と、しない男   ----- 「お邪魔します。」玄関まで出てきたパパと-----
429: 出来ない女と、しない男 13
   2015.09.04   出来ない女と、しない男   ----- 専務が家まで来たあの日、そのあと散々桜子-----
428: 出来ない女と、しない男 12
   2015.09.03   出来ない女と、しない男   ----- 専務の突然職場訪問から3日後、桜子と滋さ-----
427: 出来ない女と、しない男 11
   2015.09.02   出来ない女と、しない男   ----- 「四六時中、おまえのことが頭から離れねぇ-----
426: いかがですか~。
   2015.09.01   未分類   ----- こんにちは。司一筋の管理人です。いつもご-----
424: 出来ない女と、しない男 10
   2015.09.01   出来ない女と、しない男   ----- 仕事の支度をするために一度邸に戻った俺に-----
425: お知らせ
   2015.08.31   未分類   ----- 今日の更新はお休みさせて頂きます。月締め-----
423: 出来ない女と、しない男 9
   2015.08.30   出来ない女と、しない男   ----- 「滋さん、どうしましょう?」「もしかして-----
422: 出来ない女と、しない男 8
   2015.08.29   出来ない女と、しない男   ----- あいつらが出掛けて20分。まだあの女は帰-----
421: 出来ない女と、しない男 7
   2015.08.28   出来ない女と、しない男   ----- 会社のパソコンで社員情報を開く。管理部 -----
420: 小話 5
   2015.08.27   小話   ----- 時期、設定はご自由に~。****************-----
419: 出来ない女と、しない男 6
   2015.08.27   出来ない女と、しない男   ----- 「恋愛恐怖症」「あ?」「だから、誰かと恋-----
418: 出来ない女と、しない男 5
   2015.08.24   出来ない女と、しない男   ----- 5回目。これで5回目。「おう。」「お疲れ-----
417: 出来ない女と、しない男 4
   2015.08.24   出来ない女と、しない男   ----- 日本支社の専務に就任して1ヶ月。正確にい-----
415: 出来ない女と、しない男 3
   2015.08.23   出来ない女と、しない男   ----- 土曜日。西門さんたちの都合に合わせて集ま-----
414: 出来ない女と、しない男 2
   2015.08.22   出来ない女と、しない男   ----- あたしの職場は日本を代表する大財閥、その-----
413: お休みします。
   2015.08.21   未分類   ----- すみません。どうしても仕事が終わらなくて-----
412: 出来ない女と、しない男 1
   2015.08.20   出来ない女と、しない男   ----- お昼の休憩でごった返していた社食も、やっ-----
411: 新連載について
   2015.08.19   未分類   ----- こんにちは、司一筋の管理人です。いつもコ-----
410: ドクター! 26
   2015.08.17   ドクター   ----- ジューンブライド。昔から6月の花嫁は幸せ-----
409: ドクター! 25
   2015.08.16   ドクター   ----- 「道明寺、あたし明日仕事だからねっ、外来-----
408: ごめんなさい。
   2015.08.15   未分類   ----- ちょっとバタバタしてまして、今日もお休み-----
407: ドクター! 24
   2015.08.14   ドクター   ----- 1週間前ぶりに牧野から連絡が入った。『整-----
406: お知らせ
   2015.08.13   未分類   ----- 本日の更新はお休みさせて頂きます。お盆で-----
405: ドクター! 23
   2015.08.12   ドクター   ----- 道明寺に向き合う…………、その前にもうひとつ-----
404: ドクター! 22
   2015.08.11   ドクター   ----- その番号を押したのは、6年ぶり。「もしも-----
403: ドクター! 21
   2015.08.10   ドクター   ----- 『殴られてよかった。おまえと一緒にいれる-----
402: ドクター! 20
   2015.08.09   ドクター   ----- 「毎日会いに来る。」宣言どおり道明寺は毎-----
401: ドクター! 19
   2015.08.08   ドクター   ----- 牧野の前に差し出した結婚式の招待状。これ-----
400: ドクター! 18
   2015.08.07   ドクター   ----- マンション近くの喫茶店に入り、窓側の席に-----
399: ドクター! 17
   2015.08.06   ドクター   ----- いつもより仕事を早めに切り上げて向かった-----
398: ドクター! 16
   2015.08.05   ドクター   ----- 「よっ。」「司、来てくれたんだ。」メープ-----
397: ドクター! 15
   2015.08.04   ドクター   ----- マジでやべぇ。脇と背中に尋常な冷や汗をか-----
396: ドクター! 14
   2015.08.03   ドクター   ----- 牧野の家で『児島におまえは渡さない。』と-----
395: お知らせ
   2015.08.02   未分類   ----- 本日の更新はお休みさせて頂きます。よろし-----
394: ドクター! 13
   2015.08.01   ドクター   ----- かすかな道明寺の話し声で目が覚める。「……-----
393: ドクター! 12
   2015.07.31   ドクター   ----- 仕事が終わってマンションに戻ると、ドアの-----
392: ドクター! 11
   2015.07.30   ドクター   ----- だるい。すげー体がだるい。2、3日前からな-----
391: ドクター! いかがですか?
   2015.07.30   ドクター   ----- こんにちは。司一筋の管理人です。新連鎖ド-----
390: ドクター! 10
   2015.07.29   ドクター   ----- 誤解されたくない相手。牧野が言った言葉が-----
389: ドクター! 9
   2015.07.29   ドクター   ----- ハマドとの業務提携に向けて連日遅くまでオ-----
388: ドクター! 8
   2015.07.28   ドクター   ----- 「付き合ってるよ。あたしたち。」牧野のそ-----
387: ドクター! 7
   2015.07.27   ドクター   ----- タマの退院の日。「デートしようぜ。」俺の-----
386: お知らせ
   2015.07.26   未分類   ----- 本日の更新はお休みします。昨日、2話アッ-----
385: ドクター! 6
   2015.07.25   ドクター   ----- タマが入院して5日目。昨日聞いた牧野とあ-----
384: ドクター! 5
   2015.07.25   ドクター   ----- タマの病室にF4が勢揃いしたことで、廊下の-----
383: ドクター! 4
   2015.07.24   ドクター   ----- タマが入院して3日目。土曜日の今日は、仕-----
382: ドクター! 3
   2015.07.23   ドクター   ----- 6年ぶりに見る牧野は、ほんの少し大人にな-----
381: ドクター! 2
   2015.07.22   ドクター   ----- タマが目覚めた頃に…………と思っていたのに、-----
380: ドクター!
