パーティーのあとに見たあいつの涙の一件以来、俺の中で牧野に対する距離が縮まった。
それは、あくまで俺の中で……というもので、
あいつにとっては相変わらず上司以外の何者でもない。

それを証明するかのように、俺の前ではいつものポーカーフェイス。
そして、俺以外の前では笑ってやがる。

まぁ、秘書と距離が縮まったからといって特別得るものもねーし、逆に馴れ馴れしくされても困るけどよっ、と思ってみるが、面白くねぇ。

あの時のように、牧野の感情に触れたいと思う俺はおかしいのか……。





それから一週間後のこと、
いつも邸に迎えに来る車に、今日は牧野じゃなく西田の姿があった。

タマもそれに気付き、
「つくしは?」
と聞いているが、

「牧野さんは私用でお休みです。」
と、西田が答えているのが耳に入る。

そして、次の日も迎えはあいつじゃなく西田。
そして、次の日も。

さすがにこれは聞いてもいいレベルだろうと、誰に言い訳するでもなく、
「牧野はどうした?」
と、西田に聞いてみると、

「私用でお休みです。」
と、端的すぎる答え。

「私用ってなんだよ。」

「それは、聞いておりません。」

「あ?3日も私用で休むっておかしいだろ。」

「初日に、緊急の私用が出来たので3日休ませて欲しいと連絡が入りましたので、明日からは出社する予定です。」

一緒に働くようになって半年以上。
あいつの勤労っぷりは俺も認めてる。
だから、突然の私用休暇が気になるところだけど、明日出勤したら上司として根掘り葉掘り聞いてやる、あくまで上司として。


その夜、久しぶりにF4でメープルのバーに集まった。
いつものようにお祭りコンビのバカ話に付き合ったり、類の掴みどころのない趣味話を聞かされたり、ゆったりとした時間が過ぎた頃、類の携帯が短く鳴った。