   2015.07.21   ドクター   ----- 「坊っちゃん。タマはとうとうお迎えが来た-----
379: 新連載のお知らせ
   2015.07.19   未分類   ----- こんにちは。司一筋の管理人です。いつも、-----
378: VOICE~ボイス 34
   2015.07.17   VOICE~ボイス   ----- ロスの早朝。さすが大都会だけあって、こん-----
377: VOICE~ボイス 33
   2015.07.16   VOICE~ボイス   ----- ロスへの出発の日。空港まで送ると牧野には-----
376: VOICE~ボイス 32
   2015.07.15   VOICE~ボイス   ----- ここ最近、牧野の様子がおかしかった。何か-----
375: VOICE~ボイス 31
   2015.07.14   VOICE~ボイス   ----- 1ヶ月なんてあっという間で、とうとう明日-----
374: VOICE~ボイス 30
   2015.07.13   VOICE~ボイス   ----- 「道明寺、あのね、……あたし…………留学する。-----
373: ダウン
   2015.07.11   未分類   ----- ごめんなさい。風邪でダウンしてしまいまし-----
372: VOICE~ボイス 29
   2015.07.10   VOICE~ボイス   ----- 理事長に呼ばれて、緊張しながら理事長室へ-----
371: きょうの
   2015.07.09   未分類   ----- 更新、お休みさせて頂きます。夏風邪ひいて-----
370: VOICE~ボイス 28
   2015.07.08   VOICE~ボイス   ----- 「道明寺、……あっち向いてよ。」「やだ。」-----
369: VOICE~ボイス 27
   2015.07.07   VOICE~ボイス   ----- 『道明寺の……好きにして。』心底惚れてる女-----
368: VOICE~ボイス 26
   2015.07.06   VOICE~ボイス   ----- ジャー……室内に水音が響き渡る。「先に入っ-----
367: VOICE~ボイス 25
   2015.07.04   VOICE~ボイス   ----- ラブホテル……こいつはそこがどういうところ-----
366: VOICE~ボイス 24
   2015.07.03   VOICE~ボイス   ----- 牧野からのヤキモチ。それだけでもすげーヤ-----
365: VOICE~ボイス 23
   2015.07.02   VOICE~ボイス   ----- たぶんこの場で知らなかったのは俺だけだろ-----
364: VOICE~ボイス 22
   2015.07.01   VOICE~ボイス   ----- 『絶対来るな』昨日、牧野にそう言われて、-----
363: VOICE~ボイス 21
   2015.06.30   VOICE~ボイス   ----- 牧野と晴れて恋人関係が復活したはずなのに-----
362: VOICE~ボイス 20
   2015.06.29   VOICE~ボイス   ----- 突然乱入してきたいつものメンバーによって-----
361: 今日は
   2015.06.28   未分類   ----- 今日の更新はお休みさせていただきまーす。-----
360: VOICE~ボイス 19
   2015.06.27   VOICE~ボイス   ----- 「mint」まるでその言葉が、あたしたちのこ-----
359: VOICE~ボイス 18
   2015.06.26   VOICE~ボイス   ----- 1時間前、道明寺とダイニングで激しくやり-----
358: VOICE~ボイス 17
   2015.06.25   VOICE~ボイス   ----- 邸に着いたのは日が暮れてからだった。「牧-----
356: VOICE~ボイス 16
   2015.06.24   VOICE~ボイス   ----- NYに旅立って1年間、俺と牧野はそれまで以-----
357: ちょいと、
   2015.06.24   未分類   ----- ごめんなさい。今日の更新ですが、まだ書き-----
355: VOICE~ボイス 15
   2015.06.23   VOICE~ボイス   ----- デジャブ…………。ついこの前もこの場所でこん-----
354: VOICE~ボイス 14
   2015.06.22   VOICE~ボイス   ----- 「10分後にそっちに行くから待ってろ。」-----
353: VOICE~ボイス 13
   2015.06.21   VOICE~ボイス   ----- 「もしもしっ!」「……道明寺?」「いってぇ-----
352: VOICE~ボイス 12
   2015.06.20   VOICE~ボイス   ----- 501号室。道明寺の部屋の前まで来たあたし-----
351: VOICE~ボイス 11
   2015.06.19   VOICE~ボイス   ----- 情けない、情けない、情けない。情けなくて-----
350: どうでしょうか。
   2015.06.18   未分類   ----- こんにちは。司一筋の管理人です。新連載、-----
349: VOICE~ボイス 10
   2015.06.18   VOICE~ボイス   ----- 俺らは今、二人仲良く……立たされている。こ-----
348: VOICE~ボイス 9
   2015.06.17   VOICE~ボイス   ----- 息を切らしてあたしの部屋に飛び込んだ道明-----
347: VOICE~ボイス 8
   2015.06.16   VOICE~ボイス   ----- 「おまえのこと考えてた。」そんなことを言-----
346: VOICE~ボイス 7
   2015.06.15   VOICE~ボイス   ----- 日本に戻って1週間。バタバタと慌ただしく-----
345: VOICE~ボイス 6
   2015.06.14   VOICE~ボイス   ----- 会いたくて、会いたくて、会いたくて……。全-----
344: VOICE~ボイス 5
   2015.06.13   VOICE~ボイス   ----- 寮で暮らしはじめて3年目。門限を破るのは-----
343: VOICE~ボイス 4
   2015.06.12   VOICE~ボイス   ----- 「道明寺、元気だった?」笑って言ったあた-----
342: VOICE~ボイス 3
   2015.06.11   VOICE~ボイス   ----- いつものように9時過ぎにバイトが終わり、-----
341: VOICE~ボイス 2
   2015.06.10   VOICE~ボイス   ----- ガチャガチャ……ゴトゴト……。ドンッ……バタバ-----
340: VOICE~ボイス
   2015.06.09   VOICE~ボイス   ----- 道明寺が高校卒業と共にNYに旅立って3年。-----
339: 総務課の牧野さん 54 最終話
   2015.06.06   総務課の牧野さん   ----- あれから2年後。「牧野さん、配送先のファ-----
338: 総務課の牧野さん 53
   2015.06.05   総務課の牧野さん   ----- 二人で向かったババァの書斎。昨日の姿が嘘-----
337: 総務課の牧野さん 52
   2015.06.04   総務課の牧野さん   ----- 朝、目覚めて熱いシャワーを浴びる。濡れた-----
336: 総務課の牧野さん 51
   2015.06.03   総務課の牧野さん   ----- 報告書に目を通したあと、ババァの書斎に向-----
335: 総務課の牧野さん 50
   2015.06.02   総務課の牧野さん   ----- 椿さんに手を握られながら、連れてこられた-----
334: 総務課の牧野さん 49
   2015.06.01   総務課の牧野さん   ----- 「道明寺っ!」「つかさっ、やめなさいっ!-----
333: お休みします
   2015.05.31   未分類   ----- 日曜日なので、今日の更新はお休みします。-----
332: 総務課の牧野さん 48
   2015.05.30   総務課の牧野さん   ----- 「怖いか?」ババァが明日日本に戻ってくる-----
331: 総務課の牧野さん 47
   2015.05.29   総務課の牧野さん   ----- きっかけは、長年道明寺の専属デザイナーと-----
330: 総務課の牧野さん 46
   2015.05.28   総務課の牧野さん   ----- 牧野の両親と別れたあと、ねーちゃんと一緒-----
329: 総務課の牧野さん 45
   2015.05.27   総務課の牧野さん   ----- 「ねーちゃんっ!」突然のことに、他の客の-----
328: 総務課の牧野さん 44
   2015.05.26   総務課の牧野さん   ----- 約束の午後3時。30分前に、出先からメー-----
327: 総務課の牧野さん 43
   2015.05.25   総務課の牧野さん   ----- ラーメン屋でのプロポーズのあと、牧野のマ-----
326: お休みします。
   2015.05.24   未分類   ----- 今日の更新はお休みします。明日、1話アッ-----
325: 総務課の牧野さん 42
   2015.05.23   総務課の牧野さん   ----- 道明寺に進の連絡先を教えて10日あまりた-----
324: 総務課の牧野さん 41
   2015.05.22   総務課の牧野さん   ----- 「結婚しよう。」ずっと牧野に伝えたかった-----
323: 総務課の牧野さん 40
   2015.05.20   総務課の牧野さん   ----- 「なんで泣いてんだよっ。」その言葉に、堰-----
322: 総務課の牧野さん 39
   2015.05.19   総務課の牧野さん   ----- 年が明け、年末から実家に帰省してた牧野が-----
321: 総務課の牧野さん 38
   2015.05.19   総務課の牧野さん   ----- 季節は師走。牧野とも順調に交際が進み、公-----
320: 総務課の牧野さん 37
   2015.05.17   総務課の牧野さん   ----- 3週間ぶりにこいつに触れて、肉体的にも精-----
319: 今日こそ
   2015.05.17   未分類   ----- 1日お休みさせて頂きます。明日、更新しま-----
318: 総務課の牧野さん 36
   2015.05.15   総務課の牧野さん   ----- 終業時間ピッタリに俺の携帯が鳴る。「おう-----
317: 総務課の牧野さん 35
   2015.05.15   総務課の牧野さん   ----- 日本に戻ってきて9カ月。牧野と正確に付き-----
316: 総務課の牧野さん 34
   2015.05.14   総務課の牧野さん   ----- 仕事を朝方にしてせっかく時間を作ったつー-----
314: 総務課の牧野さん 33
   2015.05.13   総務課の牧野さん   ----- 今日はいつもより30分早く出社した。まだ-----
315: お休みします
   2015.05.13   未分類   ----- 今日、明日、仕事が忙しくて更新できないか-----
313: 総務課の牧野さん 32
   2015.05.12   総務課の牧野さん   ----- 二人でいる時間はあっという間に過ぎていく-----
312: 総務課の牧野さん 31
   2015.05.11   総務課の牧野さん   ----- お互いの気持ちが4年前から繋がっていたこ-----
311: コメントお礼
   2015.05.10   未分類   ----- 先日の『あっという間に』の記事にたくさん-----
310: 総務課の牧野さん 30
   2015.05.10   総務課の牧野さん   ----- 怒りを通り越して、絶望的な表情のこいつを-----
309: あっという間に
   2015.05.09   未分類   ----- こんにちは。司一筋の管理人です。総務課の-----
308: 総務課の牧野さん 29
   2015.05.09   総務課の牧野さん   ----- はやる気持ちを抑えて会社に戻った俺は、ま-----
307: 総務課の牧野さん 28
   2015.05.08   総務課の牧野さん   ----- 長かった2週間の出張を終えプライベートジ-----
306: 総務課の牧野さん 27
   2015.05.07   総務課の牧野さん   ----- 完全に悪いのは…………あたし。5日前の電話。-----
305: 総務課の牧野さん 26
   2015.05.07   総務課の牧野さん   ----- NYに来て5日目。早くも禁断症状が出てる。-----
304: 総務課の牧野さん 25
   2015.05.06   総務課の牧野さん   ----- 体を重ねるようになってから初めてかもしれ-----
303: 総務課の牧野さん 24
   2015.05.05   総務課の牧野さん   ----- 支社長の車に乗せられて連れてこられたのは-----
302: 総務課の牧野さん 23
   2015.05.04   総務課の牧野さん   ----- 会社から帰ってきて夜ご飯の支度をしている-----
301: 総務課の牧野さん 22
   2015.05.03   総務課の牧野さん   ----- 薄々、気付いていた。司様の様子がこのとこ-----
300: 総務課の牧野さん 21
   2015.05.02   総務課の牧野さん   ----- 会いたいの一心で顔を見に行った俺が、口実-----
299: ちょいと休憩。
   2015.05.01   未分類   ----- こんにちは。司一筋です。総務課の牧野さん-----
298: 総務課の牧野さん 20
   2015.05.01   総務課の牧野さん   ----- もうすぐ昼休憩……そう思って午前の仕事のス-----
297: 総務課の牧野さん 19
   2015.05.01   総務課の牧野さん   ----- 総二朗には『引くときは引けっ』と助言され-----
296: 総務課の牧野さん 18
   2015.04.30   総務課の牧野さん   ----- 「女って、何考えてんのか分かんねーな。」-----
295: 総務課の牧野さん 17
   2015.04.30   総務課の牧野さん   ----- 「支社長、どうしてうちのマンション分かっ-----
294: 総務課の牧野さん 16
   2015.04.29   総務課の牧野さん   ----- いつもより帰りが遅くなった今日、マンショ-----
293: 総務課の牧野さん 15
   2015.04.29   総務課の牧野さん   ----- すごい怒った顔でフロアを立ち去った支社長-----
292: 総務課の牧野さん 14
   2015.04.28   総務課の牧野さん   ----- 湯船に浸かって四年前の思い出にひたってい-----
291: 総務課の牧野さん 13
   2015.04.28   総務課の牧野さん   ----- 猛烈な寒気で目が覚めた。部屋の中はさっき-----
290: 総務課の牧野さん 12
   2015.04.28   総務課の牧野さん   ----- かすかな物音がして、深い眠りから目覚める-----
289: 総務課の牧野さん 11
   2015.04.27   総務課の牧野さん   ----- 「んっ、……くちゅ……はぁ…………し……しゃちょう-----
288: 総務課の牧野さん 10
   2015.04.27   総務課の牧野さん   ----- こいつに背中を押されたままエレベーターに-----
287: 総務課の牧野さん 9
   2015.04.26   総務課の牧野さん   ----- 約束の時間。西田に無理言って、仕事の予定-----
286: 総務課の牧野さん 8
   2015.04.26   総務課の牧野さん   ----- あと数センチ……のところで秘書のかたの声が-----
285: どうでしょうか。
   2015.04.25   未分類   ----- こんにちは。新連載、総務課の牧野さん。楽-----
284: 総務課の牧野さん 7
   2015.04.25   総務課の牧野さん   ----- ただでさえ、会うのに勇気がいるというのに-----
283: 総務課の牧野さん 6
   2015.04.25   総務課の牧野さん   ----- 朝帰りした俺を「どこでだれと遊んでたら、-----
282: 総務課の牧野さん 5
   2015.04.25   総務課の牧野さん   ----- マンションに着いたのは朝の5時だった。昨-----
281: 総務課の牧野さん 4
   2015.04.24   総務課の牧野さん   ----- こんなビジネスホテルに泊まるのは、いや、-----
280: 総務課の牧野さん 3
   2015.04.24   総務課の牧野さん   ----- あれから3ヶ月。無事にオフィスもそれなり-----
279: 総務課の牧野さん 2
   2015.04.24   総務課の牧野さん   ----- 結局、あの女に押される形でカタログから家-----
278: 総務課の牧野さん 1
   2015.04.23   総務課の牧野さん   ----- 次の日、オフィスに顔を出した俺は、昨日と-----
277: 総務課の牧野さん
   2015.04.22   総務課の牧野さん   ----- NYから日本に戻ってきて今日で3日目。来週-----
276: 許婚……いいなずけ 25
   2015.04.21   許婚…………いいなずけ   ----- 同じ人間なのにどうしてこうも柔らかいんだ-----
275: お知らせ
   2015.04.20   未分類   ----- 許婚の最終話は明日アップします。楽しみに-----
274: 許婚……いいなずけ 24