隣で携帯を確認した類が小さくプッと吹き出す。
そして、「全くどうしようもないなぁ」と優しい顔で笑った。

「なんだよ、類。女か?」
すかさず総一朗がからかうと、

「そう。」
と、にっこり笑う類。

「おいおい、聞いてねーぞ。どこの誰だよ。」

「秘密。」

「俺らにも紹介しろよ。」
そう言った総一朗に、

「もう、みんなも知ってるよ。牧野だよ。」
と、携帯を俺らの方に向けて見せる類。

そこには、3日私用で休んでいるはずの牧野が、
頭にタオルを巻き、浴衣のような出で立ちでアイスを食ってる姿がカメラにおさまっていた。



ランキングに参加しています。
よろしければ応援お願いします。
スポンサーサイト
 2017_06_16






ホテルの前に用意された車に乗り込むと、いつも通り隣に牧野が座る。
その顔はさっきまでの泣き顔ではなく、相変わらずの秘書モードに戻っている。

けれど、俺はほんの少しの胸のくすぐったさを無かったことにするほど大人でもねえ。

「それで?」

「…はい?」

「あのタイミングでおまえが泣く理由はなんだよ」

「別に泣いてません。」

逃げ切れると思うな、とばかりに赤い鼻のこいつの顔をのぞき込んでやる。

「おまえがそう言い張るならそれでいーけどよ、目の下が化粧が取れて真っ黒なのはどう説明すんだよ。」

その俺の言葉に慌てて目の下を押さえて俺の嘘にひっかかる牧野。

「マスカラとれてます?」

「知らねーよ。」

「副社長、鏡…」

「持ってねー。」

「ですよね。」

実際、こいつがマスカラなんてしてるのかさえ知らねーけど、はじめてこんなに間近で見るこいつの目は、長い睫毛が綺麗にカールされ吸い込まれそうなほどの漆黒の瞳。

「牧野…」

「はい?」

「なんで泣いてた?」

牧野の大きな瞳を見つめたまま、俺はさっきまでの声とは違って自分でも驚くほどマジで聞いていた。

それがこいつにも伝わったのか、

「……悔しくて。」

ポツリと牧野が答えた。

「悔しい?」

「…はい。
だってあり得ないじゃないですか!
副社長と神崎社長の仲を疑うなんて。」

狭い車内に響くでかい声。

「だって、神崎社長は親子ほども年の離れた方ですよ。」

「……。」

その先を聞きたくて黙ってる俺に、相変わらず馬鹿なこいつが驚いたように言う。

「えっ!まさか、神崎社長とそういう仲なんですか?」

「てめぇ、殺すぞ。」

「……。」

「……。」

「じゃあ、どうして好き放題言わせておくんですか?
違うって否定するなり、黙れって脅すなり、殴って歯の一本でも折ってやればいいじゃないですか。」

「それは、一流企業の副社長がやっていいことか?」

「……ダメですけど。昔の副社長ならやってましたよね。」

確かに英徳時代の俺はそうだったし、それをこいつも見てただろう。

「昔はな…、でも今はもうちげーんだよ。
俺も大人になったってことだ。」

「大人になったら、理不尽なことでも黙って聞き流すんですか?
昔は横暴でどうしようもないボンボンドラ息子だったのに、大人になったらすっかりおとなしくなっちゃって!」

興奮してる牧野の口からは上司に向かっての発言とは思えねぇ言葉のオンパレード。

「横暴ボンボンドラ息子っておまえ…」

「だってそうじゃないですか!
手当り次第殴ったり蹴ったり、好き放題してたくせに……、なのに、全然違うんですよ。
それが無性に腹立つというか、拍子抜けするというか、」

何が言いてぇのか分かんねぇけど、なぜか牧野の目に再びじんわりと涙がたまる。

「…だから、なんで泣くんだよ。」

「泣いてませんっ。」

「…ったく、バカだな。」

目の中だけではおさまりきれなくなった滴がポロリと溢れ、牧野の頬をつたう。
それを一瞬で拭い、小さく息をついてポツリと話し始めた。

「半年、副社長の側で働いて分かってるんですあたし。
昔はどうしようもないドラ息子だったけど、今は誰よりも仕事に熱心で、頑張ってるってこと。
だから、あんな下品な噂話、あるわけないし、許せないです。
あんな風に影で面白おかしく言われてるなんて悔しくて。」

悔しい……
そう言って牧野が泣いた理由が、俺が期待してたものと同じだったんだろう。
俺の胸に広がる満足感がそれを証明している。


「心配すんな。
さっきの奴等の顔は覚えてる。
今の俺は、仕事で借りを返すことにしてるから、おまえが泣く必要はねーよ。」





ランキングに参加しています。
よろしければ応援お願いします。
 2017_06_13





NYにいるときは、パーティーの招待状も封を開けずデスクに積み重なっていたことが多々あったが、日本に帰ってきてからはそうはいかない。

日本支社の副社長という肩書き上、ババァの目も光っているし、財界のジジィ連中ともうまく付き合うのがビジネス上、速道だと分かっている。

毎月少なくても2、3回はパーティーに顔を出すが、今日はどちらかというと年齢層が若い。
俺と同じく二世がごろごろとたむろっていて、長くいても得る収穫は少ないだろう。

早めに切り上げて帰るのが得策だと思った矢先、
「あらあら、司くんに会えるなんて今日はついてるわ。」
と、 久しぶりに見る顔に出会った。

「お久しぶりです。神崎社長。」

「久しぶりね。元気だった?」

「はい、おかげさまで。」

そう言って頭を下げた俺の肩に手をおき、
「大きくなったわね。」
と、優しく笑うこのご婦人はババァの旧友である不動産会社の社長。

俺がガキの頃から邸にも遊びに来ていたし、学生時代の荒れてた時期も「青春ね。」なんて笑って小言のひとつも言わなかった貴重な存在だ。

「日本に帰ってきたのは楓さんから聞いてたわ。」

「はい。おかげさまで。」

「近い内、一緒に仕事が出来ることを楽しみにしてるわ。」

「こちらこそ、その時はお手柔らかに。」

昔と変わらない優しい笑みに、自然と表情が和らぐ。
そんな俺たちのやり取りをパーティーに来ている若いやつらがヒソヒソと話ながら見つめているのは気付いていたが、もうこれ以上ここにいても意味がないと、