   2015.04.20   許婚…………いいなずけ   ----- 18歳の誕生日に突然言い渡された許婚話。反-----
273: お休みしまーす。
   2015.04.19   未分類   ----- 本日の更新はお休みいたします。また明日。-----
272: 許婚……いいなずけ 23
   2015.04.18   許婚…………いいなずけ   ----- 「坊っちゃん、坊っちゃんっ!」扉の向こう-----
271: 許婚……いいなずけ 22
   2015.04.17   許婚…………いいなずけ   ----- 「開けろ。」「イヤだっ。」壁ひとつ隔てて-----
270: お休みします
   2015.04.16   未分類   ----- 今日の更新はお休みさせていただきます。仕-----
269: 許婚……いいなずけ 21
   2015.04.15   許婚…………いいなずけ   ----- 牧野の部屋でキスをしたあの日、「…………ごめ-----
268: 許婚……いいなずけ 20
   2015.04.14   許婚…………いいなずけ   ----- 「俺のことどう思ってる?」後ろから抱きし-----
267: 小話 4
   2015.04.13   小話   ----- あたしにはここ3年ほど、彼氏がいない。い-----
265: 許婚……いいなずけ 19
   2015.04.13   許婚…………いいなずけ   ----- 少し性急すぎるか…………。あとになって考えれ-----
264: 許婚……いいなずけ 18
   2015.04.10   許婚…………いいなずけ   ----- 結局、その後2日間熱でダウンした道明寺。-----
263: 許婚……いいなずけ 17
   2015.04.09   許婚…………いいなずけ   ----- 夢…………?ううん。夢なんかじゃない。だって-----
262: いかがですか~。
   2015.04.08   未分類   ----- こんにちは。司一筋の管理人です。連載中の-----
261: 許婚……いいなずけ 16
   2015.04.08   許婚…………いいなずけ   ----- その夜、邸に戻ったのは9時過ぎだった。エ-----
260: 許婚……いいなずけ 15
   2015.04.07   許婚…………いいなずけ   ----- 「……牧野、起きろ牧野。」心地よい車の揺れ-----
259: 許婚……いいなずけ 14
   2015.04.06   許婚…………いいなずけ   ----- 次の日から強制的に車で登校させることにし-----
258: お休みします
   2015.04.05   未分類   ----- 本日の更新はお休みさせて頂きます。明日、-----
257: 許婚……いいなずけ 13
   2015.04.04   許婚…………いいなずけ   ----- 『攻めろ』類からの助言は素直に納得したが-----
256: 許婚……いいなずけ 12
   2015.04.03   許婚…………いいなずけ   ----- 「すごい噂だぞ。おまえが地下鉄に乗ってる-----
255: 許婚……いいなずけ 11
   2015.04.02   許婚…………いいなずけ   ----- 痴漢という言葉を出したときの、怯えるあい-----
254: 許婚……いいなずけ 10
   2015.04.01   許婚…………いいなずけ   ----- 新学期、大学生となった俺。許婚話が持ち上-----
252: 許婚……いいなずけ 9
   2015.03.31   許婚…………いいなずけ   ----- 昨日はあれからタマの部屋でさんざん昔話を-----
253: お休みします
   2015.03.30   未分類   ----- 本日の更新はお休みします。ごめんなさい。-----
251: 許婚……いいなずけ 8
   2015.03.29   許婚…………いいなずけ   ----- 類とあいつの会話を聞いてから、俺の心は決-----
250: 許婚……いいなずけ 7
   2015.03.28   許婚…………いいなずけ   ----- 「おまえさ、類と知り合いなんだって?」「-----
249: 許婚……いいなずけ 6
   2015.03.27   許婚…………いいなずけ   ----- 「何をどうしたら、こういうことになる?」-----
248: 許婚……いいなずけ 5
   2015.03.26   許婚…………いいなずけ   ----- 一人になって考えたかった俺は、それから部-----
247: 許婚……いいなずけ 4
   2015.03.26   許婚…………いいなずけ   ----- 「……ま……きの?」なぜ、あいつがここにいる-----
246: 許婚……いいなずけ 3
   2015.03.25   許婚…………いいなずけ   ----- 「へぇー、マジかよその話っ。」「恐ろしい-----
245: 許婚……いいなずけ 2
   2015.03.24   許婚…………いいなずけ   ----- 1月31日。今日は18回目の俺の誕生日。毎年-----
244: 許婚……いいなずけ 1
   2015.03.23   許婚…………いいなずけ   ----- それは高校2年の冬。あたしは、その日が来-----
243: 小話 3
   2015.03.22   小話   ----- 小話です。年齢、設定はフリーで。********-----
242: 恋人の距離19
   2015.03.21   恋人の距離   ----- 恋人の距離のリクエストを頂きましたので、-----
241: 新連載のお知らせ
   2015.03.19   未分類   ----- 先日は新連載のアイデアを募集したところ、-----
240: 限りなくゼロ 22
   2015.03.19   限りなくゼロ   ----- 牧野の部屋で一夜を過ごした次の日の夜、俺-----
239: 限りなくゼロ 21
   2015.03.18   限りなくゼロ   ----- 4年前がどうのこうの言ってる訳じゃねぇ。-----
238: 限りなくゼロ 20
   2015.03.17   限りなくゼロ   ----- 二人とも無言のまま歩き続け、表通りから脇-----
237: 限りなくゼロ 19
   2015.03.16   限りなくゼロ   ----- いつもより二時間も早くオフィスに着いた俺-----
236: お休みします
   2015.03.15   未分類   ----- 本日の更新はお休みします。明日、1話アッ-----
235: 限りなくゼロ 18
   2015.03.14   限りなくゼロ   ----- 俺たちは、出会って5年目にして、ようやく-----
234: 限りなくゼロ 17
   2015.03.13   限りなくゼロ   ----- 大学4年目はNYに行くと決めた俺。残された-----
233: どうやら、
   2015.03.12   未分類   ----- 硫黄にかぶれたようです。沢山のお見舞コメ-----
232: 限りなくゼロ 16
   2015.03.12   限りなくゼロ   ----- 記憶を取り戻して1ヶ月半が立とうとしてい-----
231: お休みします
   2015.03.11   未分類   ----- 連日、お休みしてしまってスイマセン。最近-----
230: 限りなくゼロ 15
   2015.03.10   限りなくゼロ   ----- 「また、牧野らしいとんでもない目標を立て-----
229: お休みしまーす。
   2015.03.09   未分類   ----- 今日の更新はお休みさせていただきます!明-----
228: 限りなくゼロ 14
   2015.03.08   限りなくゼロ   ----- ボロいアパートの前。昔よりは良くなったが-----
227: 限りなくゼロ 13
   2015.03.07   限りなくゼロ   ----- 約束通り、類の家に来た俺。久しぶりに訪れ-----
226: 限りなくゼロ 12
   2015.03.06   限りなくゼロ   ----- 「司、何してるの?」静寂を破って聞こえた-----
225: 限りなくゼロ 11
   2015.03.06   限りなくゼロ   ----- 俺らしくなく、悶々とした日々が過ぎていく-----
224: 限りなくゼロ (おまけエピ)
   2015.03.05   限りなくゼロ   ----- 「西門さん、なんか変じゃありません?」「-----
223: 限りなくゼロ 10
   2015.03.05   限りなくゼロ   ----- 結局、俺は弱虫だ。温泉でのあの一件依頼、-----
222: 限りなくゼロ 9
   2015.03.04   限りなくゼロ   ----- 俺には大切な人がいる。恋だの愛だの、そん-----
221: 限りなくゼロ 8
   2015.03.03   限りなくゼロ   ----- 滋の突拍子もない思いつきと、類の天然発言-----
220: 限りなくゼロ 7
   2015.03.02   限りなくゼロ   ----- 記憶というものは残酷だ。この1年半、どん-----
219: 限りなくゼロ、いかがですか?