「帰るぞ。」
と後ろに控えていた西田に声をかける。

「はい。すぐに車を用意させます。」







ホテルの入り口に車が到着する間、クロークに預けてあったコートを受け取り、エレベーターを使わずにエントランスへ続く螺旋階段をゆっくり歩いていると、物陰から 「道明寺」という単語が聞こえ足が止まった。

どうやら、俺と同じようにパーティーを切り上げて帰るところなのか、若い奴らが3人 声を潜めて談笑しているが、その内容が見た目同様下品きわまりなく、思わず聞いてる俺も顔をしかめた。

「天下の道明寺司も神崎社長の前では腰が低かったな。」

「相手が男の時は容赦ない態度なのに、女が相手だとああも態度が変わるものか。」

「ひょっとして、あの二人もそういう仲なのかもしれないぞ。
この間の○○商事の息子のこと聞いてないか?」


○○商事の息子のことは俺も小耳に挟んでいた。
取引先の20も離れた年上の女社長と不倫の末、あるパーティーで別れ話で揉め修羅場を繰り広げたらしい。
それをあきらの口から聞いて、
「おまえも大概にしておけよ。」
と、釘を指したばかりだ。


3人は酒が入っているせいか、噂話が止まらない。

「浮いた話のひとつもない道明寺司が、実は熟女好きでしたーなんて笑えるよな。」

「独り身の女社長なんてたくさんいるから、食い放題だろ。」

「あの容姿ならどんな女もひっかかるだろうし、一回寝たら仕事の取引も成立ってことか?
さすがアメリカ仕込みだな。」


昔の俺ならここまで言われて黙っていなかっただろう。
後ろから蹴りあげて骨の1本や2本、間違いなく折ってやった。

けど、俺も成長したんだよ。
ビジネスの世界、結局は仕事が出来てなんぼ。
この仕返しは、必ず仕事でたっぷりと返してやるからな、と、物陰に隠れている奴等の顔をしっかりと確認した俺は階段をゆっくり下り始めたとき、俺から死角になってた場所に立つあいつと目があった。


「牧野?」

「……副社長、……車が用意出来ました。」

「おう、今行く。」

そう答えて足早に階段を下りる俺の後ろにいつものように牧野も付く。

そして、階段を完全に下りきったとき俺は言った。

「なんでおまえ泣いてんだよ。」

「……泣いてません。」

「泣いてるだろバカ。」

「…………。」

「鼻、真っ赤だぞ。」

「……花粉症で、」

「もう花粉なんて飛んでねーよ。
ったく、……おまえの感情バロメーターは俺の前では発動しねーんじゃねーのかよ。」

「……はい?」


いつも、俺の前では無表情のこいつが、
他のやつらの前で見せる笑顔じゃなく、
泣いている。

それが、無償になぜだかくすぐったくて、
こいつの口から理由が聞きたかった。

「帰るぞ。」

「はい。」




ランキングに参加しています。
よろしければぽちっとお願いします!