   2015.03.01   限りなくゼロ   ----- こんにちは。新連載、限りなくゼロ、いかが-----
218: 限りなくゼロ 6
   2015.03.01   限りなくゼロ   ----- パーティーのあと、久しぶりに類と飲みにき-----
217: 限りなくゼロ 5
   2015.02.28   限りなくゼロ   ----- 『バイバイ道明寺』あいつが俺の前から去っ-----
216: お詫びとお知らせ。
   2015.02.27   未分類   ----- 今日の更新はお休みさせていただきます。北-----
215: 限りなくゼロ 4
   2015.02.25   限りなくゼロ   ----- 類の言った通りかもしれねぇ。たぶん、牧野-----
214: 限りなくゼロ 3
   2015.02.25   限りなくゼロ   ----- あの日から、俺の前に姿を見せなくなったあ-----
213: 限りなくゼロ 2
   2015.02.24   限りなくゼロ   ----- その日、俺はなぜだかムシャクシャしていた-----
212: 限りなくゼロ 1
   2015.02.23   限りなくゼロ   ----- 新連載です。記憶喪失からの…………。ハッピー-----
211: 野獣と秘書 31
   2015.02.22   野獣と秘書   ----- せっかく婚約が決まったって言うのに、休み-----
210: 野獣と秘書 30
   2015.02.20   野獣と秘書   ----- 偶然なのか、必然なのか。運命とは面白いも-----
209: 野獣と秘書 29
   2015.02.19   野獣と秘書   ----- この場にババァがいることには驚いたが、そ-----
208: 野獣と秘書 28
   2015.02.19   野獣と秘書   ----- そろそろ牧野から連絡が来てもいい時間。何-----
207: 野獣と秘書 27
   2015.02.18   野獣と秘書   ----- 牧野の『義務』という奨学金返済も終わった-----
206: 野獣と秘書 26
   2015.02.17   野獣と秘書   ----- 季節は冬を過ぎ、若葉が芽吹く春。牧野と出-----
205: 野獣と秘書 25
   2015.02.16   野獣と秘書   ----- カーテンからうっすら陽の光が差し込み始め-----
204: 野獣と秘書 24
   2015.02.15   野獣と秘書   ----- 牧野に啖呵を切ってリネンルームを飛び出し-----
203: 野獣と秘書 23
   2015.02.14   野獣と秘書   ----- 「馬子にも衣装だな。」目の前にいるドレス-----
202: お休みしまーす。
   2015.02.13   未分類   ----- ごめんなさい。今日の更新、お休みしまーす-----
201: 野獣と秘書 22
   2015.02.12   野獣と秘書   ----- 「ところで司、こんなところでつくしちゃん-----
200: 野獣と秘書 21
   2015.02.11   野獣と秘書   ----- 俺はあきらとの会話のあと、西田に頼み九条-----
199: 野獣と秘書 20
   2015.02.10   野獣と秘書   ----- ここ数日、牧野の様子がおかしい。仕事中は-----
198: ごめんなさーい
   2015.02.09   未分類   ----- 今日の更新はお休みさせて頂きます。本業が-----
196: 野獣と秘書 19
   2015.02.08   野獣と秘書   ----- 美麗さんにあたしたちのことを知られてから-----
197: お休みしまーす。
   2015.02.07   未分類   ----- こんにちは。司一筋の管理人、司一筋です。-----
195: 野獣と秘書 18
   2015.02.06   野獣と秘書   ----- もうっ!信じらんないっ。信じらんないっ。-----
194: 野獣と秘書 17
   2015.02.05   野獣と秘書   ----- 俺のイラつきも限界に達している。九条美麗-----
193: 野獣と秘書 16
   2015.02.04   野獣と秘書   ----- 地獄の1ヶ月が始まった。メープルホテルの-----
192: 野獣と秘書 15
   2015.02.03   野獣と秘書   ----- 牧野との関係が深くなる一方で、九条美麗と-----
191: 野獣と秘書 14
   2015.02.02   野獣と秘書   ----- 結局、NYにいる間は牧野とは連絡がつかなか-----
190: 野獣と秘書 13
   2015.02.01   野獣と秘書   ----- パーティー当日、俺は美麗を連れて会場に入-----
189: 野獣と秘書 12
   2015.02.01   野獣と秘書   ----- 誕生日の前日にNY入りした俺は、明日のパー-----
188: 小話 2
   2015.01.30   小話   ----- 時期、設定はお任せします。**************-----
187: コメントお礼(治りました!)
   2015.01.30   コメントお礼(必読)   ----- はい。こんにちは。司一筋の管理人、司一筋-----
186: 野獣と秘書 11
   2015.01.30   野獣と秘書   ----- 俺が日本に帰国して9か月。牧野と付き合い-----
185: 野獣と秘書 10
   2015.01.29   野獣と秘書   ----- 突然、笑い出した姉ちゃんに牧野と佐々木も-----
184: 野獣と秘書 9
   2015.01.28   野獣と秘書   ----- 今がチャンスとばかりに秘書室に乗り込んだ-----
183: 野獣と秘書 8
   2015.01.27   野獣と秘書   ----- 3か月ぶりの日本。今回の目的はただ一つ。-----
182: 早めのお詫び
   2015.01.26   未分類   ----- こんにちは。司一筋の管理人、司一筋です。-----
181: 野獣と秘書 7
   2015.01.25   野獣と秘書   ----- 「道明寺、道明寺。」耳元で愛しい女の声が-----
180: 野獣と秘書6
   2015.01.24   野獣と秘書   ----- せっかく必死に抑えてたっつーのに、こいつ-----
179: 野獣と秘書 5
   2015.01.23   野獣と秘書   ----- 牧野と微妙なスレ違いがあってから半月が経-----
178: 野獣と秘書 4
   2015.01.22   野獣と秘書   ----- ほとんど眠れず、すっきりしない頭を抱えて-----
177: 野獣と秘書 3
   2015.01.22   野獣と秘書   ----- いつものように、牧野の柔らかい唇に自分の-----
176: 野獣と秘書 2
   2015.01.21   野獣と秘書   ----- 予定通り日本に着いたのは8時を過ぎていた-----
175: 野獣と秘書 1
   2015.01.20   野獣と秘書   ----- このお話は野獣プリンスのお付き合い編です-----
174: 新連載のお知らせ
   2015.01.19   コメントお礼(必読)   ----- 明日から野獣プリンスのお付き合い編をはじ-----
173: セカンドミッション おまけ
   2015.01.16   セカンドミッション   ----- 西田のヤロー!タイミングがわりぃーんだよ-----
172: セカンドミッション 36(最終話)
   2015.01.15   セカンドミッション   ----- 牧野の両親をロビーまで送ったあと、ババァ-----
170: セカンドミッション 35
   2015.01.14   セカンドミッション   ----- 昨日のババァの会見はその日のうちに新聞各-----
171: お詫びです。
   2015.01.13   未分類   ----- みなさん、こんにちは。いつも来ていただい-----
169: セカンドミッション 34
   2015.01.12   セカンドミッション   ----- とにかく頭を整理させたい。そう思った俺は-----
168: セカンドミッション 33
   2015.01.10   セカンドミッション   ----- 『婚姻関係を結んだれっきとした夫婦』ババ-----
167: セカンドミッション 32
   2015.01.10   セカンドミッション   ----- 道明寺楓社長が直々に会見を開くとあって、-----
166: セカンドミッション 31
   2015.01.09   セカンドミッション   ----- 「道明寺をもう一度下さいって言いに行く。-----
165: コメントお礼(西田強し!)
   2015.01.08   コメントお礼(必読)   ----- 原作派ですか?ドラマ派ですか?の問いかけ-----
164: セカンドミッション 30
   2015.01.08   セカンドミッション   ----- 小さな電子音で目が覚めた。俺の腕の中でま-----
163: セカンドミッション 29
   2015.01.07   セカンドミッション   ----- さすがに、いくら限界だからって久しぶりに-----
162: セカンドミッション 28
   2015.01.06   セカンドミッション   ----- 再会してから何度か唇を重ねてきたが、その-----
161: セカンドミッション 27
   2015.01.05   セカンドミッション   ----- メープルのスイートルーム。左右に広いプラ-----
159: セカンドミッション 26
   2015.01.04   セカンドミッション   ----- メープルのスイートに入っていくと、奥の部-----
160: ごめんなさーい
   2015.01.03   コメントお礼(必読)   ----- 今日は更新をお休みさせて頂きます。申し訳-----
158: セカンドミッション 25
   2015.01.02   セカンドミッション   ----- 牧野との電話を切ったあと、早速ババァから-----
157: セカンドミッション 24
   2015.01.01   セカンドミッション   ----- 『氷の王子 お相手は高校の後輩』『帰国半-----
156: よいお年を
   2014.12.31   コメントお礼(必読)   ----- みなさん、今年はたくさんのコメント、拍手-----
155: セカンドミッション 23
   2014.12.31   セカンドミッション   ----- 牧野と付き合いだしてから1ヶ月。ラブラブ-----
154: セカンドミッション 22
   2014.12.30   セカンドミッション   ----- かすかに遠くで聞こえる音に、意識が覚醒し-----
153: セカンドミッション 21
   2014.12.29   セカンドミッション   ----- 態度も体も大きすぎるこの男が、声を押し殺-----
152: セカンドミッション 20
   2014.12.28   セカンドミッション   ----- 泣いたのなんていつぶりだろう…………。ああ、-----
151: セカンドミッション 19
   2014.12.27   セカンドミッション   ----- 「そんなに買ってどうするのよっ。」コンビ-----
150: セカンドミッション 18
   2014.12.26   セカンドミッション   ----- 「マジか…………それはきついな……。」俺の前で-----
149: 小話 1
   2014.12.25   小話   ----- 時期、設定はご自由に~。「牧野、わりぃ、-----
148: セカンドミッション 17
   2014.12.25   セカンドミッション   ----- 「戻ってこないと思ったら二人して何やって-----
147: セカンドミッション 16
   2014.12.24   セカンドミッション   ----- 総二郎と三条の話を聞いたあと、トイレに立-----
146: セカンドミッション 15
   2014.12.23   セカンドミッション   ----- 「西門さんも滋さんも、みんな道明寺さんに-----
145: セカンドミッション 14
   2014.12.22   セカンドミッション   ----- …………みんな、…………なんかあったの?30分遅-----
144: コメントお礼(小話ひとつ)
   2014.12.21   小話   ----- おはようございます!司一筋の管理人、司一-----
143: セカンドミッション 13
   2014.12.20   セカンドミッション   ----- 昔には戻りたくない…………。あいつの言ったそ-----
142: セカンドミッション 12
   2014.12.19   セカンドミッション   ----- 約束の金曜日。結局、牧野と会えたのは夜10-----
141: セカンドミッション 11
   2014.12.18   セカンドミッション   ----- 類の話では、長塚自身は隣に住んでねぇって-----
140: お詫びです。
   2014.12.17   セカンドミッション   ----- ごめんなさーい。更新を待っていてくださっ-----
139: セカンドミッション 10
   2014.12.16   セカンドミッション   ----- 「ちょ、ちょ、ちょっと!道明寺っ!」俺の-----
138: コメントお礼(健太、おまえは誰だ!)
   2014.12.15   コメントお礼(必読)   ----- こんにちは。司一筋の管理人、司一筋です。-----
137: セカンドミッション 9
   2014.12.15   セカンドミッション   ----- 「なぁ、牧野は今どうしてる?」目の前のグ-----
136: セカンドミッション 8
   2014.12.14   セカンドミッション   ----- 牧野と6年ぶりの衝撃的な再会を果たした日-----
135: セカンドミッション 7
   2014.12.13   セカンドミッション   ----- それから2ヶ月ぐらいたったある日、珍しく-----
134: セカンドミッション 6
   2014.12.13   セカンドミッション   ----- 日本帰国が決まって、何もかもババァの言い-----
133: セカンドミッション 5
   2014.12.12   セカンドミッション   ----- このままずっと、穏やかに時が過ぎていくも-----
132: セカンドミッション 4
   2014.12.11   セカンドミッション   ----- 英徳大のカフェテリア。「司、とりあえず座-----
131: セカンドミッションについて捕捉
   2014.12.11   未分類   ----- こんにちは。司一筋の管理人、司一筋です。-----
130: セカンドミッション 3
   2014.12.11   セカンドミッション   ----- 部屋を出ていった牧野を慌てて追い掛けるが-----
129: セカンドミッション 2
   2014.12.10   セカンドミッション   ----- それは雨の日の夕方だった。その頃、昼は学-----
128: セカンドミッション 1
   2014.12.10   セカンドミッション   ----- あの頃の俺は……若かった。自分のことさえ全-----
127: 野獣プリンス 30
   2014.12.09   野獣プリンス   ----- 俺の胸ぐらを掴んでる堀川に、「てめぇ、い-----
126: 野獣プリンス 29
   2014.12.08   野獣プリンス   ----- まずはお詫びです。長くなってしまい最終話-----
125: 野獣プリンス 28
   2014.12.07   野獣プリンス   ----- パーティー当日、いつもなら開始時間を30-----
124: 野獣プリンス 27
   2014.12.06   野獣プリンス   ----- 俺は今、すげー機嫌がわりぃ。そのことをわ-----
123: コメントお礼(佐々木、よくやった。)
   2014.12.06   コメントお礼(必読)   ----- こんにちは。司一筋の管理人、司一筋です。-----
122: 野獣プリンス 26
   2014.12.05   野獣プリンス   ----- 佐々木さんにガツンとお説教されてから一週-----
121: 野獣プリンス 25
   2014.12.05   野獣プリンス   ----- 一日休んだ牧野は、今日は普通通り出勤して-----
120: 野獣プリンス 24
   2014.12.04   野獣プリンス   ----- おまえが好きだ。至近距離で言われたその言-----
119: コメントお礼(長編ごめん!)
   2014.12.03   コメントお礼(必読)   ----- こんにちは。司一筋の管理人、司一筋です。-----
118: 野獣プリンス 23
   2014.12.03   野獣プリンス   ----- 食事も終えて、薬も飲ませて、熱をもう一度-----
117: 野獣プリンス 22
   2014.12.02   野獣プリンス   ----- 部屋に戻ると牧野が上半身を起こしてベッド-----
116: 野獣プリンス 21
   2014.12.02   野獣プリンス   ----- 牧野を俺のマンションに連れていったのはい-----
115: 野獣プリンス 20
   2014.12.01   野獣プリンス   ----- 薄くまぶたを開くと、そこは見慣れない空間-----
114: 野獣プリンス 19
   2014.12.01   野獣プリンス   ----- 「おまえ、熱あんじゃねーの?すげー熱いぞ-----
113: 野獣プリンス 18
   2014.11.30   野獣プリンス   ----- 気のせいか…………。いや、気のせいじゃねーよ-----
112: 野獣プリンス 17
   2014.11.29   野獣プリンス   ----- プッ!アハハハーー。マジかよっ、ギャハハ-----
111: 野獣プリンス 16
   2014.11.29   野獣プリンス   ----- 疲れた時にこいつの顔が見たいと思ったこと-----
110: 野獣プリンス 15
   2014.11.28   野獣プリンス   ----- マンションまでの距離は歩いて10分。いや-----
109: 野獣プリンス 14
   2014.11.27   野獣プリンス   ----- 「おまえの肩かせよっ。」「あっ、はい!」-----
108: 野獣プリンス 13
   2014.11.27   野獣プリンス   ----- 桜井から牧野に叩き付けられたワイン対決。-----
107: 野獣プリンス 12
   2014.11.26   野獣プリンス   ----- 「おはようございます。」オフィスに入る前-----
106: 野獣プリンス 11
   2014.11.26   野獣プリンス   ----- 失敗した…………。俺は今日の会食場所である老-----
105: 野獣プリンス 10 (おまけ)
   2014.11.25   野獣プリンス   ----- あたしと葉子さんは今、病院に来ている。3-----
104: 野獣プリンス 10
   2014.11.25   野獣プリンス   ----- 佐々木から牧野をひっぺがえして、俺の後ろ-----
103: 野獣プリンス 9
   2014.11.24   野獣プリンス   ----- あの二人で食事に行った日から2週間。完全-----
102: 野獣プリンス 8
   2014.11.23   野獣プリンス   ----- 「おはようございます。」いつもと変わりね-----
101: 野獣プリンス 7
   2014.11.23   野獣プリンス   ----- 不意打ちに見せられた笑顔に少し動揺した俺-----
100: 野獣プリンス 6
   2014.11.22   野獣プリンス   ----- 高級マンションの入り口に佇む不釣り合いな-----
99: コメントお礼(野獣ですけど、プリンスですから!)