 2017_05_19





牧野つくし。

こいつが俺の秘書になって半年、常に行動を共にするようになってから俺には解せないことがある。


「つくし、昨日も坊っちゃんに付き添って遅くまで会社にいたのかい?」

「はい。」

「顔に寝不足って書いてあるよ。」

道明寺邸の使用人頭であるタマと親しげに話す牧野は、タマだけでなく運転手や庭師ともいつの間にか仲良くなりやがって、邸ではちょっとした人気者だ。
毎朝、俺を迎えに邸までくるこいつを待ち構えるかのように誰かしらが話しかけている。

そして、それは会社でも変わらない。
もうふた回りも歳の離れた重役連中からも可愛がられ、俺の前では表情ひとつ変えねぇ西田とも和やかにうまくやっている。

それはそれで秘書としては上出来なんだろーけど、
…………気に食わねぇ。

なにが?って聞かれると、うまく言えねぇけど、
ほらな?これなんだよ。

「副社長、来週のパーティーですが予定通り出席でよろしいでしょうか?」

「…………。」

「……副社長?」

返事をしねー俺の方を、まっすぐ見つめる牧野の顔には笑みのひとつもねえ。

「副社長?」

「おまえさ、あの部長の川上みてぇな奴が好みなのか?」

「はい?」

「あんな禿げたじじい、どこがいいんだよ。」

デスクに座る俺と、その正面に立つこいつ。
たっぷり間が空いたあと険しい顔で牧野が言う。

「朝からなんの冗談ですか?」

ほらな?またこれだ。
冗談だと思うなら少しくらい笑ってみろよ。
俺を見つめる目も表情もガチガチに冷てぇ。

俺の前で愛想を振りまかねぇ女はこいつくらいだ。
いや、ババァもそうだし、タマもそうか。

そんなことを考えてると、

「副社長、気分でも悪いんですか?
ニヤニヤしてきもちわるいですけど。」

と、相変わらず可愛くねぇこいつ。

朝から秘書相手に遊んでてもしょうがないと、気を取り直してデスクの上にある書類に目を通したとき、

「あのー、」
と、歯切れ悪く牧野が言った。

「あ?」
顔をあげた俺に、

「朝から気になってたんですけど、副社長の髪に何か付いてますけど。」
と、俺の頭を指してこいつが言う。

「髪に?」

「はい。たぶん糸くずかと……」

牧野の指摘に俺は髪をさっとかき分けると、

「あっ、」
と、牧野が短く叫ぶ。

「なんだよっ。」

「いえ、あっ、……今ので余計に髪の中に入り込んじゃいました。」

その言葉にもう一度髪をかきあげるが、目の前の牧野の顔は渋いまま。

「おまえ朝から気付いてたなら早く言えよ。」

「そのうち取れるかなーと思ってたので。」

「取れてねーじゃん。」

「思いの外、副社長のカールが激しいようで。」

「おまえ、ぶっ飛ばすぞ。」

こんなやり取りも最近は日常茶飯事だ。

「取れたか?」

「……いえ。あー、もう少し右です。」

見えない敵相手に、セットしてきたヘアースタイルも台無しだ。

仕方なく、壁にかけてある大きな鏡の前に移ろうと立ち上がりかけたそのとき、

「失礼します。」
と小さく言ったあと、牧野が座る俺のそばまで近付き、触れるか触れないかのタッチで俺の髪に手を伸ばした。

「あ、やっぱり糸くずですね。」

「…………。」

「取れましたよ。でも、髪、セットし直した方がいいですね。」

「…………。」

「副社長?」

無言の俺の顔を見ながら不思議そうに俺を呼ぶ牧野。
そんなこいつの呼び掛けを聞きながら、俺は別のことを考えていた。

こいつが秘書になって半年、毎朝、狭い車内で隣に座り、密室のエレベーターでオフィスまであがり、夜遅くまで行動を共にする。
気を遣うどころか、俺の悪態にも怯まずその上をいくこいつとは長い時間一緒にいても疲れることはない。

そんなこいつの存在が邪魔じゃねーのは、俺が牧野を女として見てねーからだと思ってたが、

もしかしたら、それは違うのかもしれねぇ。

俺の髪に触れたかすかな感触。
それは、牧野がムキになって俺を見上げてくる時や、うまそうに差し入れのケーキを食ってるとき、自然と俺まで笑っちまうなぜか俺を満たす甘い感情。