   2014.11.21   コメントお礼(必読)   ----- こんにちは、司一筋の管理人、司一筋です。-----
98: 野獣プリンス 5
   2014.11.21   野獣プリンス   ----- チャリンチャリン…………。黄色い巾着を俺の方-----
97: 野獣プリンス 4
   2014.11.21   野獣プリンス   ----- 「副社長、副社長!」牧野の声で目を覚ます-----
96: 野獣プリンス 3
   2014.11.20   野獣プリンス   ----- いつも通り出勤したある日、オフィスのデス-----
95: 野獣プリンス 2
   2014.11.20   野獣プリンス   ----- 日本支社での初出勤から3週間。少しずつ奴-----
94: 野獣プリンス 1
   2014.11.19   野獣プリンス   ----- 道明寺 司。 24歳。1月31日生まれの水瓶座-----
93: コメントお礼(明日から)
   2014.11.18   コメントお礼(必読)   ----- こんにちは。司一筋の管理人、司一筋です。-----
92: 恋人の距離18
   2014.11.17   恋人の距離   ----- 俺はこいつの寝顔を見つめながら考える。今-----
91: 恋人の距離17
   2014.11.17   恋人の距離   ----- 牧野が作ったハンバーグを囲み、ローテーブ-----
90: 恋人の距離16
   2014.11.16   恋人の距離   ----- 二人でマンションに帰る途中、近くの小さな-----
89: 恋人の距離15
   2014.11.15   恋人の距離   ----- 俺の彼女は、意地っ張りで負けず嫌い、俺限-----
88: 恋愛シナリオ 17 (最終話)
   2014.11.13   恋愛シナリオ   ----- 5年前、あたしは道明寺がNYに行く直前に、-----
87: 恋愛シナリオ 16
   2014.11.13   恋愛シナリオ   ----- その『四角いパッケージ』を見て、かたまる-----
86: コメントお礼(体力消耗しましたよっ!)
   2014.11.12   コメントお礼(必読)   ----- こんにちは。司一筋の管理人、司一筋です。-----
85: 恋愛シナリオ 15
   2014.11.12   恋愛シナリオ   ----- 30分って言ったら、ほんとに30分きっち-----
84: 恋愛シナリオ 14
   2014.11.11   恋愛シナリオ   ----- 2週間の出張をあと3日残すだけとなった日-----
83: コメントお礼(頭バーン!)
   2014.11.10   コメントお礼(必読)   ----- 今日は。司一筋の管理人、司一筋です。いつ-----
82: 恋愛シナリオ 13
   2014.11.10   恋愛シナリオ   ----- 西田のヤロー、タイミングがわりぃーんだよ-----
81: 恋愛シナリオ 12
   2014.11.10   恋愛シナリオ   ----- それから俺らは週1のペースで会い、甘いデ-----
80: 恋愛シナリオ 11
   2014.11.09   恋愛シナリオ   ----- 『マジでめちゃくちゃおまえが好きだ。』手-----
79: 恋愛シナリオ 10
   2014.11.08   恋愛シナリオ   ----- 机に突っ伏したままの牧野の髪を優しく撫で-----
78: コメントお礼(司の呪い)
   2014.11.07   コメントお礼(必読)   ----- みなさん、こんにちは。司一筋の管理人、司-----
77: 恋愛シナリオ 9
   2014.11.07   恋愛シナリオ   ----- 俺の怒鳴り声にみんなが一瞬静まったところ-----
76: 恋愛シナリオ 8
   2014.11.07   恋愛シナリオ   ----- 5年ぶりの再会の場は、滋行きつけのバー -----
75: 恋愛シナリオ 7
   2014.11.06   恋愛シナリオ   ----- NYで5年間を過ごした俺は、来月正式に道明-----
74: 恋愛シナリオ 6
   2014.11.06   恋愛シナリオ   ----- 道明寺と円さんが付き合っているという事実-----
73: 恋愛シナリオ 5
   2014.11.05   恋愛シナリオ   ----- 花沢類に『頑張りなっ』とは言われたけど、-----
72: 恋愛シナリオ 4
   2014.11.04   恋愛シナリオ   ----- その日、あたしはいつも通りママが作ってく-----
71: 恋愛シナリオ 3
   2014.11.04   恋愛シナリオ   ----- 道明寺邸に戻ったあたしたちは、いつもここ-----
70: 恋愛シナリオ 2
   2014.11.03   恋愛シナリオ   ----- 「牧野、帰らねーの?」わざわざ一学年下の-----
69: 恋愛シナリオ 1
   2014.11.02   恋愛シナリオ   ----- 『幼馴染み』それは近くて遠い、なんとも厄-----
68: コメントお礼(お母さん多数出現)
   2014.11.02   コメントお礼(必読)   ----- 司一筋の管理人、司一筋です。バカな男、終-----
67: バカな男 17(最終話)
   2014.11.01   バカな男   ----- 久しぶりに二人で迎える朝。布団の温かさと-----
66: バカな男 16
   2014.11.01   バカな男   ----- 久しぶりに抱き締めた牧野の体。いつもの『-----
65: お詫びです。
   2014.10.31   未分類   ----- あーー!今日はどうしてもお話しをアップで-----
64: コメントお礼(興奮注意報)
   2014.10.31   コメントお礼(必読)   ----- 昨日の、バカな男15にたくさんのコメント、-----
63: バカな男 15
   2014.10.30   バカな男   ----- 西田さんに再び連れてこられた場所は、ホテ-----
62: バカな男 14
   2014.10.30   バカな男   ----- 昨日、あんなことがあって、きっとあいつは-----
61: バカな男 13
   2014.10.29   バカな男   ----- 「月が綺麗だな。」あのメールが送られてき-----
60: バカな男 12
   2014.10.29   バカな男   ----- 「あぁ、終わっちゃった。」自分の声があま-----
59: コメントお礼(もう少し長くなります。)
   2014.10.28   コメントお礼(必読)   ----- こんにちは。司一筋の管理人、司一筋です。-----
58: バカな男 11
   2014.10.28   バカな男   ----- 牧野との約束の日曜日。意外にもあいつが指-----
57: バカな男 10
   2014.10.28   バカな男   ----- 牧野を腕の中に閉じこめた。NYでの逢瀬から-----
56: バカな男 9
   2014.10.27   バカな男   ----- 俺は今、すげー後悔してる。帰国祝いと称し-----
55: バカな男 8
   2014.10.27   バカな男   ----- いつものメンバーで飲んだあと、店の前で滋-----
54: バカな男 7
   2014.10.26   バカな男   ----- 帰国祝いでいつものメンバーが店に集まった-----
53: バカな男 6
   2014.10.26   バカな男   ----- 20日後、俺は日本に帰国した。この若さで-----
52: バカな男 5
   2014.10.25   バカな男   ----- 姉ちゃんの電話を通してあいつの本音を知っ-----
51: バカな男 4
   2014.10.25   バカな男   ----- 『幸せになって』昨日あいつから言われた別-----
50: バカな男 3
   2014.10.24   バカな男   ----- 牧野と交わした約束の4年をとうに過ぎ、今-----
49: コメントお礼(皆さんご立腹)
   2014.10.24   コメントお礼(必読)   ----- こんにちは司一筋の管理人、司一筋です。い-----
48: 恋人の距離14
   2014.10.24   恋人の距離   ----- 俺の出張やら、牧野のシフトの都合やらで2-----
47: バカな男 2
   2014.10.23   バカな男   ----- 「おまえとメイドがいちゃついてる」類の言-----
46: バカな男 1
   2014.10.22   バカな男   ----- 「西門さん?今電話いい?」「おー、牧野。-----
45: 新連載のお知らせ
   2014.10.22   未分類   ----- こんにちは。司一筋の管理人、司一筋です(-----
44: 恋人の距離13
   2014.10.21   恋人の距離   ----- 牧野つくし様。私がその名前を知ったのは2-----
43: 最強の敵は…15(最終話)
   2014.10.20   最強の敵は…   ----- つくしが大阪に行ってから2週間がたった。-----
42: 最強の敵は…14
   2014.10.19   最強の敵は…   ----- 『手加減出来そうにねぇ。』そうは言ったが-----
41: 最強の敵は…13
   2014.10.18   最強の敵は…   ----- 俺は弁護士との電話を切ると、すぐにつくし-----
40: 最強の敵は…12
   2014.10.17   最強の敵は…   ----- その日の朝、俺が出社する一時間も前に俺の-----
39: 最強の敵は…11
   2014.10.17   最強の敵は…   ----- 2週間ぶりの邸。NY出張を終えて、今日は早-----
38: 最強の敵は…10
   2014.10.16   最強の敵は…   ----- 冷蔵庫の前で座り込む俺ら。そこに西田から-----
37: 最強の敵は…9
   2014.10.16   最強の敵は…   ----- やっちまった感いっぱいの俺は、早く邸に帰-----
36: 最強の敵は…8
   2014.10.15   最強の敵は…   ----- 徳井物産の息子の披露宴を三日後に控えたあ-----
35: 最強の敵は…7
   2014.10.14   最強の敵は…   ----- ソファでウトウトしてた俺は小さな声に目を-----
34: 最強の敵は…6
   2014.10.14   最強の敵は…   ----- リムジンに乗り込んだ俺は、こいつが起きね-----
33: 恋人の距離12
   2014.10.13   恋人の距離   ----- 今日はあきらの家にいつものメンバーで集合-----
32: 最強の敵は…5
   2014.10.12   最強の敵は…   ----- それからしばらくしたある日、俺のオフィス-----
31: 最強の敵は…4
   2014.10.12   最強の敵は…   ----- あの女に離婚を突きつけてから2週間あまり-----
30: 最強の敵は…3
   2014.10.11   最強の敵は…   ----- 病院から帰ったあの日、自分の部屋が突然、-----
29: 最強の敵は…2
   2014.10.10   最強の敵は…   ----- 入院してたのは2週間。脳の精密検査などで-----
28: 最強の敵は…1
   2014.10.10   最強の敵は…   ----- ≪司が記憶喪失になったのは結婚してから…と-----
27: 新連載のお知らせ
   2014.10.10   未分類   ----- 司一筋の管理人、司一筋です(笑)恋人の距離-----
26: 恋人の距離11
   2014.10.09   恋人の距離   ----- ≪恋人の距離10のつづきです≫**************-----
25: 恋人の距離10
   2014.10.09   恋人の距離   ----- 今日は誕生日だ。誰のかって?俺でも牧野の-----
24: お知らせです!
   2014.10.08   未分類   ----- 恋人の距離9をさきほどアップしましたが、-----
23: 恋人の距離9
   2014.10.08   恋人の距離   ----- ≪ちょいと大人風味の仕上がりです。≫******-----
22: 恋人の距離8
   2014.10.07   恋人の距離   ----- 予定してた2週間の出張も1日早く終わり、-----
21: 恋人の距離7
   2014.10.07   恋人の距離   ----- 道明寺が出張に行って1週間。正直いって……-----
20: 恋人の距離6
   2014.10.07   恋人の距離   ----- 「すごい綺麗なひとー。」ドアを見つめなが-----
19: 恋人の距離5
   2014.10.07   恋人の距離   ----- 3日後の月曜から2週間、ヨーロッパへの出-----
18: 恋人の距離4
   2014.10.06   恋人の距離   ----- みんなとバカ話ししたり、ビジネスの話しを-----
17: 恋人の距離3
   2014.10.06   恋人の距離   ----- 俺らが付き合いだして3ヶ月。今日は久々に-----
15: 恋人の距離2
   2014.10.06   恋人の距離   ----- ここ2ヶ月近く、西田のおかげで、牧野に会-----
14: 恋人の距離1
   2014.10.05   恋人の距離   ----- この恋人の距離シリーズは第1章また、はじ-----
13: また、はじめよう。12
   2014.10.05   また、はじめよう。   ----- 「道明寺、忙しいのにありがとね。もう大丈-----
12: また、はじめよう。11
   2014.10.05   また、はじめよう。   ----- オフィスで仕事をしてると西田が顔を出す。-----
11: また、はじめよう。10
   2014.10.05   また、はじめよう。   ----- 抱きしめられた道明寺の腕のなか。あー、か-----
10: また、はじめよう。9
   2014.10.04   また、はじめよう。   ----- 目の前に………道明寺がいる。巨大モニターの-----
9: また、はじめよう。8
   2014.10.04   また、はじめよう。   ----- 牧野を待って三時間。今日はもう帰ってこね-----
8: また、はじめよう。7
   2014.10.04   また、はじめよう。   ----- 滋との会話から3日間は仕事が忙しく、プラ-----
7: また、はじめよう。6
   2014.10.03   また、はじめよう。   ----- 西田から受け取った牧野の調査表。意外にも-----
6: また、はじめよう。5
   2014.10.03   また、はじめよう。   ----- ババァの言った意味が分かったような、分か-----
5: また、はじめよう。4
   2014.10.02   また、はじめよう。   ----- 2年半ぶりの休日は結局(誰にも構ってもら-----
4: また、はじめよう。3
   2014.10.02   また、はじめよう。   ----- あぁ…ちくしょー。目が覚めちまった。んだ-----
3: はじめに。
   2014.10.02   未分類   ----- はじめまして。このサイトはマンガ花より男-----
2: また、はじめよう。2
   2014.10.02   また、はじめよう。   ----- はぁ……、今日も疲れたぁ。足パンパンだし。-----
1: 道明寺楓の完敗 また、はじめよう。1
   2014.10.01   また、はじめよう。   ----- あの日、少女は息子の前から姿を消した。「-----


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

フリーエリア

お金がたまるポイントサイトモッピー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.