そして、今俺は一瞬で理解した。



俺は自分のテリトリーに牧野を入れることを無意識に許していて、……それが嫌じゃないということを。



ランキングに参加しています。
良ければぽちっとお願いします。

5話、更新遅くなりました~。
お待たせしました。




 2017_05_15




俺は日本に戻ってきて半年、
この時間が一番嫌で堪らない。

それは、毎朝の出社するタイミングだ。

他の社員同様、入社時間は必ず守るようババァからきつく言われていることもあり、俺の出社時間と社員たちの出社時間が重なる。
女社員に限っては、俺を一目みたいがために、エントランスはいつも飽和状態。

その熱い視線のなか重役専用エレベーターへと直進する約3分が苦痛で仕方無い。
これが総二郎なら、投げキッスのひとつでもして女たちを喜ばせるサービスも朝飯前なんだろーけど、俺はそんな気色わりぃことはごめんだし、視線を送るのもめんどくせぇ。

いつものように痛いほどの視線を感じながら早歩きでエレベーターへと向かっていたとき、一人の女が近付いてきた。

「副社長、おはようございます。」

「…………。」

「NYでの研修の際にお世話になった橋爪です。
覚えていらっしゃいますか?」

「…………。」

「その際はありがとうございました。」

「…………。」


覚えてるわけねーし、俺にとって得になる奴しか記憶に残さねぇたちなんで、完全無視。
それでも、エレベーターホールまで付いてくるその女にエレベーターに乗り込む寸前言ってやる。

「気安く話し掛けんな。クビにされてーのか?」

一瞬で凍りつく女の目の前で無情にもエレベーターの扉は静かに閉まった。

そして、上に昇り始めたエレベーターの中で、
「ふざけんなっブスっ。」
と、自然に悪態をついた俺の横で、

「ぶっ……」
と、小さく噴き出す音がした。



「何、笑ってんだよ。」

「……いえ。」

ただでさえ頭ひとつ分ちいせぇ秘書の牧野が、うつむきながら俺より1歩下がったところに立っている。

「笑ってるだろ、おまえ。」

「いえ、笑ってません。」

その即答した声がいつもより高い。

「ふざけんなっ、おまえの仕事だろーが。」

「は?」

「怪しい奴が近付いてきたら秘書のおまえが全力で立ちはだかるもんだろ普通。
横で笑ってる秘書がどこにいんだよ。」

不満をぶつける俺に、こいつは淡々と言いやがる。

「怪しい奴ではないと判断したので。
それに、……女性社員に好かれるのはいいことだと。」

「あ゛?」

「営業部の橋爪さんは若手の女性社員の中ではトップに人気のある方ですよ。
仕事もできるし、容姿端麗。
副社長が言うブスとはかけ離れた女性ですが。」

そう言って俺を見上げるこいつと目が合う。

「……そうかもな。
おまえの猿みてぇな顔を見てると、さっきのあいつがそれほどブスには見えねぇな。」

「それって、」

「セクハラって言いてーんだろ?」

セクハラでもパワハラでも受けてたってやると勝ち誇ったように言った俺に、牧野は小さな手帳を取り出して言った。

「…………いえ。
でも、今週のスケジュールに健康診断を追加した方がいいかと。」

「あ?」

「眼科の予約が必要ですね。
橋爪さんをブスと言ったり、私をサルと言ったり、副社長の目はかなり重症なのでは。
たぶん、目の奥からぐっちゃぐちゃに腐ってますよ!」

そう言って、ちょうど開いたエレベーターから先に降りていく牧野。



残された俺は、
「ぐっちゃぐちゃに腐ってる…………」
と、あいつの言葉を反復しながら
「かもな……。」
と、呟いた。


なぜなら、俺を見上げてムキになって反抗してきた牧野が、かわいく見えちまったから。



ランキングに参加してます。
よろしければポチっとお願いします。
 2017_04_19




05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

司一筋

Author:司一筋
花より男子の二次小説サイトです。
CPはつかつくオンリーです。
司をこよなく愛する管理人の妄想サイト。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.